王様になった男第2話 – ヨ・ジングの覚醒とイ・セヨンの役割、早い展開で作られた名品ドラマ

ドラマ「王になった男」2話を紹介します。

早い展開につながった最初の放送は十分に魅力的でしたね!
名品時代劇という言葉が自然についてくるのが十分な演技に文句なしで、ストーリーは
原作の映画とは違う魅力と楽しみがあります。
明確な対立構造の中の王様様の存在が価値と理由を改めて言及する主題意識もまだ魅力的ですね!

ある日、突然巨額のお金が手に入ると驚く事なのに、ある日突然王様になったのでどれほど怖いでしょうか!
道化師ハ・ソンが王様様の役割がどこまで出来るのか王様になった男2話で確認してみましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




ドラマ「王になった男」2話の紹介

★お知らせ★

韓国ドラマ「王になった男」の公式ページを参考で翻訳しております。

ドラマ「王になった男」情報

製作陣
演出:キム・ヒウォン
脚本:キム・ソンドク、シン・ハウン
原作:映画、「光海、王になった男」
出演:ヨ・ジング、イ・セヨン、キム・サンギョン外
放送日:月曜日、火曜日の午後9:30〜
放送期間2019年1月7日〜
放送回数16部作+スペシャル1部作
チャンネル:tvN

ドラマ「王になった男」キャスト

主要人物

ヨ・ジング:ハ・ソン役 – 道化師
ヨ・ジング:イ・ホン役 – 王様、ソウンの夫
イ・セヨン:ユ・ソウン役 -王妃
キム・サンキョン:イ・ギュ役 – 都承旨、号はハクサン(朝鮮王朝時代, 承政院の首席の官職.)

ハソンの周辺人物

ジャン・グァン:ジョ內官役   ユン・ジョンソク:ジャン・ムヨン役
シン・スヨン:ダルレ役     ユン・キョンホ:ガプス役

ソウンの周辺人物

オ・ハニ:エヨン役                キム・スジン:パク尚宮役(友情出演)

イ・ホンの周辺人物

クォン・ヘヒョ:シン・チス役            ジャン・ヨンナム:大妃役
イ・ムセン:ジンピョングン役            ミン・ジア:キム尚宮役
チェ・キュジン:シン・イキョム役       ソ・ユナ:ソンファダン役
イ・ミウン:ジャン尚宮役                  パク・シウン:ゲファン役(友情出演)

イギュの周辺人物

ジョン・ヘヨン:ウンシム役                 イ・ユンゴン:ユ・ホジュン役
イ・キュハン:ジュ・ホゴル役              チェ・ムイン:イ・ハンジョン役
イ・チャンジク:ソ・ジャンウォン役     ジャン・ソンウォン:ジョンセン役

王になった男

出典:http://program.tving.com

写真のすべての権利は該当に放送局(tvn)にあります。

そして、内容の理解の為に動画と写真をお使いさせていただきます。

ドラマ「王になった男」2話あらすじ

道化師ハ・ソンの怒り

妹ダルレの陵辱に怒ったハ・ソンは、自分ら入った宮で、巨大な復讐を始めます。

とんでもない状況が起きました。
王様と双子のように似ているという理由で、王様になってしまった道化師ハソンの話は
<王様と乞食>と似ていながらも、興味深いものです。
聖君になろうと王様になったが、敵の攻撃を耐えず、自分ら崩れた王様。
そんな王様の代わりに道化師ハソンがその座に上がって聖君になっていく過程は、本当に面白いですね。

王様としての生活を始めるとすぐハ・ソンは重要な岐路に立ちました。
ただ言われるようにするだけで、財物を与えるという話に、彼は一時的な王様となりました。
誰もハ・ソンを疑っていません。
いや!疑う考えすらできないのが王様と存在でした。
王様は当時は宮の中でも、特別な人だけが見ることができる存在という点で役割を変えたりすることも難しくはなかったです。

道化師ハ・ソンは王様として最日を結構上手に過ごすようでしたが、シン・チスの登場ですべてが狂い始めました。
シン・チスがどんな存在なのかもしれないし、彼が求めた斬首の対象が誰なのかも知らなかったです。
ただ都承旨イ・ギュが事前に説明したように大臣達の要請に応じただけでした。

シン・チスが求めたのは王妃の父である府院君ユ・ホジュンでした。
この事実を知ってきた王妃は、その場で自決をしようとして、これを防いでいた王様イ・ホンに道化師ハ・ソンは責任を負うことができない約束をしてしましました。
府院君の斬首を防ぐという約束でした。
しかし、現実はそれほど容易ではありません。

都承旨イ・ギュの友達であるジョンセンの小さな寺院で過ごす王様イ・ホンを謁見に行って府院君の死は確定されました。
御名を破ることができる者は、この世に存在していなかったから。
御名を破る行為自体が反逆になるからだが、状況は終了しました。
しかし、道化師ハ・ソンは重要な意思決定をすることになります。

御名を拒否してハ・ソンは大臣たちの前で府院君に斬首ではなく、流刑を送ってと命令します。
文字も読めないハ・ソンが囲籬安置(罪人が逃げないように棘と垣根を作り、その中に閉じ込めておくこと)という言葉を知っている可能性がないのに、自然に言及したのは、
チョ内官の助けがあったからです。
影のように、王様を補佐するチョ内官は、宮殿で最も賢明な人物でした。
ハ・ソンの心までしっかり読める人物という点で、より興味深いですね。

ハ・ソンのこの選択は、多くの変化をもたらしました。
王様は、多くの敵と対峙しており、大妃の息子である京仁大軍を流刑に処して毒殺して
王様は大妃と敵対関係になってしまいました。
京仁大軍を除去するのに大きな功を立てたシン・チスも虎視眈々絶対権力を狙っていました。

最も最側近にならなければならない王妃はますます壊れる王様を無視して距離を置いていました。
もし、府院君が斬首を受けた場合王妃まで敵になる可能性がある状況でした。
都承旨イ・ギュが王様を補佐しますが、彼もやはり揺れ始めました。
聖君になることができると確信して府院君と一緒にイ・ホンが王様になるように助けたが、結果は悲惨でした。

宮でイ・ホンの同志になることができる者は、一人もいませんでした。
権力を持った者だけではなく、宮女たちまで王様の身内はない状況で、
ハ・ソンは敵ではなく仲間を作り始めました。

水刺間内人であるケファンはハ・ソンは妹ダルレを思い出させてくれました。
ダルレと同じくらいの年齢に父の借金のせいで売られて宮まで来たケファン。
ハソンが残した食べ物で食事を解決する水刺間ナインの生活を知った後、
ハ・ソンはケファンに自分の夜食を食べるようにしました。

夜食を内人に譲った事がハ・ソンは生かし、内人のケファンは死に至る結果になりました。
夜食が空けられる姿を見た後、敵は毒を準備しました。
王様を死ぬことができる方法が明らかになりました。
その日もケファンの辛い生活を聞いて、夜食を譲りました。

毒が入った夜食を食べて血を吐いて死んたケファン。
そして、その時間宮の外ではダルレが唆されてシン・チスの息子シン・イギョムに呼び出されるようになりました。
ダルレは、兄を会えることができるという話を聞いて出たところでシン・イギョムに性的暴行をされてしまいました。
お互い年齢が同じケファンは毒殺を、ダルレは性的暴行をされました。

二人ともハ・ソンのための選択だったという点で、彼を覚醒させました。
ケファンが毒殺された後、恐怖の王妃を振り切って宮の外に逃げたハ・ソンが再び自ら宮に戻ってきた理由は、ダルレの為でした。
ダルレがシン・チスの息子にレイプされた事実を知って、復讐をしに行きましたが、
むしろ破損がシン・イギョムの下男たちに暴行を受け放り出されました。

レイプされた妹に二束三文を支払うことで自分の役割を尽くしたというシン・チスの
行動に怒った道化師ハ・ソンは王様になろうと決意しました。
ハソンに出来る事はそれしかありませんでした。
王様という巨大な権力がない場合は左議政シン・チスに罰を下すことができないという事をよくわかっていました。
妹の事をひしひし感じたハ・ソンは復讐のために始めたことがどのような結果をもたらすか、彼は想像もできませんでした。

ドラマ「王になった男」2話動画

ドラマ「王になった男」2話視聴率

ドラマ「王になった男」2話視聴率は6.6%です。

ドラマ「王になった男」1話~16話の予告

ドラマ「王になった男」1話~16話の放送スケジュール

2019年1月 14日 ドラマ「王になった男」 3話

2019年1月15 日 ドラマ「王になった男」 4話

最後に

知っている内容ですが面白く展開していくようです。
1200万人の観客の映画「光海」の基本的なあらすじを従っており、
これは内容がすべて公開されたことを意味します。
それにもかかわらず、面白く感じるのは、<王様になった男>がまだ有効であり、
ドラマの内容を上手く導いたという意味になると思います。

1人2役のヨ・ジングは、完璧な姿で視聴者たちをひきつけており、
幼い年齢にも完璧な演技で二人の人物を上手く表現してドラマへの没入度を高めてくれると思います。
映画では、分量が少なかったハン・ヒョジュの役割を引き受けたイ・セヨンも子役から出発した俳優で、優れた演技で王妃の役をしっかりと表現していますね!
ドラマ「王様になった男」は、2019年に注目するドラマになりそうです。

ヨ・ジング,イ・セヨン,ドラマ「王になった男」,왕이 된 남자

スポンサーリンク
スポンサーリンク




Translate »