韓国ドラマ「トッケビ」全話あらすじ+無料動画

鬼(トッケビ)1話~16話 トッケビ
スポンサーリンク




トッケビ ~君がくれた愛しい日々~

寂しくて輝いてる神!

忠臣だったキム・シン(コン・ユ)は、逆賊にされ老けない死なない不滅だと言う悲しくて

辛い人生を歩まなきゃいけなくなりました。

彼は胸に剣を差されたまま933年も続いている自分の人生を終わらせるために

人間の花嫁に出会って、その花嫁がその剣を抜いてくれる瞬間、

彼が消滅して不滅の人生が終わる事を知り、常に花嫁を探し始めます。

しかも彼の胸に刺されてある剣は、花嫁しか見れない事です!

花嫁を探している彼は記憶喪失症の死神(イ・ドンウク)と奇妙な同居も始めます。

キム・シン(コンユ)と同居する人は死に神だけではなく、ユ・ドクファ(ユク・ソンジェ)という人間か鬼かすらわけわからない男もいます。

ある日、この3人の前に自分が鬼の花嫁だと主張する死ぬべき運命を持っている

ジ・ウンタク(キム・コウン)という可愛い少女が現われる神秘的でロマンチックなドラマです。

鬼になったキム・シンの前に現れたジ・ウンタクが本当に花嫁でしょうか!

彼女には彼の胸に刺されてある剣が見えるでしょうか!

  1. トッケビ~君がくれた愛しい日々~動画配信+DVDレンタル情報
  2. 鬼(トッケビ~君がくれた愛しい日々)1話~16話動画
  3. 鬼(トッケビ~君がくれた愛しい日々)紹介
    1. トッケビ~君がくれた美しい日々出演者
  4. トッケビ~君がくれた愛しい日々~全話あらすじ
  5. トッケビ1話あらすじ
    1. 危機な時は願いを込めて祈って!
    2. 1968年パリ
    3. 高麗時代の将軍キム・シン
    4. 死神登場!
    5. トッケビと死神
    6. キム・シンとユ・ドクファ
    7. キム・シンの復活
    8. ユ氏家とトッケビ
    9. 現代に戻り
    10. チ・ウンタクの誕生
    11. 死神と野菜売りおばあちゃん
    12. 10年後
    13. 一応生きてるけど・・・
    14. 一人で誕生日パーティースルチ・ウンタク
    15. 死神と同居人になるトッケビキム・シン
    16. トッケビ召喚
    17. いきなりカナダ!
  6. トッケビ2話あらすじ
    1. キム・シンは一人で外出
    2. 死神の仕事
    3. 永遠の人生を過ごしていくキム・シンの心
    4. 日常に戻ったチ・ウンタク&キム・シン
    5. チ・ウンタクと三神おばあちゃん
    6. 三神おばあちゃんの細かい復讐
    7. チ・ウンタクに訪ねたキム・シン
    8. チ・ウンタクとサニーの出会い
    9. 死神とトッケビの喧嘩
    10. わびしいトッケビキム・シン
    11. サニー
    12. 早く召喚して~~
    13. チ・ウンタクと死神
    14. 召喚を待っているトッケビキム・シン
    15. トッケビ花嫁についての知りたいチ・ウンタク。
    16. 拉致されるチ・ウンタク
  7. トッケビ3話あらすじ
    1. 拉致されたチ・ウンタクを救えるために死神とトッケビ登場。
    2. しっかりして!ユ・ドクファ!
    3. 罰で金塊2つをあげる。
    4. iOi(アイオアイ)なら許す。
    5. 仕事中の死神
    6. トッケビの勝!
    7. 久しぶりの召喚
    8. 自分の過去が知りたくなった死神
    9. 運命の出会い
    10. 寂しいチ・ウンタク
    11. トッケビキム・シンに訪ねてきたチ・ウンタク
  8. 最後に

トッケビ~君がくれた愛しい日々~動画配信+DVDレンタル情報

  動画配信状況 お試し期間 月会費(円) 条件 登録方法
TSUTAYA   ×   30日 933 動画のみ  
U-NEXT   〇   31日 2189 動画のみ  
Hulu   〇   14日 933 動画のみ  
FOD   ×   1か月 888 動画のみ  
Netflix   〇   30日 800~1800 動画のみ  
DMM   〇   14日間 500 見放題chライト  

鬼(トッケビ~君がくれた愛しい日々)1話~16話動画

トッケビ~君がくれた愛しい日々~

鬼(トッケビ~君がくれた愛しい日々)紹介

出典:http://program.tving.com/tvn/dokebi/14/Board/View?b_seq=9

トッケビ~君がくれた美しい日々出演者

コン・ユ——————————鬼/キム・シン役

イ・ドンウク————————–死神役

キム・ゴウン————————-ジ・ウンタク役

ユ・インナ—————————-サニ役

ユク・ソンジェ————————ユ・ドクファ役

トッケビ~君がくれた愛しい日々~全話あらすじ

トッケビキム・シンは武臣でした。

高麗の最高実力の武神だったですが、先王の遺言を奉じ、 今は記憶を失った死神ですが、

自分の主君であったワンヨと、 今では普通のチキン屋を運営しているサニーという女性ですが、

転生でキム・ソン、つまり自分の妹と結婚させて守りなさいという遺言を奉じ 二人を婚姻させて、

奸臣パク・ジュンホンから少しでも取り除くためにします。

そうするうちにいつのまにか成長した主君が自分を誤解して殺そうとして、甘死されます。

生涯、民の英雄だった彼の死を、皆が悲しむと神は彼に不滅を人生を歩む鬼と呼ばれる呪いを下げます。

胸に剣を刺されたまま生きて行かなければいけない運命で、トッケビ花嫁だけにその剣が見えます。

トッケビ花嫁がその剣を抜いてあげる事で彼が「無」になることができるような呪いです。

そして、いつの間にか939年が過ぎ、自分の家を勝手に賃貸した神に憑依された自分の甥であり、

財閥3世ユ・ドクファのせいで、300年以上生きてる死神と暮らようになります。

(最初は死神が高麗のワンヨである事は知りません)

そんなある日、ひき逃げ事故で死にそうになった非常に切実な妊婦の願いで心が揺れたトッケビは

妊婦の願いどおりにお腹の赤ちゃんを助けてあげるキム・シン!

酒気もありましたが、運命のように、その子はトッケビの花嫁になって、

19年後にトッケビキム・シンと恋に落ちます。

そして、転生でも、いい夫婦ではなかったですが、

記憶を持っていないワンヨとキム・ソンも恋に陥ります。

そんな中、幸せな彼らの前に幽霊パク・ジュンホンが現れ、彼らの過去の因縁をすべて明らかにして

トッケビは結局、パク・ジュンホンを自分の胸に刺されてある剣を抜いて刺し、

自分も「無」になりります。

そして、皆の記憶から忘れられたまま9年という時間が経って、

トッケビは花嫁の召喚に再び帰ってきます。

この過程で、三神を介してユ・ドクファも神の憑依から抜けて、

トッケビが朝鮮にいるとき、自分の未来を見ながら花嫁も見たことが明らかになります。

再会して再び愛して結婚して一日目に事故で花嫁は世界を去り死神とサニーも 30年後に、

天の国に行きます。

また一人となったトッケビ、それから50年後の現生を愛する妹と主君夫婦を見て安心して、

いまだに花嫁を愛しがるその時!

生まれ変わった花嫁を再会する姿で終わります。

トッケビ1話あらすじ

そばの花畑にぽつんと刺されてある錆びた剣。

人間の汗と血が染みたものに思いが宿ると、それはトッケビとなる。

トッケビ花嫁だけがその剣を抜くだろう 剣を抜く、無に戻って平安になるだろう。

セリフと共にさびた剣に白い蝶一匹が座ります。

剣はキム・シンを、白い蝶はチ・ウンタクを意味するように見えました。

危機な時は願いを込めて祈って!

道で野菜を売っているおばあちゃんが真剣にトッケビ伝説を話します。

その話を聞いているチ・ウンタクの母は笑います。

おばあちゃんは、真剣に話をしているのに笑うな!といいます。

チ・ウンタクの母親のおなかの中には、すでにチ・ウンタクがいます。

そして、チ・ウンタクの母は未婚母らしいです。

おばあちゃんの話が終わってチ・ウンタクの母が言えに帰ろうとしたら、

チ・ウンタクの母を掴みます。

おばあちゃん:生死を行き来する瞬間が来ると、願いを込めて熱心に祈って!        

       もしかしたら、心の弱い神が聞いかも知れないから。

1968年パリ

場面が変わり、1968年にパリになります。

道で野菜を売っているお婆ちゃんが話した「心の弱い神」が

キム・シンであることを教えてくれます。

当然、飛び出てくると思ったように、ある建物の壁にもたれて立ていて、

建物から出てくる子供を防いで掴みます。

トッケビあるキム・シンは傷だらけである虐待を受けてる子供に将来について話してあげます。

父には養子縁組をしたならしっかり自分を育て、母には助けてくれと言うように。

その後、子供を虐待していた子供のままちちには植木鉢を運んで肋骨を折る傷をつけて軽い復讐をしてあげます。

ドッケビは、子供にサンドイッチを渡した後、

ドッケビ:数学の問題17番の答えは、 2ではなく4だよ!それだけ間違ったから。

と教えてあげると、子供は 自分の人生をすべて貫く人を見て 最後まで境界をします。

そしてトッケビは忽然と消えます。

高麗時代の将軍キム・シン

コンユのナレーションでドラマが本格的に開始します。

「彼は水であり、火で風で光であり闇である。 そして一時は人間だった。」

高麗時代の将軍だったキム・シンは戦争で勝利して高麗に戻ります。

しかし、戻ってきた答えは、逆謀に攻められて、すべての軍装を緩めて御名を受けるという

話を聞きます。

大きな門が開かれ、着用を緩めたキム・シンは宮の中に入ります。

幼い王様ワンヨの隣にいる奸臣パク・チュンホンが一所懸命ワンヨを洗脳します。

「民の上に王、王様の上の神様、その神様がキム・シンを指すします。」

キム・シンが宮の中に歩いて行く間にも果てしなく幼い王様にしゃべります。

歩きながら幼い王様の妻であり、 キム・シンの妹でもある王妃キム・ソンも一度見ます。

王妃キム・ソンは自分が死ぬことを知っているかのように悲しい笑顔を見せます。

キム・ソン:行ってください将軍!私は大丈夫です。

      知っています。本当にだ知っています。

      ひょっとして、これが最後になるならこれも私の運命です。

      だから行ってください。陛下に行ってください。将軍。

結局、ワンヨに向ったキム・シンは胸に剣が刺されたまま、キム・ソン弓に刺されて死にます。

そして、キム・ソンの指輪をクローズアップします。(👈この理由が後でわかるようになります)

これが高麗時代を生きた将軍で人間キム・シンの最後の姿になります。

死神登場!

