アルハンブラ宮殿の思い出の4話-奇怪と奇異の間

「アルハンブラ宮殿の思い出」4話を紹介します。

ゲームで死亡した人が現実でも死にました。
より奇妙なことは、そのように死亡した人がゲームの中で再び登場したことです。
まるでゾンビのとうに死んでも死なない存在。
死者の体には何の外傷はありませんでした。
しかし、体内に血液がないという点で、まるでドラキュラにやられたような状態でした。そして、その後、死亡したチャ・ヒョンソクがゲームに登場して現実のユ・ジヌを攻撃し始めました。
このゲームはとても現実性が強く持ちこたえることは容易でないほどです。
完全な形のAR(拡張現実)ゲームが与えるゲーム感は、想像を超越するほどで、
ゲームなのか現実なのか区別するのが難しく、その世界に足を踏み入れると死という影と一緒になります。
まるで呪いにかかったように。

ゲームの中のヒョンソクに攻撃を受けるジヌはどうなるでしょうか?
今からAR(拡張現実)ゲームの中に入ってみませんか!

スポンサーリンク
スポンサーリンク




「アルハンブラ宮殿の思い出」4話の紹介

★お知らせ★

韓国ドラマ「アルハンブラ宮殿の思い出」の公式ページを参考で翻訳しております。

ドラマ情報

放送時間:毎週土・日曜日夜9時30分~

制作陣:演出ーアン・ギルホ、脚本ーソン・ジェジョン

ジャンル:ロマンスドラマ

出典:http://program.tving.com/tvn/tvnalhambra/11/Board/View

写真のすべての権利は該当に放送局(tvn)にあります。

「アルハンブラ宮殿の思い出」登場人物

主要人物

ユ・ジヌ役———————ヒョンビン

ジョン・ヒジュ役————–パク・シネ

チャ・ヒョンソク役————パク・フン

その他

オ・ヨンシム役————–キム・ヨンリム            ジョン・セジュ役————チャンヨル

ジョン・ミンジュ役———イレ                           キム・サンボム役————イ・ハクジュ

イ・スジン役—————-イ・シウォン               チャ・ビョンジュン役——–キム・イソン

イ・スキョン役————–リュ・アベル               パク・ソノ役—————–イ・スンジュン

ソ・ジョンフン役———–ミン・ジンウン             チャ・ヤンジュ役————-チョ・ヒョンチュル     

コ・ユラ役—-ハン・ボルム, マルコ・ハン役—-イ・ジェウク, ノ・ヨンジュン役—パク・ジヌ

「アルハンブラ宮殿の思い出」4話のあらすじ

ゲームでチャ・ヒョンソクとの対決で勝利したユ・ジヌは気持ち良くバルセロナに向かいました。
ソウルに戻るために眠りに入ったユ・ジヌは目が覚めてすぐにグラナダに戻るしかありませんでした。
昨日の夜、自分と公園で戦ったチャ・ヒョンソクが夜明けに死体で発見されたからです。
想像もできないことが起こりました。
少し前まで、自分と一緒にいたチャ・ヒョンソクが遺体で発見されました。
しかも、自分とゲームで対決したその場で・・・

現実に死亡したチャ・ヒョンソクに何の外傷はありませんでした。
ゲームと同じだったなら、残忍な切傷と血みどろで発見されるべきですが、何の傷もなく公園のベンチに座って死亡したこと自体が驚く事でした。
残忍な魔法にかかったように、とても理解できない状況が起こっていました。

ユ・ジヌはグラナダに戻って解決策を探そうと努力しますが、このゲームを作ったチョン・セジュがいない限り、原因を突き止めることができないですが、問題は、チョン・セジュも消えた事です。
明らかな事実はチョン・セジュがグラナダにくる汽車の中で消えたものであり、
汽車の中で降りずに姿を消したのではなく、グラナダに来る汽車の中で消えたことが重要でした。
チョン・セジュのバックの中にユ・ジヌ連絡先があったのに、彼はバッグだけ置いて消えてしまいました。

一方、100億でボニタホステルを購入して好感度を高めたユ・ジヌはチョン・ヒジュを
介してチョン・セジュが使っていたパソコンを立ち上げて見ました。
そして、チョン・ヒジュの携帯電話で送受信されたトーク内容も確認しました。
想像もできない完璧に見えるゲームを作った現場の中でユ・ジヌは決定的な手がかりは見つけませんでした。

ゲームは完璧に完成していないようです。
なぜなら、完成後もバグをつかむために細かく点検をする必要があるからです。
その期間がかなりの時間をかけている状況では、このゲームは、その過程を経ていない状態の様子でした。
当然、バグが存在するしかなく、そのような状況ではユ・ジヌとチャ・ヒョンソクは、
その世界の中で果敢に飛び込んだことになります。

ユ・ジヌが感じる最初のバグは、システム上のエラーなのか、グラナダローカルインターネット網の問題なのか明確ではないでした。
両方疑うことができる状況であるという点で、大きな無題と感じませんでしたが、その日の夕方チャ・ヒョンソクと対決した後、決定的に問題が明らかになりました。
ゲームで死亡したユーザが、現実の世界でも影響を受けることです。

AR(拡張現実)ゲームで最大のエラーであり、問題でした。

ユーザが現実の中でも、ゲームの結果と同様の結果をもたらす場合、これは大きな問題です。
そして、絶対ゲームにリリースされることがありません。
チョン・セジュがおびえたままユ・ジヌに電話してチャ・ヒョンソクを悪い人だと指摘したのも、エラーが原因かもしれません。
汽車の中でグラナダに到着したチョン・セジュが知らない者から攻撃を受けて、
これはユ・ジヌがチャ・ヒョンソクに攻撃を受ける事と似ていました。
チョン・セジュがゲームを作り、これを運営する過程で、ゲーム上で誰かと対戦して
勝利をして、当然ゲーム上の敵は死亡しました。
問題は、現実でも、誰かが死亡したということです。

チョン・セジュが追われる対象は、ゲームの中で、自分との対決をして死亡した者である可能性が高いです。
自分が作ったゲームだが、このようなエラーが発生するとは想像もできなかったチョン・セジュとしてこの問題を解決したかったと思います。
そして、その能力をユ・ジヌが持っていると考えていた可能性が高かったと思われます。
チョン・セジュに100億よりも重要なのは、自分の子供のようなゲームの完成度だったようです。
汽車の中で銃撃を受けたチョン・セジュが、現実の世界では姿が消えて、
チャ・ヒョンソクとの比較をしてみるとチョン・セジュは死んでないです。
開発者として、彼は銃撃を受けてゲーム内にいる可能性が高く見えます。
チャ・ヒョンソクは、現実には死んでゲーム上でまだ生存しているものとは違いがありました。なぜなら、チョン・セジュの遺体は存在しないからです。

チョン・セジュとチャ・ヒョンソクの違いが何なのかはまだ明らかではありませんが、明らかな事実は二人ともゲームに呼び出されたし、どちらかは、死亡したということです
もちろん、もう一つは、生死を知ることができない行方不明の状態が生存の可能性が高いかも知りません。
ユ・ジヌは、事件現場でゲームに接続した後、死亡したチャ・ヒョンソクを見ました。
死亡したゲームのキャラクターがまだゲーム上に残されていることが不思議でした。
再び起き上がって自分にかかってくるチャ・ヒョンソクを除去しましたが、何かおかしいで。
より奇妙なのは、散歩していた犬が反応をしたということです。
人間は分からないですが、動物は超感覚を持っていて、幽霊も動物は感じると思うからです。

ユーザがゲーム上に常に存在するNPC(ノンプレイヤーキャラクター)になる事はありません。
既存のゲームではそうすることができなかったですが、ユーザーが直接ゲームの中に入ってゲームをするAR(拡張現実)ゲームでは、可能性があります。
チョン・セジュのコンピュータを確認した後、自分の部屋にいたユ・ジヌを訪れたのは
血だらけになったチャ・ヒョンソクでした。
ユ・ジヌは再び登場したチャ・ヒョンソクをそれほど恐れていません。
ゲーム上のエラーだと思っていたからです。
自分はゲーム接続をしていないから関係ないと感じる瞬間、
チャ・ヒョンソクが振り回した剣にやられて、墜落してしまいます。
これは、ゲームで感じた痛み以上でした。実際の状況であることを直感しました。
すぐにチャ・ヒョンソクと相対して戦うユ・ジヌですが、このすべての状況が混乱するばかりでした。
ゲームの中のキャラクターが突然登場して、自分を攻撃し、実際の傷が残りました。
これはゲームだと思うことができない現実でした。
しかし、現実には、死亡したチャ・ヒョンソクが鬼になって、自分を訪ねてきて攻撃することもできないことでした。

AR(拡張現実)ゲームってなに?

