ラジオロマンス2話あらすじ

ラジオロマンス2話のあらすじを紹介します.

ラジオロマンス2話ではソン・グリム(キム・ソヒョン)に向けたジ・スホ(ユン・ドゥジュン)のツンデレ魅力が描かれました。

ソン・グリムは、ジ・スホをDJとしてラ時をの前に座らせるために自分の身を挺しながら水に入る情熱を見せました。

これを見守ったジ・スホはそのようなソン・グリムから目を離せなかったです。

むしろ子供の頃の姿がオーバーラップされ、遠ざかるソン・グリムの後ろ姿だけ限りなく見ました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




ラジオロマンス2話の紹介

★お知らせ★

韓国ドラマ「ラジオロマンス」の公式ページを参考で翻訳しております。

ラジオロマンス登場人物

ラジオロマンス2話あらすじ

明らかになったジ・スホの悲惨な家庭事はジ・スホの鋭い性格を裏書きしました。
幼い頃の誕生日、「私は君の実の母ではない。息する事も私に被害がないように気をつけなさい!」と言うナム・ジュハ(オ・ヒョンギョン)と一緒に暮らしながら本当の顔を失ったまま日常生活さえ作られた台本通り育っててきたスホ。

彼は「偽の顔」として笑う事しかできない、泣くこともできずさらに睡眠薬がなければ普通に眠れない辛い人生を生きる男でした。

そしてソン・グリムは、本気をたっぷり込めた正攻法でジ・スホをラジオの世界に引き入れるために最善を尽くしました。

スホが撮影現場で代役を自任である足首を怪我をした自分を家に送ってくれながら「これで同じようにしよう!明日から訪ねてこないで」と懐柔し、さらに「ラジオなんかしない」と言って彼女に傷を与えましたが、グリムは放棄を知らなかったです。

渉外の女神を強くする無限ポジティブと忍耐には、これを支えてくれる人がいました。 「ラジオと親しくない人、ラジオと友達にさせる事、私たちのような人がしなければならないこと」と言うイ・カン(ユンバク)PDから、「人生は三回勝負、ダメなら十回ぶち切る、それでもだめなら長期プランを組んで再び挑戦する」と言うお母さんと、「重要なのは本気、正攻法」ということを悟らせてくれた30年目DJムン・ソンオ(ユン・ジュサン)まで。

このように派手ではありませんが、暖かいラジオ世界を悟らせてくれた人たちの中のグリムは、「ジ・スホさんがドアを叩いてくれる事を願います。一勝にしましょうよ~~ラジオ」と愛するラジオを紹介したい本気をたっぷり込めた映像をスホに伝えました。
その後、ジ・スホを交渉するという計画に鼻先で笑いながら「ジ・スホがラジオをする確率はあなたがメイン作家になる確率よりもはるかに低い」と先輩作家ラ・ラヒ(キム・ヒェウン)の叱責を受けるグリムの前にスホが登場しました。

「しましょう!。ラジオしよう!ラジオ」とグリムの手を握っていくときめきいっぱいなエンディングシーンを見せてくれました。

ラジオロマンス1話~16話の動画

ラジオロマンス1話~16話の予告

ラジオロマンス1話~16話の放送日時

2018年2月5日ラジオロマンス3話が放送されます。

2018年2月6日ラジオロマンス4話が放送されます。

最後に

ジ・スホは2話からツンデレ魅力を発散していますね~~

キム・ソヒョンの大人演技がもう少し安定して欲しいと言う細かい願念が・・・ははは

来週も紹介を続けます~~

スポンサーリンク
スポンサーリンク




Translate »