黒騎士16話あらすじ

黒騎士16話のあらすじで紹介します。

黒騎士ムン・スホがシャロンの銀粧刀に刺されて最大の危機を迎えました。

黒騎士16話では、シャロン(ソ・ジヘ)が最後まで自分を無視するムン・スホ(キム・レウォン)を銀粧刀で刺す姿が描かれました。

幻影のように浮かぶ転生の記憶のせいで苦しいスホは、自分の前にシルク韓服を着ているチョン・へラ(シン・セギョン)とみすぼらしい韓服を着て顔に火傷の跡まであるシャロンが一緒に現れると、さらに混乱しました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




黒騎士16話の紹介

★お知らせ★

韓国ドラマ「黒騎士」の公式ページを参考で翻訳しております。

黒騎士16話あらすじ

幻影で苦しんでいたスホはベッキにあった後家に帰ってきました。

美しい漢服姿のヘラとみすぼらしい漢服のシャロンを見てスホは又混乱しましたが、

「美しい瞬間は今である。ヘラと一緒にいる今が大事だと」というベッキ(ジャンベクフィ/チャン・ミヒ)の話を思い出しながら心を引き締めました。

次の日、スホの事務所に訪ねたシャロンに「転生があったとしても今して変わることはありません。僕はチョン・へラを愛してます。これからも変わりなく一生愛します」ときっぱり語りました。

また、ベッキはシャロンにジョンボギ(ソン・サムドン)の祈祷文を見せて悪事を止めるように警告しましたが、祈りは、次の生でソリンが再び悪事を行うならば九泉之鬼の文字が生えてミョンソとブニを保護してくださいと願って、ソリンが罪を洗い清めるためには、真心を込めて二人の婚礼服を作って与えなければならないという内容を含んでいて、シャロンを怒らせました。

やけになったシャロンはちょうどベッキの家に訪ねたスホに祈祷文がばれると思い、それを隠そうと火をつけましたが、燃えるところかシャロンの全身が燃えるような痛みと同時に顔の九泉之鬼の文字が刻まれました。

シャロンの顔に刻まれた「九泉之鬼」は、スホとヘラの婚礼服を作った後に消えましたが、シャロンはスホへの未練を完全にすてたのではありませんでした。

シャロンは礼服を着たスホの前に自分もウェディングドレス姿で現れ、彼の愛を受けていない切ない心を表わし銀粧刀で自分を殺してと言いました、自分を責めるスホに「人間の絆で一回だけ抱いてくれることができますか?」と懇願したが断固として拒否されました。

するとやけになったシャロンは、「一度抱いてくれるのもダメなの?待ってるわ。生まれ変わり、私を愛してくれる男に 生まれ変わるまで」と言って銀粧刀でスホを刺し不気味な狂気を表わしました。
銀粧刀に刺されたスホはヘラからかかってきた電話に出れなくて、ヘラの名前を呼びながらゆっくりと目を閉じました。

黒騎士1話~20話の動画

黒騎士1話~20話の予告

黒騎士1話~20話の放送日時

2018年1月31日黒騎士17話
2018年2月1日黒騎士18話

最後に

愛が叶えないと次の人生まで続くのかな・・と疑問になりました!

シャロンの執着心がイヤで嫌いだったですが、今日は、ちょっとかわいそうにも見えるし…

皆さんはどう思いますか~~

来週はスホがどうなったのか早めに紹介しますね~~

キム・レウォン,シン・セキョン,黒騎士,흑기사

スポンサーリンク
スポンサーリンク




Translate »