「九尾狐伝」2話ー島の秘密

「九尾狐伝」 九尾狐伝
スポンサーリンク




「久しぶりだね!イヨン 」
「私だよ。あなたが待っていたそれ」
「あのさ。なぜ私を殺した?」

ナム・ジアがあれほど探し回った神秘的な存在!
子供の頃、自分を救ってくれた九尾狐イヨンと向き合ったナム・ジア!
ナム・ジアはイヨンが自分の親を見つけることができる最後の手がかりという考えに
イヨンにお願いします。
しかし、イヨンは、自分の情人であったアウムとの外見だけ似た人間の女性ナム・ジアに線を引きます。
そんな中で、 不可殺伊の相次ぐ悪夢のせいで、イヨンとナム・ジアは西海にある離れた島、オファ島に向かって…
そこで、二人は衝撃的な事件に巻き込まれます。

果たして、ナム・ジアはイヨンが探している初恋のアウムでしょうか?
純情男九尾狐が自分の情人に訪ねていく「九尾狐伝」2話の中に入ります~~

 

「九尾狐伝」1話あらすじ

「九尾狐伝」

出典:http://program.tving.com/tvn/tvnninetailed

この島で、最近の浜辺で島の住民ソ氏の頭が発見されました。
ソ氏は、海で漁撈をして暴風に遭って行方不明になっていました。
ところが、ナム・ジアが調査した内容では、この島で頭だけ発見された事件が4件もあります。

最初の事件は1954年8月。
ソ氏を除く4件は、すべての身元不詳の女性が被害者でした。
共通点は、すべて頭だけ発見されたということです。
そして、イ・ヨンとナム・ジアは島を調査していたの唐山木の魂と会話をすることになります。
韓国戦争以降、台風により不正なのが島に流れてきて、それ以降から島が変化したと言いました。

「九尾狐伝」2話エンディングではナム・ジアの首筋が蛇鱗のような模様に変わる姿があります。
ナム・ジアがまるで他人になったようにイ・ヨンの首を絞めながら
「なぜ私を殺した?」と言う場面が出ますが、その島には竜になれなかったうわばみが
住んでいるようです。
特にうわばみの中でも竜になれずに、黒化されたうわばみを「カンチョリ」と呼びますがそのような種類のうわばみではないかと思います。
ヘビが500年を生きるうわばみになって、うわばみが500年を生きると竜になるという説話があります。

過去、この世とあの世の境界を乱し人に害を及ぼすうわばみをイ・ヨンが殺しました。
死んだと思ったうわばみは力を失って、台風に押されてこの島まで来ることになりました。

それが1954年。韓国戦争が終わった直後です。
力を失ったうわばみは力を育てるためにこの島に残るのに、島の中にある家神や森の精霊をすべて取り除きます。

そして10年、あるいは15年に一度人間生け贄を求めました。
また、女性の生け贄の頭だけを要求したものです。
島への旅行に来た身元不詳の女性を生け贄にしたんじゃいかと思います。
そうするうちに村の人々は、島の住民であるソ氏の娘を生け贄にしようとしました。
当然、ソ氏は反対したと思われて、住民によって殺されたようです。

イ・ヨンの弟イ・ラン

イ・ランは、人々の悪夢を食べて生きる伝説の怪物「不可殺伊」をナム・ジアの放送局に行かせます。
そして、願い噴水でガールフレンドとの結婚を反対する両親のせいで心配している男の願いを聞いて、その彼の親を殺します。
イ・ランはイ・ヨンとナム・ジアの間でいくつかの仕事を飾って、二人を引き続き危機に陥るます。

イ・ランとイ・ヨンの仲は良くありません。
1000年の時間を耐えってきたキツネだけがチョンホ(千戸)という名前を持つことができて、その中でも優れた存在が白頭大幹の所有者になります。
イ・ヨンがそのような九尾狐でした。

人間と九尾狐間に生まれた自分とは違って兄のイ・ヨンは完璧で羨望と尊敬の対象だったと思います。
そんなイ・ヨンが単なる人間のために天機を逆らって、白頭大幹の主人座から退き、
弟である自分を捨ててしまいました。
兄を尊敬し、愛していたイ・ランは、自分の感情だけイ・ヨンを憎悪するようになったと思われます。

そんな、イ・ランが兄イ・ヨンにできる最高の復讐は何だろうか。
まさにイ・ヨンがあんなに探している初恋のアウムの生まれ変わ事だろ。
イ・ヨンより先にアウムの還生を探して、彼女を利用してイ・ヨンに復讐する計画に見えます。

ナム・ジアの両親はナム・ジアを妊娠したとき「九尾狐伝」2話に出てくる島のジャンサンサ窟で写真を撮りました。
この時、誰が写真を撮ってくれて、なぜ?この島に来たのか。
ナム・ジアはイ・ヨンが探しているアウムの還生かも知りません。
イ・ヨンが二回もキツネ玉を確認したけど、それがなかった理由は、イ・ランが先にいたずらをしたんじゃないかと思います。

ナム・ジアと両親がキツネ峠で遭った事故、その事故を起こしたのがイ・ランではないか?
この時、イ・ランはナム・ジアにあるキツネ玉が見えないように隠しておいたなら
イ・ヨンに見えなかったかも知りません。

ナム・ジアが交通事故にあったとき、両親の姿をした他の存在が表示されるシーンがありますが、これも変身に可能なイ・ランとイ・ランの部下であるキユりだったと思います。

 

最後に

「九尾狐伝」3話予告編を見ると、村の人々がナム・ジアをうわばみに捧げる生け贄にしようという場面が出ました。
そして、それを防ごうとするイ・ヨンとイ・ランが戦うシーンも出ました。
イ・ランが狙うのは何でしょうか?
ナム・ジアの両親は今どこにいるでしょうか?
イ・ヨンの初恋のアウムはなぜ死んだでしょうか?
いろいろな疑問が増えますね~~
わずか2話まで放送しましたが、次のストーリーがとても気になり、期待されるドラマですね〜

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました