青春の記録10話あらすじ・感想

10月6日放送された青春の記録10話で俳優として成功の道を歩き始めて幸せな時間を満喫しているサ・ヘジュン(パク・ボゴム)にチャリージョン(イ・スンジュン)が死亡したことを知ることになりました。
シンドローム級の人気にサ・ヘジュンへの悪いコメントがあふれ始めました。
特にチャリージョンノ死亡事件に参考人として出席を要求される電話で危機感は絶好調まで上がりました。

サ・ヘジュンはこの危機をどのように乗り越えるでしょうか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク




青春の記録10話予告紹介

青春の記録10話予告動画

出典:tvN公式youtubeチャンネル

チャリージョンの死亡でパクボゴムが危機に陥りました。

俳優として成功したサ・ヘジュンに試練が予告されました。
幸せな時間を満喫している瞬間サ・ヘジュンにチャリージョン(イ・スンジュン)の死亡を伝える電話がかかってきて今後の展開に気がかりが増幅させました。

サ・ヘジュンは、ドラマは、ドラマ「王の帰還」の撮影で忙しい日々を送っていました。
黙々と最善を尽くしてきた彼に夢のような瞬間が繰り広げられました。
人気スターの特権とも言われる演技大賞授賞式社会はもちろん、最優秀男性演技賞候補に上がりました。
パク・ドハ(キム・ゴヌ)をはじめ、そうそうたる候補を抜いてトロフィーを手にしたサ・ヘジュンは「1年前まで無名の俳優でありながらバイトをしていました」と話をしながら、自分の夢を応援して支持してくれた家族とファンのみなさんに感謝の意を伝えて手ごわい感動をもたらせました。

お互いの夢を応援して駆け付けた青春に変化が訪れました。

アン・ジョンハは末永く考えてきた個人メイクショップを開くことにしました。
退社前に、独自の方法でジンジュデザイナー(ジョジスン)との談判を結んだアン・ジョンハの反撃は通会感を伝えました。
ウォンヘヒョ(ビョン・ウソク)は過酷な成長痛がやってきました。
サ・ヘジュンの成功にヘヒョママキム・イヨン(シンエラ)とヘヒョパパウォンテギョン(ソサンウォン)は「これからは成果を見せる時期だな」と彼を刺激して、周囲はみんなサ・ヘジュンとの比較するばっかりでした。
期待していた新人賞受賞も不発され、さらに心が揺れ始めました。
「ヘジュンと比べられることマジで嫌い」と言うウォンヘヒョの告白は、サ・ヘジュンが耐えた今までの時間まで思い出させて苦い共感を呼びました。

花道だけを歩きそうだったサ・ヘジュンに予期せぬ変数が…

シンドローム級の人気のサ・ヘジュンに向けたデマとコメントが溢れ始めました。
チャーリージョンの死は、まさに衝撃でした。
参考人の身分で出席を要求する電話は危機感を高めました。
幸せの絶頂で不慮の危機を迎えたサ・ヘジュン。
彼の予測不可能な明日に注目が集まっています。

俳優として成功しましたが、ひたすら幸せを満喫できないサ・ヘジュンの姿は現実共感を誘いました。
万人の愛を受けるスターになったが、いつ目を覚ますかわからない夢のような現実は不安でした。
「不安だね。一日に何回も自分の名前を検索する」と言う告白は所信だに走ってきたサ・ヘジュンさえ耐えづらい現実をのぞかせながら切なさを催しました。
彼の話に「誰かは成功して不安なのにだれかは失敗する事が心配で不安じゃ!不安にも級があるんだね」というアン・ジョンハなりの慰めは力がなりました。
指定されたすべてのことを肯定的に考えることに念を押したサ・ヘジュン。
「不安は成功についてくる付録のようなことだ。
いくつかの本は、付録がより価値のこともありますが、」というナレーションは不透明な未来にも揺れずに自分の道を歩いて行くサ・ヘジュンの歩みをより一層期待させました。
記事ソース:http://enews24.tving.com/news/article?nsID=1350834)

青春の記録詳細はこちら♪

青春の記録紹介ページ⇒⇒青春の記録

「青春記録」詳細ページ

「青春記録」動画配信+DVDレンタル情報

現在(2020年9月)青春記録を配信しているNetflixは、

(新規会員限定)で1か月お試し視聴が可能です。⇒⇒Netflix

  動画配信状況 見放題 お試し期間 月会費(円)
TSUTAYA   ×   - 30日 933~
U-NEXT   ×   - 31日 1990
Hulu   ×   - 14日 933
FOD   ×   - 1か月 888
Netflix   〇   〇 30日(80円) 800~1800
DMM
  ×   - 1か月 498~
dTV
× 31日間 500

最後に

人は誰でも幸せな時間が続くと不安を感じますよね。

不思議と・・・

でも、サ・ヘジュンが長い時間頑張ってきたので、もう少し幸せな時間を満喫させてほしいですね~~

スポンサーリンク
スポンサーリンク




Translate »