ドラマ「王になった男」5話ーヨ・ジング💖イ・セヨンの書庫ロマンス

ドラマ「王になった男」5話を紹介します。

都承旨イ・ギュは道化師ハ・ソンを殺して、彼を王様イ・ホンにしました。
胸を刃物で刺されたハ・ソンはしばらくの間、痛みを伴う時間を持たなければならなりましたです。
しかし、その苦痛の時間が、道化師から王様に変身する過程でありました。
逆謀をした都承旨イ・ギュの行動は、取り消せない事になりました。

果たして都承旨イ・ギュの計画通りに破損が王様になってみんなをだますことができるでしょうか!

早速ドラマ「王になった男」5話を紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




ドラマ「王になった男」5話の紹介

★お知らせ★

韓国ドラマ「王になった男」の公式ページを参考で翻訳しております。

ドラマ「王になった男」情報

製作陣
演出:キム・ヒウォン
脚本:キム・ソンドク、シン・ハウン
原作:映画、「光海、王になった男」
出演:ヨ・ジング、イ・セヨン、キム・サンギョン外
放送日:月曜日、火曜日の午後9:30〜
放送期間2019年1月7日〜
放送回数16部作+スペシャル1部作
チャンネル:tvN

ドラマ「王になった男」キャスト

主要人物

ヨ・ジング:ハ・ソン役 – 道化師
ヨ・ジング:イ・ホン役 – 王様、ソウンの夫
イ・セヨン:ユ・ソウン役 -王妃
キム・サンキョン:イ・ギュ役 – 都承旨、号はハクサン(朝鮮王朝時代, 承政院の首席の官職.)

ハソンの周辺人物

ジャン・グァン:ジョ內官役   ユン・ジョンソク:ジャン・ムヨン役
シン・スヨン:ダルレ役     ユン・キョンホ:ガプス役

ソウンの周辺人物

オ・ハニ:エヨン役                キム・スジン:パク尚宮役(友情出演)

イ・ホンの周辺人物

クォン・ヘヒョ:シン・チス役            ジャン・ヨンナム:大妃役
イ・ムセン:ジンピョングン役            ミン・ジア:キム尚宮役
チェ・キュジン:シン・イキョム役       ソ・ユナ:ソンファダン役
イ・ミウン:ジャン尚宮役                  パク・シウン:ゲファン役(友情出演)

イギュの周辺人物

ジョン・ヘヨン:ウンシム役                 イ・ユンゴン:ユ・ホジュン役
イ・キュハン:ジュ・ホゴル役              チェ・ムイン:イ・ハンジョン役
イ・チャンジク:ソ・ジャンウォン役     ジャン・ソンウォン:ジョンセン役

王になった男

出典:http://program.tving.com

写真のすべての権利は該当に放送局(tvn)にあります。

そして、内容の理解の為に動画と写真をお使いさせていただきます。

ドラマ「王になった男」5話あらすじ

ロマンスの開始
王様になった道化師はと道化師になったしまった王様。

胸の傷を隠して風邪だと細かしたハ・ソンにこのような状況が何を意味するのかはまだ明らかではありません。
都承旨イ・ギュは自分で壊れてしまったイ・ホンの代わりに、真の王様の資質に恵まれたハ・ソンを王様にしました。
もちろん、それは自分だけが知っている秘密であります。
至近距離で王様を補助するジョ內官もこの事実を知らないです。

全ての人を追い出して管理を始めた王様という存在。
その状況でも中殿ユ・ソウンはハ・ソンのそばにいました。
世子時代とは異なり、ますます変わり始めた王様を無視して距離を置いました中殿ユ・ソウンはハ・ソンが王様になった後、その変化を実感し始めました。
イ・ホンが世子時代に見せた暖かさと民に向けた慈愛さが再び存続し始めたように見えるからです。

王様が風邪に引いましたと聞いて一気に走ってきた大妃の訪問が嬉しくはないですね。
騒ぎながら王様をしっかり扶翼していなかった中殿ユ・ソウンを責める大妃にハ・ソンの行動はまだ鋭いです。
中殿ユ・ソウンのためには何でもするハ・ソンのこのような行動がどのような結果をもたらすかは明確であります。

中殿ユ・ソウンを廃位させて、自分たちが立たせた女性を利用して王位を占めたい彼らに中殿ユ・ソウンは削除対象になるしかありません。
中殿ユ・ソウンとの関係が疎遠になる状況が再び変わり始めました。
王様のそばに中殿ユ・ソウンがいるようになると、シン・チスだけでなく大妃もさらに気になり始めました。

