ドラマ「ヴィンチェンツォ」のチョン・ヨビンが酷評を好評に変えた秘密!

チョン・ヨビンが引き受けたホン・チャヨン役 ヴィンチェンツォ
スポンサーリンク




tvN土日ドラマ「ヴィンチェンツォ」の勢いが天馬が空を行くようですね。

放送4回で視聴率10%を突破して話題性の調査でも、SBS「ペントハウス2」に続いて

2位に上がりました。

最近シーズン2の制作を確定したTV朝鮮「結婚作詞離婚作曲」はもちろん、

JTBC「モンスター」、OCN」タイムズ」などのような日に開始した新作まで加えて、

競争が一層激しくなった状況で、勝機をつかみました。

予告編が公開された時までは、イタリアのマフィア弁護士出身ヴィンチェンツォ役の

ソン・ジュンギを前面に出したことに期待したファンがほとんどでしたが、いざ蓋を開けてみると

パク・ジェボム作家の前作である「熱血師弟」と「キム課長」を つなぐブラックコメディで、

より広い視聴層を確保することに成功しました。

「悪党の方法で悪役を一掃しまう」と言うのは、

若干重くなりそうな推理ジャンルと蓋然性不足のどん詰まりドラマの間の隙間を

しっかり狙いました。

キャラクターの反転

ドラマを導いていくキャラクターも反転の連続ですね。

ヴィンチェンツォはイタリアで有名な冷徹な戦略家でしたが、韓国に戻ってきては、

空港の入国ゲートからタクシー運転手に詐欺にあうなど粗末な所が結構多いです。

ヴィンチェンツォと先頭に立ってグムガプラザを守ることとばかり思っていた法律事務所「藁」の

代表ホン・ユチャン弁護士は事故でこの世を去りました。

そして、言い尽くせないほど無邪気なウサン法律事務所のインターン弁護士チャン・ジュンウが

バベルグループの実力者会長であることが明らかになり、新たなビルランの誕生を予告しました 。

すべてのキャラクターが典型を少しずつ斜めにしながらドラマに新鮮さを吹き込むと同時に、

今後の展開に対する期待感を持つようにしました。

チョン・ヨビンが引き受けたホン・チャヨン役

チョン・ヨビンが引き受けたホン・チャヨン役

出典:https://mnews.joins.com

その中でも最も魅力的なのは、チョン・ヨビンが引き受けたホン・チャヨン役です。

「悪魔の舌と魔女の執拗を持ったトップ層級の弁護士」という人物の説明のように

裁判では相手側の弁護士がお父さんであっても容赦なく攻撃をします。

ウサン法律事務所のハン・スンヒョク代表にも負けないのに、

新しく迎え入れた南部地検出身チェ・ミョンヒ弁護士でも負けるはずがないです。

自分の敵だと判断した場合、手段と方法を選ばずすっきり貶します。

まさに「見たことのない」新しいキャラクターだと言えます。

そのせいでしょうか、1話の放送後、「言い方がぎこちない」「ハイトーンがキモイ」などの

悪いコメントの否定的な反応がありましたが、

放送を重ねるごとにキャラクターとピッタリという 好評になっています。

これは「熱血師弟」序盤派手な言い方と格別な戦闘力を兼ね備えた

パク・キョンソン検事キャラクターを引き受けたイ・ハニが経験した事とも似ています。

パク・キョンソン検事は、上司のいう事をしっかり聞くキャラクターだったですが、

ホン・チャヨン弁護士は不本意な場合が貶して、力と権力が不足すると、

何とかして手に入れなければならない強い性格と毒気を持ったキャラクターです。

チョン・ヨビンは「撮影現場に行くと、最初はすこし恥ずかしくなりますが、

少し経つとテンションが急に変わっている」とし

「普段の姿と異なるホン・チャヨンのリズムが身につくのが楽しい」といいました。

ここまでと言ってもまだ半分も放送してないですが、これからは何をどのようにすれば、

視聴者もそのリズム感に完全にはまるようになるのかの宿題が残されたと思います。

幸いなことにチョン・ヨビンは、この分野では専門家だと言えます。

初のドラマ主演作であるJTBC「メロが体質」の視聴率は、1%台にとどまりましたが、

放映終了後も着実にうわさになり多くの人が「人生ドラマ」で挙げる作品になりました。

彼女が演じた「ドキュメンタリーPDイ・ウンジョン」という人物は、

チョン・ウヒが引き受けたドラマ作家イム・ジンジュやハン・ジウン役のドラマ製作会社の

マーケティングPDファン・ハンジュに比べると、はるかに複雑なキャラクターでしたが、

最も深い余韻を残しました。

この世を去った人の友人がまだあちこちで見られる幻覚に悩まされますが、

これを避けるより、自分に残された傷を認めてゆっくり克服しながら独特の癒しをしました。

誰か悪口を言うと、より深刻な悪口で言い返す外見とは全く違う事情にも、

彼女はゆっくり視聴者を理解させるのに成功しました。

2015年の映画「奸臣」でデビューした以来、初主演作「罪の多くの少女」でも同じでした。

「30歳までやってみてダメならあきらめよう 」と思っていた時、オーディションに合格した彼女は、

同じクラスの友人の死に加害者に追い込まれ疑問や痛みに苦しめられ、

自分を加害するヨンヒ役をうまく表現しながら「怪物新人」だと言うタイトルを得ました。

監督を以外のすべての人がキャスティングに反対しましたが、釜山国際映画祭、今年の俳優賞を

はじめと新人女優賞まで10以上のトロフィーを獲得したので、まさに「反転の名手」と言えます。

そういえば子供の頃、病気だったおばあちゃんとした約束を守るために医師を夢見た少女が

入試に失敗して俳優としての人生方向を変更したこと自体が逆だと思います。

人生に悩む真っ最中だった20歳に映画「いまを生きる」を観なかったら、別の方法で心を癒す演技に

対する夢も芽生えなかったかも知らないからです。

記事参考:https://mnews.joins.com

最後に

今、まさに翼を広げた彼女にかける期待が大きいのも無理ではないかも知りません。

大学校放送芸能課に入学後、演技を初めて触れましたが、

他の人よりも遅れたから焦るより、舞踊、実用音楽、絵画、文芸創作など、

他の学科専攻の授業を受けながら、基本技を固めようとした人であれば、

今まで見せてくれた姿より、今後見せる姿がはるかに多いだろう。

しかも彼女はチャン・ジン監督に会うために演劇スタッフとして働いて、

監督ムン・ソリが作った短編映画を見て、「私をキャスティングしてください」と、

先にラブコールを送る行動力まで備えています。

俳優としての強みに「今は不足しても、より良くなることができるという信念 」を挙げて

「時間が経っても楽に慣れるの代わりに生のように、新しくて、錆びない俳優になりたい」と

抱負を明らかに知っているなら、もうすぐより大きな翼を広げるようになると思います。

彼女の努力に心を込めて拍手を送ります~~~

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました