昼と夜の3話4話あらすじーキム・テウの登場とナムグン・ミンの危機

昼と夜1話ーナムクン・ミンとイ・チョンアの28年ぶりの再会 昼と夜
スポンサーリンク




予告殺人が今回も続きました。

実際に警察の目の前で爆破事故が起きて大邸宅は、火事に覆われました。

まるで28年前「白い夜の村」が燃えるようでした。

その村を導いたソン・ミンホが火事に包まれたという事実は、それで興味深く伝わりました。

問題は、果たしてソン・ミンホが本当に死亡したのか知ることができないという点です。

自宅で爆発事故があり、火災のせいで全焼されました。

そうなれば、遺体を見つけることは難しくなるという事で、操作も十分可能な状況になると言う事を意味します。

誰か意図的に大々的なショーを通じてソン・ミンホを隠したらこれからどうだるでしょうか?

これから昼と夜の3話4話を紹介します。

昼と夜の3話4話あらすじ

昼と夜1話ーナムクン・ミンとイ・チョンアの28年ぶりの再会

出典:http://program.tving.com/tvn/awaken/10/board/customList

「白い夜の村」出身

ド・ジョンウの判断のようにジェイミーも「白い夜の村」出身でした。

112番の子供がジェイミーでした。 島から脱出して自分を助けてくれる人を選びました。

彼女が恣意的に選択をしたのか、113番子供が指定をしたのか知ることができないが、

この選択でジェイミーは無事にアメリカに行って育つことができました。

怪物

ジェイミーを苦しめていた、その悪夢は子供の頃の記憶でした。

しかし、ジェイミーが語る「怪物」は果たして誰であり、正体は何なのか?

113番子供が怪物だったかもしれない事です! 怪物を見たジェイミーは、

その実体は明らかに覚えていないが、その状況ははっきり覚えているようです。

自分を生かしたのは怪物という表現は、113番が怪物であり、

「白い夜の村」全体を燃やしてしまった存在という意味であることもできます。

しかし、彼女とは異なり、その「惨事の日」彼らを救えた113番子供は怪物ではなく、

怪物を自任した存在であることも可能性あることだと思います。

ソン・ミンホが予告殺人リストに上がる

ソン・ミンホが予告殺人リストに上がると特殊チームは彼を監視することになります。

その家に入ろうとするが、上部の邪魔に足が縛られて、

彼の巨大な邸宅の外から見守るしかありませんでした。

内部で何が起きているのかさえ知ることができない状況での監視と無意味でした。

CCTVもアクセスすることができない状況での方法が登場しました。

唯一、その家に出入りするノートパソコンのナム・ウチョンの弁護士に接近する事でした。

ただ、仕事以外のことはあんまり分からない彼に気づかれずに

ノートパソコンをハッキングすることは容易ではなかったです。

しかし、そのようなことをしなければならないのが特別なチームでもあります。

チームメンバーが接近してハッキングに成功してソン・ミンホ家を監視し始めましたが、

言葉通りにそう簡単ではありませんでした。

あんなに頑張って監視を始めたのに、特別な変化が目に見えない!

そこを監視する事自体も容易ではないです。

イ・ジウク記者

このような状況ではイ・ジウク記者は、特殊なチーム内部を振って、

自分が必要とすることを得ると言ってコン・ヘウォンを呼び出します。

自分に予告殺人の暗号を解いてくれた人がまさに特殊なチームに存在すると確信したからです。

実際の特殊チームで自分が見た紙と、これまで受けてきた暗号を解いた文書が同じでだった。

プリントの問題により、特定の空間に跡が残されていたからです。

ド・ジョンウが犯人ではない場合ジェイミーが犯人である可能性があると考え始めたイ・ジウク記者

が選んだのはコン・ヘウォンでした。 どこに飛ぶかも知らない彼女を利用すれば、

何かを得ることができるという考えです。

もちろん、その過程がどのようになるかあいまいな理由は、

彼女の行動が説得力高く伝わらないからです。

コン・ヘウォンの嫉妬

「白い夜の村」の話をするド・ジョンウとエイミーを見て、他のチームメンバーは、

彼らが一晩を一緒に過ごしたと勘違いします。

このような錯覚の中でコン・ヘウォンは、嫉妬をして、

さらに自分がイ・ジウク記者と会ってお酒に酔ったと電話をしたとして、

ド・ジョンウが自分を好きだと主張しました。

ド・ジョンウのキャンディー

見る人も煩雑に思って見えるほどだから監視も容易ではなかったです。

さらにジェイミーはド・ジョンウがいつも食べてるキャンディーバーを

多量に食べて奇妙な状況になってしまいました。

 過去の記憶が断片のようにあふれられジェイミーを振りました。

ド・ジョンウが持ち歩くキャンディーは、単純なキャンディではないと推測されます。

どのような効果を出すのか知ることはできないが、一般的な人間とは比較にならないほど

優れた能力を持つ彼らには何か継続的に薬物が投入されるべきだと見るしかないです。

ド・ジョンウ自分で作って服用していたし、これを知らずにジェイミーが多量に摂取し、

瞬間的に気絶する状況まで起きたとみられます。

ソン・ミンホの家が爆発

まだ混乱状況だけつながる過程の中に予告殺人犯が指定した時間が少し通り過ぎると、

ソン・ミンホの家が爆発されました。 炎の中に人がいるという話を聞くやいなや

ド・ジョンウは燃え盛る豪邸に立ち入り、 爆破の衝撃で精神を失ったコン・ヘウォンを探しに行った

ジェイミーは女性ハッカーに拉致されてしまいました。

女性ハッカーはイ・ジウク記者を助ける存在なのに、なぜジェイミーの後を追跡し、

拉致までしたのか分からないです。

大統領秘書室長オ・ジョンファン(キム・テウ)の登場

4話で最も重要だったシーンは大統領秘書室長オ・ジョンファン(キム・テウ)の登場です。

インナーサークルには、ポータルサイトであるMODUの代表的なジャン・ヨンシクも

一緒にいました。

「白い夜の村プロジェクト」に関与した者が白夜財団に属しているという事実も興味深く迫ります。

その集会に出席していないソン・ミンホと不安を感じながら時間を見る参加者。

彼らは果たして次は自分だという考えに不安になったでしょうか?

それとも、彼らは今回の事件を操作しているのだろうか?

白夜財団の最も重要な存在の一つであるソン・ミンホが死亡することもある状況で

ゆったりとした彼らの姿は、いろんなことを考えさせます。

ソン・ミンホの家の近くでジェウンも発見されました。

超能力者と同様なほど強力な体力的能力まで持っているジェウンが近くにいるということは、

心配するしかない状況です。

MODUのジャン・ヨンシクに飼育されているような彼は、

おそらくインナーサークルの実行者である可能性も排除することができないと思います。

最後に

4話まで続いたが、まだあいまいさを維持している気がします。

しかし、明らかな事実はド・ジョンウとジェイミーは、過去「白い夜の村」出身だということです。

ここではまだ正体が明らかになっていないジェウンも生存者でしかないように見えます。

問題は、果たして28年前、そこからどのような実験が行われていたかという点です。

ド・ジョンウは果たして何を探しているのだろうか?

そして大統領秘書室長は何を隠しているのでしょうか?

白夜財団のジョ・ヒョンフイ博士はいつ登場するのだろうか?

すべてが疑惑だらけの<昼と夜>は、

巨大な不正が隠されている過去に向いて話が展開されるようです。

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました