哲仁王后1話-どうしようもない中殿シン・へソンの登場!!

飛び交うタイムスリップ素材のドラマがまた登場しました。
哲仁王后は、朝鮮時代の中殿の体と現代を生きる男シェフのストーリーです。
男と女余が変わった素材は今まで結構多かった素材なので、そのマデ驚く素材ではないと思います。
性別が変わる物語は、日本でもよく登場する素材でもありますね。

それでは、哲仁王后はどんなストーリー展開を見せてくれるでしょうか!
今から紹介しますね~~

スポンサーリンク
スポンサーリンク




哲仁王后1話予告

出典:tvN公式チャンネル

哲仁王后1話あらすじ

ーチャン・ボンファン。

青瓦台(大統領府)シェフになることが目標であったチャン・ボンファン(チャ・ジンヒョク)は、夢を叶えました。
優れた料理の腕前で、自分の夢を成しましたが、すぐ墜落するしかなかったです。
料理と女性だけを愛していたチャン・ボンファンは青瓦台内部の陰謀により、最悪の状況に陥ってしまいました。

ー青瓦台内部の陰謀。

中国の大使のための晩餐を準備しましたが、料理から釣り針が出ました!!
とんでもない状況でした。
これは誰かが意図的に入れたと思われることです。
晩餐の準備をすべて終えて、キッチンで通訳士と秘密の時間を楽しもうとした瞬間、
彼は青瓦台(大統領府)で追い出される境遇に転落しました。
それだけでなく、ハン室長の謀略により、食材納品不正疑惑まで受けることになり、
警察に捕まる状況になりました。
その状況で、警察と対峙していたチャン・ボンファンは、自分の家で墜落し、幸いにプールに落ちて死亡は避けられました。

ー韓服を着た女性登場。

プールに溺れて頭を負傷した彼の前に登場したのは、韓服を着た女性だった!!
その女性のキスで目を覚ました彼は変なところで戸惑うしかなかったです。
韓屋村だと勘違いしていたその場所でより驚いたことは、鏡に映った姿が女性ということでした。

他の誰でもない、プールに溺れた状況で自分に向かって泳いできた女性がまさか自身であること。
まったく理解できない状況の中で、左右八方やたらに突き当たる状況を理解しようと努力していた彼は、自分が朝鮮時代の中殿キム・ソヨン(シン・へソン)であることを悟るようになりました。

自分の夫になる王は、他の誰でもない哲宗(キム・ジョンヒョン)であるという事実にもう一度驚きました。
哲宗(キム・ジョンヒョン)の後代の評価は、薄情にしかならなくて、これを知っていたチャン・ボンファンには呪いのような状況になりました。
自分が溺れて、キム・ソヨンも溺れたという事実を知った後、その場所を探しに出ました。

ーチャン・ボンファンに戻るために意図に溺れる。

キム・ソヨン(シン・へソン)が溺れた井戸に向かって飛んで上がりましたが、
すでに水が抜けた状態でした。
同様のことが繰り返されないようにしようとする宮廷の努力でした。
どのような水でも顔だけ付着した場合、体が変わると思いますが、それはなかったです。彼が推測するには、体が再び変わるためには、キム・ソヨン(シン・へソン)が溺れたところに再び入ること以外はないという結論でした。

ー信じられないチャン・ボンファン。

好色漢だった自分が女性になった!!
しかも、朝鮮時代の最悪の1つに評価された哲宗(キム・ジョンヒョン)の妻になる中殿という事実も受け入れることができないでした。
女性だけ狙ってた自分の罰という考えもしました。
しかし、明日は初夜を向えないといけない状況です。

体は女性であるが、男性の精神を持った中殿は果たして王様を受け入れることができるでしょうか?
さらに哲宗(キム・ジョンヒョン)は、自分には興味もなく、チョ・ファジン(ソル・インア)だけを寵愛するだけでした。
江華島に行く前、初恋だったファジンをすでに後宮として迎えた哲宗(キム・ジョンヒョン)にキム・ソヨンは何の意味もない存在でした。

ー安松金門と豊安趙門家の死闘

一方、安松金門と豊安趙門家が権力をつかむために死闘を繰り広げていました。
中殿座を置いて権力争いをする状況で哲宗(キム・ジョンヒョン)は、豊壤趙門家のチョ・ファジンを後宮に迎えました。
中殿のキム・ソヨンと後宮のチョ・ファジンを迎えたことでセーフティネット(safety ne)を確保した哲宗(キム・ジョンヒョン)は、何を考えているのだろうか?

最後に

<哲仁王后>1話はキム・ソヨン(シン・へソン)一人だけの活躍だと言っても過言ではないと思います。
初めての時代劇出演と述べましたが、よく合う気がしました。
基本的には韓服(チマチョゴリ)がよく似合えば時代劇に登録する可能性が高くなると思います。
そのような点で、伝統的な時代劇ではないですが、シン・へソンが十分に時代劇と似合うルックスを持ったと思います。
それもそうであることが、シン・へソンが卒業した高校は韓国の伝統音楽を習う高校でBIGBENGのG・Dが通ったこともある学校でチマチョゴリが似合うのは当然かも知りません。
3年間数えきれないほど、韓服を綺麗に切る練習をしたと思うます。

女優のコミック演技は決して容易なことではないと思います。
ある意味、女優であることをあきらめないと存続しないキャラクターだという点で
どのように効果的に見せるのかが関鍵ですが、シン・へソンは、きれいな姿だけを見せる女優ではなくキム・ソヨンという人物に集中した気がしました。

1話はコミックで始まりましたが、<哲仁王后>は、これまで私たちが慣らされてきた伝統的な時代劇の宮廷暗闘を扱うしかないかもしりません。
現代では、青瓦台内部で権力を占めようとする者の暗闘が描かれ、朝鮮時代には哲宗(キム・ジョンヒョン)を前面に出して混乱状況を見せてくれました。

ただ自分の力だけむさぼる者と国民のために働こうとする者たちの戦いを描くという点で興味深い伝わりますね。
しかし、実際の歴史を大事にするという点で、彼らの話は明らか限界も持っていると思います。

限界が明確過去の話にどのように変化を付けて面白いストーリーに展開していくのかというは<哲仁王后>が持っているジレンマだと思います。
哲宗(キム・ジョンヒョン)と呼ばれる王様の話はそれなりの変数が多いという点で面白くつながる可能性も高いと思います。
そのような点でシン・へソンの演技はさらに重要になっています。

笑いの後に隠された陰謀はまだ開始していないと思います。
コミカルさが70%を占めるが、ドラマがどのように効果的に視聴者を導くか気になりますね。
仕方ない時代劇の限界をどのように効果的借用しながら、違うの方法で示すことができるか、次の話も期待されます~~

スポンサーリンク
スポンサーリンク




Translate »