防弾少年団、涙で仕上げた1年2ヶ月間の「러브 유어셀프ーラブ・ユア・セルフ」

こんにちは。

いきなりですが、BTSのコンサート行きました?

私は行ってないですが、昨日ソウルで今回のツアーコンサートの最後の順番が

行われたようですね!

今日は余計な序論しないで皆さんが大好きなBTSの最後のコンサートの話をお伝えします~~

スポンサーリンク
スポンサーリンク




防弾少年団の「ラブ・ユア・セルフ」ツアーの開始と終了は、韓国でした。

防弾少年団の「ラブ・ユア・セルフ」ツアー

出典:https://entertain.naver.com/ranking/read?oid=241&aid=0002974417

世界中のスタジアムを回って1年2ヶ月ぶりに蚕室総合運動場 オリンピック主競技場(チャムシルチョンハッウンドンジャン オルリンピッチュギョンギジャン)の舞台に上がりました。
メンバーたちは、これまで築いた内面をパフォーマンスで証明しました。
ツアー中にもビルボードチャート1位・ギネス記録を追加・グラミーアワード進出など、自分たちだけの成果を生み出してきた防弾少年団は、さらに成長した姿で錦衣還郷しました。

韓国歌謡界に独歩的な歴史を書いた防弾少年団

防弾少年団は、昨年8月から開始した「ラブ・ユア・セルフ」(LOVE YOURSELF)ツアーと、その延長線である「ラブ・ユア・セルフ:スピーク・ユア・セルフ」(LOVE YOURSELF:SPEAK YOURSELF、以下「スピーク・ユア・セルフ」)ツアーで韓国歌謡界に独歩的な歴史を書きました。
韓国歌手で初めてアメリカスタジアムに入り、20回に開かれた
「スピーク・ユア・セルフ」は全回をスタジアムで行われ、
世界中絶大な人気を実感することにしました。
特にサウジアラビアでスタジアム単独公演を広げた最初の海外歌手で登板し、
当代最高のスーパースターだけが上がることができるという、
英国ウェンブリー・スタジアムも2回目で全席売り切れを達成しました。

2019年10月26日、27日、29日、ソウル蚕室(チャムシル)オリンピック主競技場で「ラブ・ユア・セルフ:スピーク・ユア・セルフ[詳細ファイナル]」(LOVE YOURSELF:SPEAK YOURSELF [THE FINAL])で、13万人の観客を動員した防弾少年団は、
「本当に愛されていることを感じています。皆さんがいるから頼りになりパワーが出ます。そのエネルギーと愛に恩返しできるように、私たちの公演を見られなかった人たちがいないその日まで頑張ります。」という覚悟と決意に彼らの続く成長を期待するようにしました。

世界に放送された防弾少年団のソウルコンサート

今回のソウル公演は、世界で送出されました。
ネイバーブライダルライブを通じて公演初日と二日目を有料生中継しました。
ファンは韓国語、英語、中国語、日本語、タイ語、アラビア語など各国の言語と絵文字でコメントを残して公演を楽しみました。
二日目の公演は、韓国、米国、日本、香港、台湾、シンガポール、タイなど7つの地域での劇場ライブビューイング(Live Viewing)イベントでも進行されました。
国内上映館の中には防弾少年団の公式応援封印アミ夜を持って入場する
「アミ夜上映会」で進行され、臨場感を生き生きと感じることができるようにしました
アメリカは残念ながら時差のため、劇場ディレイビューイング(Delay Viewing)の形で行われました。

移動する大企業防弾少年団

オン・オフラインで稼いだ今年のチケットの売上高は、2000億ウォンと推算されます。

ビルボード5月にボックススコア

ビルボード5月にボックススコアによると、防弾少年団は、
アメリカLA・シカゴ・ニュージャージー州、ブラジルサンパウロスタジアムで開催された8回の公演で38万4498枚のチケットを売って5166万6038ドル(約600億)のチケット売り上げを記録しました。
「ラブ・ユア・セルフ」と「スピーク・ユア・セルフ」で全世界62回の公演を通いながら販売したグッズまで合算すると、それこそ「移動大企業」になりました。

アメリカメディアハリウッドレポーター

アメリカメディアハリウッドレポーター

「防弾少年団は、韓国の国内総生産(GDP)の46億5000万ドル(約5兆6125億ウォン)を担当する移動大企業である。アメリカチケットマスターのサーバーを開設してからわずか数分で30万席が売り切れになるほど、その人気がビートルズと肩を並べている」防弾少年団を表紙モデルにしたマガジンを出版しました。

経済誌フォーブス

経済誌フォーブスは防弾少年団を「2019年世界で最も多くの収益を出したエンターテイナー100人」の中で43位挙げました。
世界中ボーイズグループの中で最高ランクの防弾少年団をあげた理由には、
「「ラブ・ユア・セルフ」3部作のアルバムに販売記録を立て、
アメリカの6つのスタジアム公演だけで約4400万ドル(約515億円)の

チケット販売収入を稼ぐほど巨大なツアーの収益を出しました。
ツアーを背景にした映画「バンザーステージ:ザ・ムービー」(Burn the Stage:the Movie)と「ラブ・ユア・セルフ・イン・ソウル」(BTS World Tour:Love Yourself in Seoul)で韓国を除いた地域では、それぞれ1850万ドル(約216億ウォン)と1170万ドル(約136億円)の興行収入を記録した」と説明しました。

驚くべき成果に対して防弾少年団は、

「アミ(ファン)がいるから可能だった」と感謝の心を表現しました。
「今は本当に幸せです。好きなことをしながら、このように愛と関心を受けるようになると思えなかったです。すべてのことは、アミ(ファン)のおかげです。アミがつけてくれた翼で熱心に皆さんのそばに飛んでいきます」と所感を明らかにしました。

防弾少年団メンバーの心

「ラブ・ユア・セルフ」ツアーを送った物足りなさも打ち明けました。

ジン

ジンは「「エピパニ」を歌う時は本当に最後だと思ったら心が寂しくなりました」と言いました。

RM

RMは「2年半の間の「ラブ・ユア・セルフ」シリーズを通じて、自ら愛することができる方法を知るようになりました。キム・ナムジュンで、防弾少年団で自らを愛することができる私たちになってほしいです。継続にその道を見つけていくものであります。
今後も旅を一緒にしましょう。皆さんがいるから今まで生きて来ることができました」と涙を流しました。

ジェイホップ、ジミン、ジョンククは新たなツアーを楽しみにしていました。

ジェイホップ

ジェイホップは「最後は惜しくていつも未練が残るのに、今日はそこまでではないです。多くのことを感じて学び得たことも多かったツアーでした。すっきりピリオドつけることができると思います」と言いながら笑いました。

ジミン

ジミンは「次のコンサートで何をして遊ぶのか早く知りたいです。早く準備してまた皆さんに会いに来ます」としました。

ジョンクク

ジョンククは「ジミン兄と同じ心です。次のコンサートはどうアップグレードされるか、今から期待しています。ツアーをすればするほどコンサートに向けた愛情が大きくなります。過去の時間は疲れもありましたが、今回のツアーは全然、毎日が楽しかったです。
月曜日に公演がないから早く火曜日がきて欲しいと願うほどでした。皆さんが送ってくれたエネルギーに恩返しできるように次のアルバムやコンサートを発展させてみたいです」と約束しました。

シュガー

シュガーは「開始があれば終わりもあり、先端は新たなスタートでもある。
「ラブ・ユア・セルフ」は終わりますが、新しいツアーのスタートにもなります。
3日の公演の間、私たちよりも苦労したアミ(ファン)さん、本当に愛しています」と言いました。

ヴィ

ヴィは「今までツアー応援してくださってありがとうございました。多くの国ながら
アミに会いました。まだアミよりきれいなのは見つからなかったです。
今回のツアーは、最後のですが、またするから、最後だと思わないでほしいです」とファンの心を溶かしました。

記事出典:https://entertain.naver.com/ranking/read?oid=241&aid=0002974417

防弾少年団JAPAN-offical FANCLUB

防弾少年団JAPAN-offical FANCLUB

出典:https://bts-official.jp/index.php

最後に

ある意味、彼らの挑戦はすごい結果を生み出していますね。

これからも今のように頑張っていく姿!

変わらない姿で続いてほしいです。

他のグループのように事件事故の中心にならないで、ファンへ感謝すると言った今のその心を忘れずにこのままず~~~~っと続いてほしいです。

彼らの未来に幸あれ💖

スポンサーリンク
スポンサーリンク




Translate »