「100日の郎君様」16話ー君と一緒だったすべての瞬間が私に奇跡だった(動画)

「100日の郎君様」16話を紹介します。

「100日の郎君様」16話(最終話)では、イ・ユル(ドギョンス)がユン・イソ(ナム・ジヒョン)にもう一度プロポーズしました。

最後かも知らないイ・ユルのプロポーズをユン・イソが受け入れてくれるでしょうか!

一生、ユンイソだけ愛して来た彼の心を分かってくださいよ~~

彼女が彼の心を分かってくれるかどうか見てみましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




「100日の郎君様」16話の紹介

★お知らせ★

韓国ドラマ「100日の郎君様」の公式ページを参考で翻訳しております。

「100日の郎君様」16話のあらすじ

イ・ユルはキム・チャオン(チョ・ソンハ)を処断しました。
しかし、ホンシムの兄であるムヨン(キム・ジェヨン)を救えず申し訳ありませんと言って、再び両班に身分を戻せる事を約束してあげました。
しかし、ホンシムはイ・ユルを押し出しました。
「私のために何もしないでください。私も罪人です。低下を不幸にしたのは私と私の兄です」とイ・ユルの心を拒絶しました。

宮に帰ってきたイ・ユルは誰とも結婚せずにホンシムを待っていました。
そんな中、ジョン・ジェユン(キム・ソンホ)が婚姻しにソンジュ県に行く話を聞いて驚きました。
ソンジュ県に行ったイ・ユルはホンシムにもう一度心を表現しました。
しかし、ホンシムはまた、拒絶をして「私のそばにいると不幸になります。私と私の兄が低下に傷を残しました」と言いました。
イ・ユルは「君がいない音が、私にはより不幸である。愛する人を捨ててから保つことができるのは、私には必要ない」と堅固な愛を明らかにしました。

特にイ・ユルが書いた日記がホンシムの心を動かしました。
イ・ユルは、「君と一緒だったすべての瞬間が私には奇跡だった」と書いて、
ホンシムは、最終的に涙を流しました。
最終的に、イ・ユルはホンシムにもう一度プロポーズをして彼の心を受け入れたホンシムは口を合わせて、永遠の愛を約束しました。

「100日の郎君様」16話の視聴率

100日の郎君様 16話の視聴率は14.4%です。

「鶏龍仙女伝」1~16話の予告

「鶏龍仙女伝」1~16話の放送スケジュール

2018年 11月 5日鶏龍仙女伝 1話
2018年 11月 6日 鶏龍仙女伝 2話

を放送します。

最後に

イ・ユル(ウォンドゥク/ドギョンス)とユン・イソ(ホンシムナムジヒョン)は、結婚を約束して、すべての人がハッピーエンドを迎えました。
イ・ユルは、自分とユン・イソの敵であるキム・チャオン(チョ・ソンハ)を処断しました。
長い間、一人だったイ・ユルはユン・イソにプロポーズをして、二人は舞い散る花びらの下で美しいキスをしながらハッピーエンドをで100日の郎君様終了しました。

EXO ディオ,ナム・ジヒョン,100日の郎君様,백일의 낭군님

スポンサーリンク
スポンサーリンク




Translate »