車にぶつかった死神は怪我をしてないのに運転手は怒りが爆発して、

死神の眼の色に関して熱弁を吐きます。

その瞬間、死神は消えて、人々は集まって、車のトランクが開かれてそこから死体が発見されます。

立っている人の中の一人がトランクに死んでいる人が自分であることを知ってビックリします!

死神:本人、あってますよね?

死んだ女性の魂を連れて死神カフェに行ってお茶を出してくあげます。

現生の記憶を消してくれるお茶らしいです。

女性はお茶を飲んであの世に行きます。

トッケビと死神

外を見るのトッケビが立っていて、トッケビも死神をみます。

あんまり中やよさそうには見えますですね。

キム・シンとユ・ドクファ

韓国の家に帰ってきたキム・シンは、自分を今までに自分を仕えた祖父と彼の孫に 挨拶を受けます。

キム・シン:私は君の叔父だったり、兄弟だったり息子だったり、孫になる人なの

幼いユ・ドクファを見ながら高麗時代に自分の死の後からずっとそばにいてくれたユ氏家の人の

一人が思い出します。

キム・シンの復活

キム・シンの死を悲しむた民の前にキム・シンが復活します。

「あなたの民の念願が君を生かすんだね。でも、あなたの剣には数千の血が付いた。

君には敵だったが、そのまた神の被造物 。

一人不滅を生き愛する人の死を見てみろ。

一つの死も忘れられないだろう

私からの賞であり罰である。

ただトッケビ花嫁だけがその剣を抜くことが出来る。

その剣を抜く瞬間(無)にもどるだろう。

神様が死んだキム・シンを生かしてあげながらこう言います。

復活したキム・シンは、復讐をするつもりで王様に訪ねて行きますが、

すでに長い時間が過ぎた為、王様はすでに死んだ後で奸臣は老いてしまいました。

それでも、キム・シンは奸臣パク・チュンホンを殺してさらに宮に火をつけます。

ユ氏家とトッケビ

戻ってきた時はユ・ジヌはすでに死んだ後、彼のそばにいた子供だけが残っています。

子供はトッケビについて行きます。

この時から、ユ氏家のトッケビを仕え始めます。

現代に戻り

再び現代に戻ってきて、過去を考えながらのんびりビールを飲んでいるのに

助けてください!という切実な声が聞こえてきます。

よく見るとチ・ウンタクのママです!

ひき逃げ交通​​事故で死の危機に置かれました。

野菜おばあちゃんが言ってたように必死に神様に祈っています。

赤ちゃんだけでも・・・

心の弱い神様トッケビはチ・ウンタクのママとチ・ウンタクを生かしてあげて、

元のリストにあった死者を迎えにきた死神徒労におわります。

チ・ウンタクの誕生

真冬に桜の花びらが舞い降りて、チ・ウンタクが生まれます。

鬼たちはトッケビ花嫁が生まれたとこそこそ言います。

彼女が生まれて9年が過ぎ チ・ウンタクの誕生日ケーキーのロウソクに火をつけますが、

魂を見る能力をもっているチ・ウンタクは、母親が生きている 人ではないとすぐ気づきます。

本当にママではなく母の魂だね。 ママは今、どこにいるの?と号泣します。

ママは交差点にある病院にいる​​と…. チ・ウンタクは、自身が魂を見るの申し訳ありませんが、

それでも母を見ることができるからよかったと言いながら、お母さんに「サランへヨー愛してるよ」

と言って必ず天国に行って・・・と最後の挨拶をします。

そして、チ・ウンタクの母はあの世に行く前にトッケビの伝説を話してくれたおばあちゃん訪ねて

自分の子供をお願いしてからあの世に行きます。

死神と野菜売りおばあちゃん

チ・ウンタクのママを迎えにきた死神は 生きてはいけない子供だったチ・ウンタクを見つけます。

野菜おばあちゃん:この子がリストにある?

         あの時、あの子は無名だったが 今この子は名前がある!

と死神を諦めさせて、また会おうと言って死神が帰ります。

お母さんが死んだと悲しむチ・ウンタクに 死んだ母親はどうすることができないが、

君は3日以内に引っ越しをすれば生きれると言いながら、ママお葬式に男一人、女性二人が来るはず

だから、結構苦労はするけど、あの人たちについて行ってと教えてくれます。

そしてツンデレのように誕生日プレゼントとして白菜をくれます。

野菜売りおばあちゃんは「君を授けるとき、幸せだった」と言っています。

(おばあちゃんの正体は 三神おばあちゃんでしたね!)

(★三神おばあちゃん:主な役割は子供の授かり~出産~成長~死の主管する神話的な存在)

10年後

あれから10年後。

三神おばあちゃんは若い姿でも変身することができます。

歩道橋を過ぎている高校生はユ・ドクファンとすれ違います。

19歳になったチ・ウンタクは鬼が見える理由で 友達の間でいじめられています。

傘がないチ・ウンタクが雨に濡れながら歩いている時、 キム・シンと目がぴったりあいます。

しかし、チ・ウンタク知らないふりをします。

本来、人間の未来を見ることができるキム・シンだが、チ・ウンタクの未来はきちんと見えず

うっすら見えます。 奇妙な子供だな!

一応生きてるけど・・・

9年前、三神おばあちゃんが教えてくれたようにチ・ウンタクは男1人、女2人について行きました。

その3人はチ・ウンタク母の妹の家族でした。

母の妹だからチ・ウンタクには親戚のおばあちゃんで二人はそのおばちゃんの子供たちでした。

お母さんの保険金がある通帳を出しと言いながら誕生日であるチ・ウンタク人に 茶碗を投げます。

学校でも家でも彼女はいじめられている様子です。

一人で誕生日パーティースルチ・ウンタク

悲しいチ・ウンタクは海の前に座って誕生日ケーキのロウソクの火を消しながら祈ります。

バイトが決まるように。

おばちゃんの家族に何とかしてください。

彼氏も欲しいです。

今よりほんの少しでも良い人生を過ごせるようにお願いします。

ロウソクを消してすぐトッケビの体で煙が出ます。

トッケビが来ようと雷が鳴りますが、それを知るはず無いチ・ウンタクは

ひどいですね!雨まで…

通り雨ですか?梅雨入りですか?

いつか雨がやみますか?

誕生日なのに、家ではいじめ、友たちもいなくて一人で誕生日パーティー中なのに、雷と雨まで…

悲しみ大爆発したチ・ウンタクの前にトッケビが現れます。

キム・シン: 君なの?僕を呼び出したのが?どうやって呼んだ?

そばの花を取っている時、召喚されたキム・シンに、チ・ウンタクは自分の誕生日だと言いながら

そばの花を勝手に受けます。

そばの花は花言葉が何でしょう?

「恋人」

おそらくキム・シンにはそばの花が大事な役割で、そばの花畑も大事な場所になりそうですね。

死神と同居人になるトッケビキム・シン

一方、ユ・ドクファは、死神をキム・シンの家に入居させます。

すでに契約まで作成完了!!

トッケビ召喚

一方、チ・ウンタクはトッケビがチキン屋でバイトが決まると教えてくれて、

バイト先を探している時、ゴミ箱についた火を密消えて消そうとします。

その後もトッケビ2次召喚、トッケビ3次召喚まで!!

3次召喚は教会だったのですこし不機嫌な・・・(笑)

モバイルキャンドルで4回召喚まで!!

カナダのユ氏一家の忌日に行くためにドレスアップしたのに召喚されて機嫌悪くなります。

チ・ウンタク:もしかしたらおじさん正体がトッケビではないですか?

        私がトッケビ花嫁だと聞きました。

       おそらくこのほくろがあるからトッケビ新婦だというようですが・・・

だと言いながら首の後ろにあるほくろを見せてあげます。

キム・シンはトッケビ花嫁なら自分に見えるものを教えてみろといいますが、

答えの代わりに余計な話ばかりするチ・ウンタクに 原則を破って人間の生死に関与して 生じた

副作用のような子供だと攻撃します。

より良い生活を過ごしなさいと言って消える冷静なトッケビ!

いきなりカナダ!

非常口ドアを開けて出たらカナダ??

チ・ウンタクもキム・シンの付き添って着いたらカナダ!

カナダまで一緒に来たチ・ウンタクに驚きながらどうやって来られたのか?

チ・ウンタクはここが本当にカナダですか?と言いながらおじさんの能力がこんなにすごいなら、

おじさんにお嫁に行くと言いながらいきなり「サランヘヨー愛してるよ」と言いながら1話が終わります。

トッケビ2話あらすじ

いきなり「サランヘヨー愛してる」と告白をして、カナダに新婚旅行を来たと思って

思い切り遊びましょうと言うチ・ウンタク。

自分はどう見ても海外に始めてきたような様子ではなく慣れてる気がしますよね!

と言いながら子犬のように走り回っています。

落ちてる紅葉を掴むと一緒に来た人と愛が叶うと言う話があると言いながら

紅葉を掴もうとする瞬間トッケビが先にゲット!!

チ・ウンタク:ちょっと!返して!私が先でしょう!

トッケビから紅葉を奪って木にもたれているイケメント愛を叶えるために行きますが、

イケメンはカナダお化けです!(笑)

キム・シンは一人で外出

キム・シンはホテルにチ・ウンタクに用事があるから一人でいなさいと言います。

チ・ウンタクは一緒に行くとだめですか?と聞きますが、

キム・シンは一人で外出をして、チ・ウンタクはホテルロビーに一人で残されます。

死神の仕事

二人の死神がカフェーで身の上を嘆じていると、

ある男性と女性が喧嘩しながらそのカフェーに入ってきます。

死神:丙申年 戊戌月 己未日 二時 二十二分ノ交通事故死。あなたたちですよね?

死神カフェーで記憶を消すお茶を出してあげます。

女性:この人にはなぜ?お茶を出さないですか?

   あの男へのを願望も忘れなきゃいけないですか?

と悔しさを訴えます。

死神:忘却も神から与えられ配慮です。

と言ってお茶を飲むことを奨励する私は

男性は、なぜ?自分はお茶くれないの?と死神に聞きます。

死神:あなたは思い出さないといけないだろう!

   ひき逃げで人を殺したのが初めてじゃないだろう。

まさにこの男性はチ・ウンタクの母をひき逃げで殺した犯人でした。

男性はそれをどうやって分かったのかなと言う驚いた表情を見せます。

死神:最初はお茶すら飲めなかったこの瞬間を後悔するだろう。

   次はお茶すら飲めない理由を考え込むだろう。

   そして語るだろう。どんな瞬間も元に戻すことができないということを。

   その時、君はすでに地獄にいることろ。

   体が毎日ずたずたに引き裂かれるだろう。

   痛みに暴れる毎瞬間、君は君がやったことを後悔しるけど、

   その痛みは終わらないよ永遠に。

死神の話を聞いて悔しい死を迎えた女性は楽しくお茶を飲みます。

男性はひざまずい許してくだサイトお願いしましたが死神はNONO!!

死神:人生の記憶をそのまま持っているまま地獄を生きている者を一人知っている。

   彼も心を込めて祈ったけど・・・無駄だった…    

   彼は地獄の真ん中に立っているだろうから

と死神はトッケビキム・シンの人生を思い出します。

永遠の人生を過ごしていくキム・シンの心

一緒に高麗を離れてきた幼い孫の孫の孫を埋めた。

この人生が賞だと思ったこともあるが、最終的、私の人生は罰だった。 誰の死も忘れることが出来ない。

墓石にユ氏一家の名前が書かれているがキム・シンの墓石には何も書かれていません。

墓石の前に立って過去を思い出します。 そして、自分の胸に刺されてある剣を抜いてみようと全力を尽くしてみますが、抜けないことに挫折・・・

キム・シン:楽に休んでいるのか・・・。君たちもあの世で元気に過ごしているの?

      僕はいまだに生きていて楽ではなかったね・・・

永遠の人生を過ごしているけど、他人の死を見守るのが、

死ぬことより幸せではない人生だということを教えてくれますね。

その時間、チ・ウンタクは一人で、カナダを見学しながら

一人で寂しく座っているトッケビおじさんに会います。

チ・ウンタク:おお~~格好いい。

少し落ち着いたキム・シンが自分を観ているチ・ウンタクを見つけます。

キム・シン:おとなしくなってと言ったでしょう。

チ・ウンタク:ところでおじさんだけ墓石名がないですね!

墓石に向かって挨拶をするチ・ウンタク。

チ・ウンタク:こんにちはかチ・ウンタクです。

       約200年後におじさんの花嫁になる人です。

キム・シン:違う!!

チ・ウンタク:違うみたいです!        

       でも、200年後にもおじさんは相変わらず格好いいです。        

       たまに悪い性格を隠せない時もありますが、        

       立派な大人になっているので心配しないでください。

そして、チ・ウンタクは先のホテルのロビーがキム・シンのモノであることを知って

もっと仲良くなろうと心を込めた飴を上げます(👈可愛い~~)

学校は行かないのかと聞くキム・シンの話にチ・ウンタクは韓国が午前10時であることを聞いて

担任に怒られることを想像しながら韓国に移動して学校へ行きます。

もちろん、キム・シンも死神と、ユ・ドクファト一緒に暮らしている

韓国の自分の家に戻ってきます。

日常に戻ったチ・ウンタク&キム・シン

韓国へに帰って来たチ・ウンタクはカナダとトッケビに会った事を考えながら懐かしがります。

一方、トッケビおじさんキム・シンはチ・ウンタクがどうやって自分についてカナダまで

来られたのか疑問を解決しようと死神にテストをしてみます。

玄関のドアを開けたら、そば畑があるのに、 死神が玄関のドアを開けると玄関先でした!

死神:なんで?そこから出る?

キム・シン:不思議でしょう。

      死神も不思議に思う事をあの子が普通にやったと言うことだよね・・・

勝負欲発動した死神はもう一回しろ!とトッケビキム・シンの耳に囁いて、

キム・シンは驚きます。(👈この場面はめちゃめちゃ面白いです)

チ・ウンタクと三神おばあちゃん

チ・ウンタクは普通のドアを通ってカナダに行った瞬間を忘れず、

もう一度ドアを開けてみますが、トイレ!!

そのトイレにきれいなお姉さんが手に洗っています。

そして、その綺麗なお姉ちゃんはほうれん草を渡してくれながら、

必ず家族と一緒に食べてと言います。

この綺麗なお姉ちゃんは三神おばあちゃんΣ(・□・;)

三神おばあちゃんの細かい復讐

家に帰ってきたチ・ウンタクは、すぐに夕食を準備します。

先、トイレで会ったきれいなお姉ちゃんがくれたほうれん草を入れた海苔巻きを作ります。

その時、一緒に暮らす叔母の娘がチ・ウンタクがカナダのケベックから持ってきたパンフレットを

見て、チ・ウンタクが海外に逃げるつもりだとチクります。

チ・ウンタクはまた、虐待を受けます。

ほうれん草を入れたのり巻きを食べた家族はみんなお腹が痛くなります。

三神おばあちゃんの細かい復讐らしいです。

悲しくなったチ・ウンタクは一人で外に出てのり巻きを食べながら泣いています。

( ノД`)シクシク…何年も続いていることだけどいじめ、虐待、いじわるには耐えられないですよね。

チ・ウンタクに訪ねたキム・シン

トッケビキム・シンは自分を召喚することもできるし、扉も開けて付いて来られるのに、

自分の胸に刺されてある剣を観れないチ・ウンタクを思い出しながら自分が直接彼女に訪ねます。

驚いてるチ・ウンタクにキム・シンは召喚されてないのに来たと言うのが恥ずかしくて、

チ・ウンタクが自分の事を考えるだけで召喚誰たと不満を言うふりをしながら

寂しく一人でいるチ・ウンタクのそばに一緒にいてあげます。

チ・ウンタクとサニーの出会い

翌日、チキン屋でバイトをするようになると教えてくれたトッケキム・シンの話で、

ずっとチキン屋のバイトを探していた彼女は、サニーチキン屋でバイトをすることになります。

いよいよバイトが決まった事を伝えたくてトッケビキム・シンを召喚しますが、

ちょうど食事中だったキム・シン。

そして、静かに寝る準備をする死神の部屋にノックもしないで勝手に入ってくるキム・シン。

死神とトッケビの喧嘩

この子が継続的に自分を召喚する勢いだと言いながら、

いつ召喚されてもかっこよく見せるためにどんな服がいいのか聞きます。

寝る時間に邪魔されたことが許せなかった死神は、トッケビパンツの歌を歌いながら

キム・シンをからかいます。

死神の反撃にショックを受けたキム・シンは心が寂しくなります。

わびしいトッケビキム・シン

寂しいキム・シンの状態が心配で理由を聞くユ・ドクファ。

キム・シンは自分がわびしい理由を説明するためには、

自分の悲劇的な運命を言わなければならないと言いながら話そうとしますが、

ユ・ドクファは、すでにキム・シンがトッケビであることを知っています。

ユ・ドクファが幼い時キム・シンがお酒を飲むと、ゴールドを作り出したりしながら

自慢したけど、ユ・ドクファには一つもくれなかったことを言います。

キム・シンは自分がトッケビであることを知っているのに、

いままでため口を言ったユ・ドクファに怒ります!

サニー

一方、サニーは、お店の売り上げが上がらずに赤字が続くから、占い師に行きます。

すると占い師は黒い帽子を被った男性を気を付けてと教えてくれます。

早く召喚して~~

トッケビキム・シンはチ・ウンタクからいつ召喚されるか分からないから

いつ召喚されてかっこよく見せるために雰囲気を作っているのに

なかなか召喚されないから今回も自分でチ・ウンタクに会いに行きます。

チ・ウンタクと死神

その時刻、チ・ウンタクは死神に会って慌てて逃げようとしますが、逃げられないよ!

と話す冷静な死神。

その時、トッケビおじさんが現れてチ・ウンタクを助けてくれます。

死神は帰りましたが、自分から見つけなければならない物をみつけられないから

君はトッケビの花嫁ではないとして、自分はもうsぐここを去ると冷たく言います。

キム・シンの話に心に傷つけられたチ・ウンタクも二度と召喚しないと言って帰ってしまいます。

召喚を待っているトッケビキム・シン

一人で椅子に座っている時、煙が見えてもうすぐ召喚されると思いましたが、

それは、ユ・ドクファがたばこを吸っているからでした。

しかし、召喚されないことでわびしくなったトッケビの家に雨雲生成。(👈ユ・ドクファが除湿機付けました。)

さらに、死神とトッケビはお互いを死神!トッケビ!と呼びながら喧嘩をして、

ユ・ドクファは二人の姿に驚きます。

その後、帽子をドライクリーニングしに行くと言って出かけた死神に沿ってきたキム・シン。

やっぱりチ・ウンタクを捕まえるためでした。

キム・シンがチ・ウンタクを助けに来ましたが、すでに引っ越した後でした。

チ・ウンタクはバイト先であるサニーチキン屋に引っ越しました。

トッケビ花嫁についての知りたいチ・ウンタク。

お化けたちを訪ね、なぜ自分にトッケビ花嫁だというのか聞きます。

するとお化け達からチ・ウンタクは生まれもできずに死ぬ運命だったのに、

トッケビが生かしてくれたという話を聞きます。

なぜ?トッケビが自分におまけで生きていく人生だと言ったのかを分かるようになります。

拉致されるチ・ウンタク

翌日、チ・ウンタクの叔母に金貸しがやってきて、狼藉を働きます。

叔母はチ・ウンタクにお金があるからチ・ウンタクに訪ねてと言います。

こんな中、トッケビと死神はまだ喧嘩中です。

死神が空に飛ばしてしまった皿は、ルイ14才の時のプレートだと怒ります。

二人の戦いで部屋の物がすべて浮かんでいます。

拉致されたチ・ウンタクは、自分に通帳がないと言いながら放してくださいとお願いしながら

頭を下げた瞬間首にあるトッケビほくろが輝きながらトッケビにテレパシーを送ります!