二人の関係が、以前とは違って親しくなり、悩みが深まるのはジョ內官でした。
彼は現在、王様がイ・ホンではなく、道化師ハ・ソンであることを知っている雄一な存在です。
中殿ユ・ソウンを見るたびに変わる王様の表情で不安が急襲します。
イ・ホンが現在隠れている状況で、王様の役割をする道化師が中殿ユ・ソウンとの関係がよくなれば、これは大きな問題になるしかないからです。

ハ・ソンの行動は、イ・ホンとは違いました。
それは、最終的に左議政シン・チスを不安にさせ始めました。
王様の最側近である都承旨イ・ギュを呼んで再び良好な関係に回復されることを望みました。
しかし、都承旨イ・ギュは、その場で左議政を退くように要求しました。
宣戦布告に違いない事でした。

都承旨イ・ギュは世子時代イ・ホンと一緒に世界を変えようとしました。
大同契と一緒に皆が幸せな世の中を夢見ましたが、すべては崩れてしまいました。
シン・チスを剣客に利用してイ・ホンが王様になりましたが、むしろ都承旨イ・ギュの夢は遠くなりました。

「大同契:実際の歴史では、朝鮮中期鄭汝立のプロット事件の証拠として挙げられた組織として知られている。
宣祖22年(1589)に、逆臣であります鄭汝立が謀反を図るときに作った団体。
毎月15日に契員が集まって武術を研磨し、酒食をしながら王朝を追い出す計画を構えており、全州で王様がでるという噂を操作したりしました。」

身分に関係なく、世界を利したい人達が集まった大同契は一瞬の危機を迎えました。
ギル・サムボンをはじめとする大同契の多くの人々がひどい拷問を受けて死亡しました
その過程で都承旨イ・ギュは何もできませんでした。
その裏切り者に烙印を押された彼が再び大同契を集めようとしました。

妓生ウンシムを介して大同契と出会うますが、状況は簡単ではありません。
まだ蟠りが深い彼らに都承旨イ・ギュはただの裏切り者でした。
世界は変わってませんでした。
左議政シン・チスによって支配された朝鮮は、さらに苦しくなりました。
両班の收奪は極に達し暮らすことが困難な状況で裏切り者の都承旨イ・ギュに会いたくないのはあまりにも当然なことでした。

シン・チスを牽制し左議政を退くために都承旨イ・ギュは
戸曹判書イ・ハンジョンを呼び込みました。
王様になったハ・ソンが戸曹判書イ・ハンジョンと一緒に左議政を除去することができるという確信があるからです。
シン・チスは、自分の地位を利用して売官売職を平気でする者です。
ここで巨大な賄賂で富を積んでいる存在です。
王宮より多くの富を持つシン・チスは絶対悪になったしまった状態です。
そんな彼を除去するためには、彼の不正を見つけること以外はありません。
直立した戸曹判書イ・ハンジョンに民が幸せに暮らせる方法を問いていたハ・ソンは大同契を実施するように指示をします。
税金を米で受ける政策が大同契であることを知らなかったですが、道化師であるハ・ソンが見てもそれが最善だったからです。

大同契を実施するためには努力が必要になります。
全国のすべてを計算し、それに合わせて税金をおさめなきゃいけないです。
しかし、これを迅速に正確に計算できる人を探すのは簡単ではありません。
すでに朝廷を掌握している左議政を排除したまま、その仕事をする適任者が必要でした。

前礼曹判書のジュ・イヨン庶子であるジョ・ホゴルが適任者でありました。
庶子に生まれ両班としての地位でもなく、奴婢の位置でもない妙な立場で漂うジョ・ホゴルは、優れた計算能力を持つ天才でした。
彼なら早い時間内に目的の戸口調査が可能であると確信しました。
そう鬪牋場でジョ・ホゴルを見つけましたが、すでに都承旨イ・ギュの失敗改革に失望したジョ・ホゴルは簡単に参加しようとしなかったです。

完璧な計算で鬪牋場で一度も負けたことがないジョ・ホゴルをひざまずくさせたのは、
ハ・ソンでした。
王様の名誉も目障りな彼の心を戻すために賭けをかけた王様ハ・ソンは上手く計算天才ジョ・ホゴルを当惑させました。
道化師に優れた能力を持つハ・ソンは、単に道化師の事だけが可能ではなかったです。

どんなに優れた計算能力を持つ者でも鬪牋場自体を欺く彼には勝てませんでした。
完璧な計算で勝ったと思う毎瞬間、自分の手札より一つ高い王様によって挫折したジョ・ホゴル。
彼に強圧的に仕事を任せず、本当に参加したい心になった時、再び来てと言う命を下ろすハ・ソンは上手な存在に成長していました。

ハ・ソンが真の王様になって行けばいくほど問題はさらに深刻化していました。
左議政シン・チスと彼の仲間たちは、この変化が気に入らなかったです
虎視眈々王様を狙う大妃もさらに憤慨しています。
自分と一生を共にしたパク尚宮を失ったからです。
王様のそばで補佐しながらシン・チスと手を握って薬に酔わせて王様を調整しようとしていましたキム尚宮は、自分を押し出して、ますます変化していく王様のせいで不安を感じ始めました。
そんな知的的は問題はシン・チスの圧迫につながりました。
このような状況での出口は大妃でした。
大妃の側に立つためのキム尚宮の行動は、再び王様を脅かす理由になるしかありません。
永遠ハ・ソンを王様として完璧に欺くことはできない。
そしてお寺に隠れている本当の王様イ・ホンが永遠にそこにいることもできないです。
ある瞬間、全ては世の中に明らかになるしかない危機にさらされます。
ただし、過去には、王様の龍眼を知っている者が極少数という点がこのような状況を可能にするだけであります。

宮殿でハ・ソンが上手くしていますが、不安が増幅されるように、お寺に隠れているイ・ホンの存在も不安になるのは同じです。
ハ・ソンの妹ダルレが偶然、空いている場所を出入りする僧侶ジョンセンを見て、そこに向かいました。
そして、ドアの隙間から覗いてみたら、そこには誰かがいました。

ダルレにイ・ホンは兄ハ・ソンに見えるだろう。
ある瞬間、ダルレはイ・ホンを見るしかない。
そして、自分を虐待するだけだった王様イ・ホンが、薬効が下がり始めて異性を戻し始めるだろう。
再び王様に復帰を狙う瞬間、宮殿の道化師ハ・ソンは、実際の王様になるすべてのものを備えるしかないアイロニーはやってくると思います。

ジョ內官をしばらく休ませて、一人で書庫にいたハ・ソンは薬を持ってきた中殿ユ・ソウンと意図していないスキンシップをすることになりました。
その一瞬、二人が感じる感情はLOVEでした。
王様になった後、変わった王様に距離を持った中殿ユ・ソウン。
しかし、彼の変化に再び変わっ中殿ユ・ソウンは、その瞬間、消えた感情を再び育てました。

中殿ユ・ソウンは自ら王様を離れたが、今は違います。
先に近付いていきたい相手になった王様。
しかし、そのような雰囲気を破ったのは、ジョ內官でした。
彼はハ・ソンとして王様に侍るが、道化師という事実を知っている彼は、
中殿ユ・ソウンと近づく事をそのまま放置することはできない事です。

意図していない邪魔者の登場は、二人の関係をさらに仲良くさせました。
書庫で眠りに入った王様を見て愛らしく眺める中殿ユ・ソウン。
その二人の初めてのキスは、書庫で行われました。

ドラマ「王になった男」5話動画

ドラマ「王になった男」5話視聴率

ドラマ「王になった男」5話視聴率は%です。

ドラマ「王になった男」1話~16話の予告

ドラマ「王になった男」1話~16話の放送スケジュール

2019年1月 22日 ドラマ「王になった男」 6話

2019年1月 28日 ドラマ「王になった男」 7話

最後に

甘いロマンスの始まりはひどく苦い現実と向き合うことにさせます。
ハ・ソンと中殿ユ・ソウンが愛するほど悲劇になるしかないジレンマの中で
複雑な理解関係を持った人々の皆が王様に向かって剣を向け始めました。
書庫ロマンスでラブラブになった二人の前に茨の道だけが残されたわけですね。
甘くて、さらに残酷なダンチャン時代劇は本格的に始まります。

ダンチャン:甘しょっぱいの意味で恋愛ワードとして甘いけど涙が出るような切ないロマンスの意味です。

ヨ・ジング,イ・セヨン,ドラマ「王になった男」,왕이 된 남자

スポンサーリンク
スポンサーリンク




Translate »