Augmented Realityオグメンティードリアリティ;
増強現実、拡張現実、
人が知覚することができる現実環境をコンピュータ・センサーを介して拡張する技術の総称。
または、そのような技術に拡張させた現実環境(略:AR)(=拡張現実)(→AR眼鏡)

AR眼鏡や機器などを利用して、仮想の3D映像が現実空間で実物のように動くようにするなどの技術を指します。

「アルハンブラ宮殿の思い出」動画

「アルハンブラ宮殿の思い出」は日本のNetflixで放送中で、30日間無料でお試し可能です。

Netflixーアルハンブラ宮殿の思い出

「アルハンブラ宮殿の思い出」4話視聴率

「アルハンブラ宮殿の思い出」4話視聴率は8.2%です。

「アルハンブラ宮殿の思い出」1話~16話の予告

「アルハンブラ宮殿の思い出」1話~16話の放送スケジュール

2018年12月 15日 「アルハンブラ宮殿の思い出」 5話

2018年12月 16日 「アルハンブラ宮殿の思い出」 6話

最後に

雨を伴った雷とアルハンブラ宮殿の思い出のキター演奏が流れてきます。
これはゲームを知らせる信号!
チョン・セジュがグラナダに到着した瞬間、この現象は起こり、寝台扉を開けた瞬間に攻撃を受けました。
ユ・ジヌも自分の部屋で休んでいる状況で雷の音を聞いて、アルハンブラ宮殿の思い出と曲のギター演奏も流れました。
そしてドアが開かれる瞬間、チャ・ヒョンソクが登場しました。

[2つの信号と扉という手がかりが存在し、その扉が開かれる瞬間、ゲームは開始されて、自分を攻撃する敵が登場する]

現在までにチョン・セジュとユ・ジヌを通じて確認された事実です。
二回に連続した状況は、偶然だとは思えません。
このゲームでは固有領域のように続くバグや特性と見るしかありません。

ユ・ジヌとチョン・セジュは、自分の意志とは関係なく始まったゲームの対象となりました。
これは相手がしたいゲームに招待されたと見ることもできます。
あるいは呪われたゲームが、特定の因子にゲームの扉を開いておく可能性もあります。
どれも明確ではないが、明らかな事実は消えたチョン・セジュとは異なり、
残されたユ・ジヌは、この過程が無限に繰り返すように近づくしかないということです。

魔法の都市になるだろうというユ・ジヌの予測は半分当たっね。
魔法のような呪いがかかったグラナダのチョン・セジュは消え、チャ・ヒョンソクは死亡しました。
そしてユ・ジヌは、ゲームの中のチャ・ヒョンソクに追われて攻撃を受けました。
そして先に登場したように、1年ぶりに戻ってグラナダに戻ってきたユ・ジヌが汽車の中で数多くの敵と戦う姿を見ると、グラナダは魔法ではなく、呪いにかかった都市で変わったようです。
このすべての問題を解くことができる存在はユ・ジヌ、チョン・ヒジュ、チョン・セジュです。
チョン・セジュが作成されたゲームの中のキャラクターでもあるチョン・ヒジュ。彼女が演奏していた「アルハンブラ宮殿の思い出」は、ゲームの開始を発表しました。
まだ会話を交わすことができなかったゲームの中チョン・ヒジュインエマは妨げられた道を案内するガイドの役割をする可能性が高く見えます。

少し内容が難しく、理解できない方もいらっしゃると思います。

特にゲームに興味がない私観たい方ならもっとそうだと思います。

今までは、このドラマがどんなものかを示す時間でした。

5話から、本当の話が始まるとききました。
チャ・ヒョンソクの死と攻撃を受けたユ・ジヌ。
明確な結論の中で、コアは、これから本格的に始まるようなので、少し期待してみます。

ヒョンビン,パク・シネ,アルハンブラ宮殿の思い出,알함브라 궁전의 추억

スポンサーリンク
スポンサーリンク




Translate »