花遊記5話あらすじ+ハイライト映像

花遊記5話をあらすじとハイライト映像で紹介します。

花遊記5話でチン・ソンミ(オ・ヨンソ)と孫悟空(イ・スンギ)は、悪鬼が現れるというラブホテルで会いました。
男女が愛をするとき、悪霊が登場するという事で、意外と共寝(?)が行われました。
チン・ソンミは悪鬼を呼び出すために孫悟空とベッドに横になって、孫悟空は「このくらいじゃ現れないようだよ」と、さらにエッチな雰囲気を演出しました。
結局、悪鬼が現れ孫悟空が退けました。
しかし、「捕まえたけど、一人は違うようだ。続けてみましょう」と狡くふるまって、チン・ソンミはでたらめなことをするなと気を張りました。

孫悟空もこんなチン・ソンミの心を分かるでしょうか!

スポンサーリンク
スポンサーリンク




花遊記5話の紹介

★お知らせ★

韓国ドラマ「花遊記」の公式ページを参考で翻訳しております。

花遊記登場人物

 

花遊5話あらすじ+ハイライト映像

事実に孫悟空は、心臓にはめられた緊箍児のせいでチン・ソンミにともなく愛を求めている状況です。
チン・ソンミは緊箍児が解ければなくなる愛というものを知りながら度重なる「胸キュン」を感じました。

そこで彼は、孫悟空に線を切ろうとしました。
これに孫悟空は「三蔵が僕の事が好きではないのがこんなに苦しいとは思わなかった。自分だけ苦しくて、あの子は苦しまないから気分悪いね」と怒りました。
緊箍児のせいに、いろいろ苦しむ孫悟空だったですね!

彼はチン・ソンミに「私がいくら苦しんでも君は関係ないことを分かった。
もう、僕は好きだと言うのをやめるから、君の好きな事を話してみて。聞いてあげるから」と告白しました。

チン・ソンミは孫悟空にイチゴアイスクリーム、緑、映画が好きだと言いました。
孫悟空は彼女と一緒に映画を観る事にしましたが、牛魔王(チャ・スンウォン)のせいでチン・ソンミは急いで、1930年代に怨霊を捕まえに行きました。

ところがそこでチン・ソンミは銃に撃たれます。
現在に戻らずに死ぬようになったチン・ソンミの前に孫悟空が現れました。
孫悟空は「チン・ソンミ目を覚まして!」と唱え、意識を失っていたチン・ソンミは目を覚ましました。

彼女のそばには孫悟空がいて、二人は約束通りに映画館で映画を観ていました。
チン・ソンミは緑のワンピースを着てイチゴアイスクリームを持っていることもありました。
知ってみると孫悟空が彼女を救えようと、1930年代の時代を丸ごと飛ばしてしまったおかげでした。

チン・ソンミは孫悟空に向け、自分の大きくなっていく心を押さえました。
だから「私を愛すると言う君を好きになると思います。しかし、あなたは偽じゃないか。私は愚かにつらいです」と「お前好きになりたくない。私に君を好きになってと求めないで」と言い切りました。

この話に再び傷ついた孫悟空は牛魔王にチン・ソンミの血が入ったワインをこっそり飲ませました。
初恋のために神仙になろうとした牛魔王は三蔵の血を味わった後憤怒して、
孫悟空は「絶対に持つことができないのを持ちたがる苦痛を感じてみて」と皮肉笑いを見せました。

花遊記1話~20話の動画

花遊記1話~20話の予告

花遊記1話~20話の放送日時

2018年1月14日花遊記 6話

2018年1月20日花遊記 7話

最後に

孫悟空の計略通りに三蔵の血を味わった牛魔王がチン・ソンミを食べてしまうでしょうか!

スポンサーリンク
スポンサーリンク




Translate »