トッケビ3話あらすじ

トッケビ2話で金貸しの怖いおじさんたちにチ・ウンタクが拉致されました。

チ・ウンタクが頭を下げた瞬間、首の後ろのトッケビ花嫁ほくろが光って、

トッケビキム・シンにテレパシーが届きました。

チ・ウンタクが拉致されたことを分かるようになったトッケビキム・シンと死神は憤怒しながら

金貸しのやろたちの前に現れます!

拉致されたチ・ウンタクを救えるために死神とトッケビ登場。

光が出て、車が真っ二つに割れます! こんな中でもチ・ウンタクが怪我しないように、

車の席を広くして割ります。

驚愕、恐怖

トッケビキム・シンは二日間、この道路が地図から消えて

二日後に警察に発見されると言います。

死神はヤミ金融二人が喧嘩して起きた事故だと催眠をかけます。

拉致されたチ・ウンタクがご飯を食べてないと心配してトッポッキをご馳走します。

そして、トッポッキを食べた後、チ・ウンタクはご馳走してくれる人について行くのが

正解だと思います。

しっかりして!ユ・ドクファ!

トッケビシム・シンはチ・ウンタクはなぜ?いつも不幸で大変なのか

ユ・ドクファにチ・ウンタクの叔母ちゃんの家族の事を調査するようにします。

しかし、満足できないユ・ドクファの調査結果にトッケビキム・シンは怒ります。

そんな中でもユ・ドクファは自分の写真もうまく取れたと自慢して、

我慢の限界だったトッケビキム・シンは最善を尽くしてユ・ドクファの写真を破ります。

罰で金塊2つをあげる。

ユ・ドクファは本気で怒ってるキム・シンに、

なぜ?チ・ウンタクの叔母ちゃん家族の情報が欲しいのかと聞きます。

トッケビキム・シンは罰を上げるためだと言いながらは、金塊を見せます。

罰が金塊なら自分も罰が欲しいと言います。

その後、チ・ウンタクの部屋を散らかしながら、

チ・ウンタクの母親の生命保険金が入ってる通帳を探しているお叔母ちゃんは

金塊2つを発見します。

このすべてはトッケビキム・シンの計略でした。

チ・ウンタクの叔母ちゃん家族は寝ないで金塊を守ろうとしますが、

結果的にチ・ウンタクの叔母ちゃんの娘が金塊を持って逃げます。

娘を捕まえに行く叔母ちゃん家族をトッケビキム・シンはみています。

iOi(アイオアイ)なら許す。

一方トッケビキム・シンは、900年前に自分を殺した高麗ワンヨに

復讐をしようと言いながら王様の転生を探します。

ちょうどその時テレビで流れている番組は音楽番組で人気アイドルiOi(アイオアイ)で出演中で、

トッケビキム・シンは転生した王様がiOi(アイオアイ)なら許してあげると言います。

踊りまで真似しながら♪(笑)

仕事中の死神

病院に来た死神は22期死神たちに挨拶を受けて、23期死神も入って挨拶をします。

重傷を負う患者に心肺蘇生法をしている医師が入ってくるのを見て死神は席を外します。

死神:33歳。丙申年戊戌月己巳日十七時四十一分死亡。 死因は過労死。    

   本人、あってますか?    

   医師の応急処置のおかげで、あの患者は助かりました。

医者:よかったですね。

自分の仕事を頑張ったけど、自分の体の管理まではできなかった医師を冥府に行かせた後

何となく心重く感じながら一人で寂しくハンバーガーを食べます。

そして、その他抜け落ちた者2名を見ながら考えます。

一人は、チ・ウンタクだけど、もう一人はだれだろう?

トッケビの勝!

チ・ウンタクとトッケビキム・シンはお互いを恋しがっています。

チ・ウンタクに会いたくて寂しいトッケビの家にユ・ドクファのお爺ちゃんが訪ねてきます。

ユ・ドクファのお爺ちゃんが死神に誰ですか?聞きます。

困っている死神を助けてあげなきゃいけないユ・ドクファも知らないふりをします。

困った死神はあのトッケビキム・シンの友達といいますが、

トッケビキム・シンは彼と 親しくないと言いながらじゃ~ね!とあいさつをします。

結局ユ・ドクファも一緒に追い出されます。

トッケビキム・シンは追い出された死神に「1:0」と言いながら死神をからかいます。

死神をからかって機嫌が直ったトッケビキム・シンはシャワーまでしてさっぱり!!

しかし、負けず嫌い死神も魔除けみたいな呪術のようなのを書いてトッケビに渡します。

久しぶりの召喚

一方、チ・ウンタクはバイト先の社長であるサニーのお願いで するめイカを焼きながら

トッケビキム・シンの事を考えてスルメイカに火がついて焦げそうになり慌てて火を消しました。

それで、トッケビキム・シンが召喚されます。

待ちに待った召喚で嬉しいけど、不満だらけの表情と話をします。

チ・ウンタクはトッケビキム・シンが遠いところにい会で欲しい心を込めて

自分の効用価値について話してトッケビキム・シンから何か見えるように話をます。

そのついでにお肉を食べに行って、デザートで生の果物ジュースまでご馳走になります。

二人の間にこのカフェーの常連客だと言いながらと現れた死神。(笑)

自分の過去が知りたくなった死神

トッケビキム・シンとユ・ドクファは、

死神は悪いことを超えて許されない罪がないとなれないと言話をします。

前世で殺人者だったかも知らないと言いながらからかうトッケビキム・シンの話に

ショックを受ける死神。

運命の出会い

次の日、死神は一人で歩きながら、道でアクセサリーを売っているところである指輪を見つけます。

その瞬間、その指輪を同時に見つけた女性がいました。

チ・ウンタクが働いているチキン店の社長であるサニーでした。

二人が同時にその指輪に手を出した瞬間死神は訳わからない涙が流れます。

あの指輪!!覚えていますか?

トッケビ1話でキム・シンの妹が死んだ時はめてあったその指輪です。

サニー:私が先に撮りましたけど… あら? 泣いてますか?

死神:え?

サニー:譲ってあげましょうか?

死神は泣きながら頭を上下に振りながら欲しい心を表現します。

死神のルックスが好みだったサニーは指輪を口実に連絡先を聞きます。

サニー:ただでは無理です!電話番号教えてください。

死神:無いです。

サニー:携帯を持ってないですか?貧しいですか?

死神:あんまり必要ないから…

サニー:教えたくないですよね?譲りません!!

死神:あなたの番号を教えてください。指輪と一緒に。

サニーは自分の名前を言いながら正式に挨拶をしますが、死神は自分の名前を言えなくて・・・

寂しいチ・ウンタク

いつも通りに苦しいチ・ウンタクは、お母さんと一緒に良くいった海で自分の人生を心配しながら

心苦しんでいる時、トッケビキム・シンが現れます。

チ・ウンタク:もし、あれ知ってますか?

       人間には4回の人生があります。        

       種をまく人生。        

       種に水やりをする人生。        

       収穫する人生。        

       収穫したものを使う人生。

キム・シン:君がそれをどうやって知ってるの?

      それは死神が亡者に言う話だけど。

チ・ウンタク:トッケビ花嫁の人生がもう9年目です。

       お化け達の話を聞きました。        

       それで、悔しいです!        

       何で私の人生は1-1,1-2・・・        

       1を超えられないです!

彼女の話を真剣に聴いてあげるトッケビキム・シンはチ・ウンタクの頭を撫でてあげながら

本気で心配します。

トッケビキム・シンに訪ねてきたチ・ウンタク

その日の夜、キム・シンの家に60年ぶりにお客さんがベールを鳴らします。

死神とトッケビキム・シンは60年ぶりに鳴ったベールの音で緊張します。

しかし、60年ぶりにベールを鳴らしたお客さんはチ・ウンタクです!

チ・ウンタクはトッケビキム・シンに聞きます。

第一、それが見えると結婚するのか?

第二、それが見えると500万ウオンをくれるのか?

第三、それが見えるとどこにも行かないのか?

キム・シン:君…本当に見える?証明してみて。

チ・ウンタクノ:本当に見えますが・・・この剣!!

チ・ウンタクノ話にトッケビキム・シンが驚きながら3話が終わります。

最後に

2016年世界的に大人気だったドラマ「太陽の末裔」のキム・ウンスク作家の作品です。

太陽の末裔のように最後がどうなるか注目を浴びてる中視聴率が17%を超えるほど人気急上昇中のドラマです。

1度観ると続きが気になってしまうドラマに間違いないと思います~~~

コメント

  1. もいもい より:

    はじめまして。
    4話以降は掲載されますか‍?

    • sinjisu より:

      もいもい様
      コメントありがとうございました。
      先ほど5話と6話がアップされてたので掲載させていただきました。
      youtube に投稿されてる動画を紹介するだけなので、続きがいつ頃になるかはわかりませんが、見つかる度に掲載させていただきます。
      あと、youtube動画はすぐ削除される可能性も高いですので、できるだけお早めにお視聴をお願いいたします。

  2. もいもい より:

    ご丁寧にありがとうございました(^^)

  3. チビ子 より:

    7話からのはないですね

    • sinjisu より:

      チビ子様
      コメントありがとうございます。
      youtube にまだアップされて無いようです。

  4. チビ子 より:

    日本語字幕がないですね

  5. NORIKO より:

    アクセスが削除されたと出てきて、ドラマがみられませんでした。

  6. さい より:

    いつまた再アップされますか?

    • sinjisu より:

      さい様
      お待たせしました。
      日本語字幕設定が可能な動画をやっと見つけました!
      再アップ完了してますので、削除される前にお早めにご視聴お願いします。

  7. チビ より:

    え‼︎日本語字幕出ませんよ⁉︎

    • sinjisu より:

      チビ様
      コメントありがとうございました。
      日本語字幕設定を行ってください。
      ページに詳しく書かれております。
      よろしくお願いします。

  8. チビ より:

    日本語字幕出ませんよ?

  9. きこ より:

    ここでも失礼します
    怪しいパートナー25話からはもう見れないんでしょうか?
    何度もすみません。。

Translate »
タイトルとURLをコピーしました