パンチ〜余命6ヶ月の奇跡〜16話 キムレウォンのせん妄症

パンチ〜余命6ヶ月の奇跡〜 パンチ〜余命6ヶ月の奇跡〜
スポンサーリンク




パンチのキム·レウォンが与える悲しい思い出「正しい道を歩む人だから」

取り調べ映像の中で消えた10分の内容を知ったイ·テジュン(チョ·ジェヒョン)は慌ててジョガンジェ(パク・ヒョクグォン)と会って解決しようとしますが、既にテジュンに裏切られたと感じたジョ・ガンジェは、テジュンの不正を暴露するようになります。
一方、パク·ジョンファン(キム·レウォン)はイ·テジュンにユン・ジスクの不正が込められたSDカードを公開しユン・ジスクも潰しましょうと提案しますが、イ・テジュンはわけわからない笑いを見せるだけです。

また、16話ではパク·ジョンファン(キム·レウォン)に脳腫瘍による色んな病状が表れます。
せん妄症が表れ、幻覚や錯覚をみたりする切ない場面があります。

それでは、早速パンチ〜余命6ヶ月の奇跡〜16話を紹介します、

パンチ〜余命6ヶ月の奇跡〜あらすじ

2月9日放送されたパンチ16話では、イ·テジュン(チョ·ジェヒョン)を処罰するために彼の機嫌行為をかぶったジョガンジェ(パク・ヒョクグォン)と手を握るパク·ジョンファン(キム·レウォン)の姿が描かれました。
この過程で、ジョンファンの悔恨いっぱいの心情を伝える復元ポイントが登場して切なさを催しました。
イ·テジュン(チョ·ジェヒョン)の「なぜ?検事になったのか?」の質問が思い出して、当時を回想するジョンファンは、表面的には「私よりも勉強ができなかった奴らがソウルの名門大学に入学したのに、私は、地方の大学に行った」と一気にこれらを上回ることができる方法で検事を選んだとハキョン(キム・アジュン)言いました。

しかし、これは、ハキョンの反応は違いました。
司法研修院時代からジョンファンを見守ったハキョンは、
「いいえ、司法研修院の時から見てきたよ。心暖かく良い検事になると思ったが..」と
初めてジョンファンの姿が彼の答えとは決して同じではないことを言って注目を集めました。

そして、このような言葉は、ジョンファンが検事で最初の一歩を踏み出す場である検事任用宣誓当時の状況を通って証明されました。
新任検事の代表として宣誓したジョンファンは、宣誓文の「不義の闇を撤回する勇気のある検事、無力、疎外された人たちの面倒を見る暖かい検事、ひたすら真実だけを追う公平な検事」など、今のハキョンが歩いている検事としての正しい道に
対する熱望が誰よりもいっぱいだった人物であった点が明らかになったから。

「検事になった後も、ジョンファンさんだけついて行くつもりです。正しい道歩む人だから」というハキョンの言葉と一緒に確信していると自負心に満ちた顔で助詞一つ間違えずに宣誓文を覚えてるジョンファンの姿は、宣誓文そのまま検事職を実行するという意志だったです。
でも、このような姿は一気に他人より前に立つために検事になったというジョンファンの言葉をあざ笑うように同時にせん妄症が表れて、彼は後悔していることを暗示しながらさらに切なさを催しました。

パンチ〜余命6ヶ月の奇跡〜視聴方法

  動画配信 お試し期間 利用料金 ポイント還元
U-NEXT   〇 31日 1990円 600円
TSUTAYA   〇 30日 933円~ 1080円
dTV   × 31日 500円  
FOD PREMIUM   〇 2週間 888円  
Hulu 2週間 1026円  

最後に

せん妄症は意識混濁に加えて幻覚や錯覚が見られるような状態を言います。
健康な人でも寝ている人を強引に起こすと同じ症状を起こしまが、

キム・レウォンは厳しくて冷徹な検事の姿から、せん妄症の襲撃と同時に初任検事の姿で完全に急変する演技でジーンで視聴者達の心を痛ませましたね!

SBS水・木ドラマ パンチ17話も期待できますね!

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました