昼と夜1話/2話ーナムクン・ミンとイ・チョンアの28年ぶりの再会

昼と夜1話ーナムクン・ミンとイ・チョンアの28年ぶりの再会 昼と夜
スポンサーリンク




最後に

ナムグン・ミンは良い作品だけをしっかり選ぶ能力がある気がします。
もしくは、ナムグン・ミンが出てくるので、良い作品のように見える傾向も存在すると思います。
彼が選択した<昼と夜>は興味深い最初の週を過ごした。
特殊チームチーム長が迎え奇異な事件を捜査する過程で起こっていることを扱っているこのドラマは面白い疑惑を視聴者に伝えたと思います。

それでは、話題の中にある「昼と夜」を紹介します。

昼と夜1話2話あらすじ

昼と夜1話ーナムクン・ミンとイ・チョンアの28年ぶりの再会

出典:http://program.tving.com/tvn/awaken/10/board/customList

昼と夜1話は衝撃的な姿で始まりました。

白い服を着た子供は火と死がいっぱいのスペースを平気に歩いて廃墟になっていくの建物に入った子供は心配している大人と二人の子供と一緒にいます。
そして、問題の「昼と夜」が、その子の口から口ずさむように流れます。

結局、ドラマ<昼と夜>は、この部分から始まって終わるしかないと思います。
そして、なぜそのような発言をしたかを明らかに出すことも興味深い迫ります。
「昼と夜」という言葉は隠喩として使用するしかなく、これは善と悪で話すこともできるだろう。

28年後

28年という時間が流れた後の話は、本格的に始まりました。
ソウル地方警察庁の特殊チームを中心に事件が起こって繰り出す過程で疑問の事件と向き合うことになります。
初めて登場した事件は、特殊なチーム員たちの性向を露出させる過程でした。

無茶で特異なチーム長ト・ジョンウ(ナムグン・ミン)と、彼を片思いするコン・ヘウォン(キム・ソルヒョン)と、空気読めないチャン・ジワン(イ・シンヨン)、画像解析の専門家であるユン・ソクピル(チェ・デチョル)が特殊チーム員です。
警察隊時代三試を合格したブレインのト・ジョンウはFBI研修まで行ってきた後からおかしくなりました。

皆の期待を受けたト・ジョンウは、特殊チームを引き受けて事件を解決しているところです。
銀行強盗犯を捕まえたが、これを企画した者は捕まえなかったですが、警察組織は、隠すことに汲々としました。
裏金荒らしだったからです。
そんなト・ジョンウに早急託された事件は、予告殺人でした。

予告殺人

時事報道で最高の人気を謳歌しているイ・ジウク(ユン・キョンホ)が公開的に犯人の予告殺人を報道し始めました。
これは当然、警察組織の圧迫に近づくしかありません。
誰なのか知ることはできないが、奇妙なヒントを投げて殺人や死は続いていました。

予告殺人が話題になると、警察庁は、特殊チームに事件を任せて、予告された現場に行って、彼らは直接目撃しました。
プールに自ら溺れて死ぬ姿を。
そして、死亡した彼は笑っている様子でした。
人間として絶対にできない状況でした。

まったく理解できない死。

これが殺人なのかと疑問を持つしかありません。
多くの人々が見ている中で、彼は死を笑って受け入れました。
そして、他の事件も、死の過程と結果はとても似ていました。
すべて何気ないふりを、自分が一番嫌いなものを通して、死を迎えました。

もう一つの共通点は、死者が金持ちの息子だったと事と、あらゆる悪行を犯したにも関わら一度も処罰を受けなかったことです。
このような者たちが死んでいきます。
そして、一部では、このような者たちが死んでいくことに歓声を送る人も出てきました。

法が解決できなかった者、他の誰かが、その役割を代わりにしていると信じているからです。
しかし、これは社会全体を崩ししかない理由となります。
そのような点で、警察では、この事件が重要になるしかありません。
法を軽蔑し、自分が執行者になると、世界は混乱にならざるを得ないからです。

FBI出身の優れた犯罪心理の専門家であるジェイミー

FBI出身の優れた犯罪心理の専門家であるジェイミー(イ・チョンア)は、
彼らと一緒にしながら事件は本質に向かって進み始めました。
正式導入をする前に予告殺人で指名された性暴力教授事件を追跡していた彼らの彼の死を目撃しました。
自ら走る列車を迎えて最も幸せな瞬間だと笑って最後を迎える状況は驚愕する事でした
十二支などを利用した暗号は、解けたが、誰が、なぜこんなことをするのかはまだ分かりません。
そして、その暗号をまず解読した人が誰なのかもまだ知らない状況です。
興味深いのは、コンビニで偶然再び再会したジェイミーとト・ジョンウは、MODU所属のハッカーであるムン・ジェウン(ユン・ソンウ)と向き合う瞬間蛍光灯がオフになってしまいました。
彼らは28年前の廃墟になった「白い夜の村」の3人の子供だという意味でもあります。

記憶が消えた

重要なことは、彼らはその日以来記憶が消えました。
だれかによって消されたが、それを誰がしたのか知ることはできません。
バラバラになった子供たちは、皆が天才でしだ。
アメリカで養子縁組されてFBIの犯罪心理の専門家になり、警察在学中三試を通過しました。
そして、正体を現さず、最高のポータルを動かす実質的な存在であるハッカーに位置しています。

彼らが集まった瞬間、お互いに不思議な気持ちを感じました。
お互いが誰なのか、正確ではありませんが、明らかに異常なオーラを感じていることは明らかであります。
一般的でない特別な能力を持っているこの子供たちが28年が過ぎ再会されただけでも興味深いです。

ジョン・スンク(ウ・ヒョン)

ト・ジョンウの助力者である純正LP社長であるジョン・スンク(ウ・ヒョン)は、幼いト・ジョンウを育てた父親のような存在です。
しかし、そのLP店の実体は、薬を製造するところであります。
優れた能力を持つチョン・スンクは密かに事業をしています。
このような状況でト・ジョンウは警察になりました。
奇妙な組み合わせだと感じるしかありません!!

死者が死ぬまで出入りした建物をハッカーを介して確認したイ・ジウクは直接そこを訪れた。
そして映像を通じて、そこを出入りした人物の中で奇妙な存在と向き合いました。
それはト・ジョンウでありました。
ト・ジョンウがなぜ連鎖死者が出てきた、その建物で発見されたのだろうか?
ジェイミーも、ト・ジョンウを疑い始めました。
犯人の立場で話をするト・ジョンウの行動パターンは、明確に犯人であります。
果たしてト・ジョンウは犯人なのか?
最大のポータルというMODUを作った者は28年前の生き残ったあの男でした。

彼ら生き残った理由。

そして、このような事を計画して、何かの実験をしていた存在が誰なのかを見つけることが <昼と夜>の核心であると思います。
ト・ジョンウがその精神的な能力があるかのように見えた少年なのかが重要であるよりも、誰がそんなことをしたのか実体を明らかにすることが重要だと思います。

最後に

コン・ヘウォンの父であるコン・イルド(キム・チャンワン)は、白夜バイオテックで働いています。
このすべてのものを総合してみると、コン・イルドも28年前の事件と例外ではない気がします。
登場するすべての人々が絡まっていると見るしかできないという点で、後に起る話の流れは、彼らの正体を表わし、隠された犯人を見つけることです。
興味深いことに始まった<昼と夜>はナムグン・ミンの存在感を再浮上し始めたと思います。

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました