ブラック・ピンクの初マカオのコンサートを成功的に圧倒

ブラック・ピンクが中華圏ファンたちの熱狂的な韓国語떼창(群唱)を引き出して

デビュー初マカオのコンサートを成功的に圧倒しました。

YGエンターテイメント首長ヤン・ヒョンソク辞退発表にも関わらず、頑張ってくれるYGのアーテイストたちを紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




「BLACKPINK 2019 WORLD TOUR with KIA [IN YOUR AREA] MACAO」

BLACKPINKマカオコンサート

日本でも大人気のBLACK PINK(ブラックピンク)が

中華圏ファンの熱狂的な韓国語群唱を引き出し、デビュー初のマカオコンサートで観客を完璧に圧倒しました。

6月8日(現地時間)BLACK PINK(ブラックピンク)は、
マカオコタイアリーナで「BLACKPINK 2019 WORLD TOUR with KIA [IN YOUR AREA] MACAO」を盛況のうちに終えました。

「BLACKPINK 2019 WORLD TOUR with KIA [IN YOUR AREA] MACAO」

この日の『DDU-DU DDU-DU』と
「FOREVER YOUNGーフォーエバーヤング」で
コンサートの幕を開いたブラックピンクは流暢な英語に加え、広東語の実力を誇りました。
地元のファンは広東語を駆使してコミュニケーションを取るブラックピンクに満足する
微笑を浮かべながら歓呼しました。

ブラックピンクは「コタイアリーナで公演を行うことになり、本当に嬉しい。皆で楽しく盛り上げよう」と叫んで盛り上げました。

「KILL THIS LOVE」

今回、マカオのコンサートは、以前のアジアツアーで見ることができなかった
新しいアルバム「KILL THIS LOVE」のすべての収録曲がレパートリーに追加されただけに、豊かな見どころと聴きどころが2時間近く繰り広げられました。
ファンはまさに「名不虚伝」と口をそろえました。

「KILL THIS LOVE」

出典:http://www.ygfamily.com/artist/main.asp?LANGDIV=K&ATYPE=2&ARTIDX=70

BLACK PINK(ブラックピンク)個人舞台

BLACK PINK(ブラックピンク)個人舞台

個人舞台でも4人のメンバーのすべてが輝きました。

리사 (LISA)リサ

リサは笑顔の「Take Me」とジェイソンデルルでの「Swalla」に合わせて官能的ながらもキレのいいダンスで視線を惹きつけました。

지수 (JISOO)ジス

JISOOはZeddの『Clarity』を熱唱し、さらに成長したボーカルでコンサート場を圧倒しました。

제니 (JENNIE) ジェニー

ジェニーは、自分のソロ曲「SOLO」を披露し、特有の魅力を精一杯披露しました。

로제 (ROSÉ)ロゼ

ROSÉは「Let it be」、「You&I」、「Don‘t Cheat On Me」だけでなく、マカオコンサートだけで、特に「Can not help falling in love」の一部を新たに歌唱してファンたちに感動を与えました。

マカオの現地ファン韓国語群唱

マカオの現地ファンは『뚜두뚜두DDU-DU DDU-DU』と『포에버영FOREVER YOUNG』を含み、『휘파람WHISTLE』、『킬 디스 러브KILL THIS LOVE』などBLACK PINK(ブラックピンク)の様々な曲を韓国語で一緒に歌いました。
情熱的な韓国語群唱に感動したBLACK PINK(ブラックピンク)は公演の途中、現地ファンに感謝の気持ちを伝えました。

マカオファンは(BLACK PINK(ブラックピンク)の新曲『Don’t Know What To Do』の歌詞を引用した)「描いてみた君の記憶はPINK」と書かれたスローガンを用意し、イベントを用意して、もう一度BLACK PINK(ブラックピンク)を感動させました。
また、公式ペンライトの뿅봉(ピンク色)と携帯のフラッシュが会場を染め、美しい景色を演出しました。

公式ペンライトの뿅봉(ピンク色)と携帯のフラッシュが会場を染め、美しい景色を演出しました。

BLACK PINK(ブラックピンク)はコンサート末尾「美しい都市に戻ってくることを願って願って、この瞬間を永遠に大切にしたい」と話してファンを胸キュンさせました。
熱狂的なアンコール要請に再登場したブラック・ピンクは現地のファンを一つ一つ目の塀た目に収め、「아니길Hope Not」を熱唱しました。

今後BLACK PINK(ブラックピンク)

アジア・北米・ヨーロッパなど、世界を股にかけて大活躍しているBLACKPINKは6月13日からデビュー以来初のオーストラリアツアーを始めります。

最後に

娘に名前を聞いて知るようになったBLACK PINK(ブラックピンク)。

最近のK-POPの歌手は歌だけではなくダンスや外国語までは必修らしいですね。

日本で人気の韓国のアイドルの中で日本語を話せない人はあんまりいない気がするほど、最近は世界を舞台に頑張っているから基本t機に外国語を勉強するようです。

昔は、外のウジンは頭が悪いなどの非難の話が多かったですが、最近は音楽の勉強を基本からしっかりしてデビューする方が多いから昔からの悪いイメージは亡くなると思います。

私もたまにはBLACK PINK(ブラックピンク)の歌を聞きながら娘と二人で盛り上げていますので、頑張ってくださいね~~

応援します~~

画像と内容出典:http://www.yg-life.com/archives/138619[OSEN =イソダム記者]

スポンサーリンク
スポンサーリンク




Translate »