花遊11記話あらすじ+ハイライト映像

花遊記11話をあらすじとハイライト映像で紹介します。

聖火リレー走者に選ばれた牛魔王(チャ・スンウォン)は、イベントの間に暴漢に襲撃を受けて危篤状態に陥ります。
誰もが衝撃に陥った中で、暴漢の正体を追跡していたチン・ソンミ(オ・ヨンソ)は
カン・デソン(ソン・ジョンホ)と関係ある人物であることを知るようになりました。

一方、ますます寿命が尽きていくチン・ブザ(イ・セヨン)は、自分が悪鬼になる前に燃やして欲しいと孫悟空(イ・スンギ)にお願いします。
皆に最後の挨拶をして消える決心をしたブザは急にお母さんと一緒にいる人だという連絡を受けてお母さんに会いに行きます。

何か怪しいですね!本当にブザのお母さんからの連絡でしょうか!

スポンサーリンク
スポンサーリンク




花遊記11話の紹介

★お知らせ★

韓国ドラマ「花遊記」の公式ページを参考で翻訳しております。

花遊記登場人物

  

花遊記11話あらすじ+ハイライト映像

悩みに陥てる孫悟空は既に死鈴について知っていた牛魔王(チャ・スンウォン)と会って「ひょっとしたら本当にその子が私を殺すかもしれないね!」という話で、チン・ソンミを向けた自分の心も、既に大きくなった事を打ち明けました。
これ牛魔王が「お前、まさかその子の手に死ぬ覚悟もしたのか?」と聞くと、孫悟空は「まあ、私が死なない為に、何をして三蔵を僕が先に取り除くだろう。」という意味深長な話を残しまし。
続いて孫悟空は自分に向かって歩いてくるチン・ソンミを見て「私を殺すかもしれない女性があんなにきれいでもいいのかよ!」と無関心なように出てきた心を表わしました。

その後、孫悟空は「愛?そんなのは人を絶対に勝てない」という牛魔王の話とは異なり、自分の悲しい運命を受け入れたように孫悟空のせいで不幸な運命を得るようになったとふざけて不平を張るチン・ソンミに「そうね!これからあなたに起こるすべてのことはすべてが私が原因なの。だから、僕が君のために死んでも何も言えないだろう」と冗談のように吐きだしました。
そして、二人はお互いの手をしっかり握ったまま幸せな微笑を浮かべました。

この時、孫悟空とチン・ソンミの前に母に会いに行ったチン・ブザ(イ・セヨン)が
カン・デソン(ソン・ジョンホ)の指示を受けた組織暴力団たちに脅威を受けていた最後に、病院の屋上から落とされ凄惨な姿になっている事を観ました。
もはや迷惑をかけたくない、悪鬼になりたくもないから自分を燃やせてほしいとお願いしていたチン・ブザの死を目撃した孫悟空は組織暴力団を発見し、怒りを爆発させました
孫悟空は、復讐も必要ないというチン・ブザの優しい心遣いを思い出させて、組織暴力団に向かって恐ろしく低い声で「死ね!」と話しながら驚異的な怪力を発揮しました。
しかし、組織暴力団に向かって強い怒りのオーラを吐き出した孫悟空の姿を一歩遅れて発見したチン・ソンミが「やめて、やめて!」と叫びました。
しかし、その話を聞いていないように孫悟空は組織暴力団に向けて怒りを止める事はしなかったです。
これにチン・ソンミが 「ダメ!止めて、孫悟空、ダメ!」と声を高めたら、孫悟空の心臓に痛みが加えられました。

続いて毒上がったように黒い色に光る緊箍児と孫悟空は、心臓の痛みに、血を吐き出しながら驚いた彼はチン・ソンミを見つめました。
そして「斉天大聖は三蔵の手に死ぬのか」という牛魔王の話と一緒に痛みと空しく三蔵を見つめる孫悟空とチン・ソンミも衝撃で孫悟空を見ました。

花遊記11話ハイライト映像

花遊記1話~20話の動画

花遊記1話~20話の予告

花遊記1話~20話の放送日時

2018年2月4日花遊記12話

2018年2月10日花遊記 13話

2018年2月11日花遊記 14話が放送されます。

最後に

二人の悲劇的な運命の序幕が本格的に始まるでしょうか!
本当に斉天大聖は三蔵の手に死にますかね!
人間と妖怪の愛は叶えないもので叶えると困る結果になるとは思いますが、でも・・・かわいそうですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




Translate »