「九尾狐伝」4話ーイ・ドンウク♥ジョ・ボアの愛が始まります~~

九尾狐伝3話で、ナム・ジアを生け贄にすることに失敗して、村の人々を生け贄にして
回復させたうわばみの登場は、うわばみが死んでないことを証明する事でした。


そして、ナムジアの正体は一体何でしょうか?
さっそく九尾狐伝4話を紹介します~~

スポンサーリンク
スポンサーリンク




「九尾狐伝」4話あらすじ

「九尾狐伝」

出典:http://program.tving.com/tvn/tvnninetailed

とんでもないことが起こきました!!

オファ島を訪れた彼らに訪れた問題が解決されると不可解なことに、島の住民が一日ですべて消えてしまいました。
どうやって村の人々がすべて一日で消えることができるでしょうか。
浜には、竜王を祀る行為の痕跡だけが残されています。

竜王だとだましたうわばみを仕える巫女はイ・ヨンによって消えました。
落雷に打たれて消滅してしまった巫女と生け贄に思っていたナム・ジアを救ったイ・ヨン。
そのまま終わるように見えた島で村人すべてが夜明けに問題の井戸に集まりました。

生まれたばかりの子供を見知らぬ男に渡すイ・ランの行動は、平凡ではなかった。
彼の行動は徹底的に計算された結果でありました。
問題の赤ん坊のことを気づいた人も多かっただろうが、その赤ん坊は再び生まれ変わったうわばみでした。
うわばみを起こしイ・ヨンと対決することにしようとするイ・ランの戦略でした。

ナム・ジアの血と村の人々すべてを犠牲にして作られた赤ん坊は、密かに一人の男に渡されました。
イ・ヨンに死ぬ危機まで直面したイ・ランを救ったその時代の男は永遠の命を保証されました。
人間にもかかわらず永遠の命を保証された彼はイ・ランのために仕事をしています。

イ・ランのお腹に深い傷が残された理由は、イ・ヨンのせいでした。
イ・ヨンが人間である女性を愛した罪で山神の座から降りでタルウイパ​​で働く存在に転落しました。
その山神の座から降りてすぐに人間達を山に火をつけてキツネ狩りをしました。

これに怒ったイ・ランは、村の人々をすべて殺し始めました。
その殺戮をするイ・ランの前にイ・ヨンが登場しました。
そして、天の召しを受けてイ・ランを削除しようとするイ・ヨン。
そのまま彼らの関係は崩壊しました。
兄のために人間を殺したと正当性を付与したイ・ランに罰を与えようとイ・ヨンを彼は理解していなかったです。

その時から彼らの運命はすれ違い始めました。
「ブラザーコンプレックス」が強かったイ・ランは信じていた兄が嫌いになりました。
人生の理由が兄に復讐することがすべてのイ・ランは自ら満足できる結果だけに執着するだけでした。
その理由だけで、このようなことを行っているということ自体が理解することは難しい。

消えた住民41人には家族がいなかったです。
そして奇妙なことに、彼らは同じ日にこの島に入りました。
韓国戦争が終わった直後、その島に入って住んでいた、彼らは同じ日一刻に再び蒸発するように消えました。

徹底的に準備された島だったという意味でした。

自分の命を救ってくれたイ・ヨンのためにナム・ジアは食事を準備しました。
ヨモギ束をプレゼントとして持っていったイ・ヨンの行動に戸惑うナム・ジア。
そしてそのようなイ・ヨンの頭をなでながら、動物たちも好きだという言葉はイ・ヨンを驚きました!

アウムが自分にした行動と言葉だったからです。

ナム・ジアにキツネ玉が存在しないが、奇怪なことながらアウムが死亡していた瞬間

うわばみの鱗が覆った状態を記憶していたイ・ヨンはそれを再び彼女から見ました。

ナム・ジアの体から見えたその鱗は、まさにうわばみのものだった。
それが、ナム・ジアの体から明らかになったのは、明らかに偶然ではない事でした。

両親の話をしながら涙を我慢しようと耳を防ぐ姿も過去アウムがした行動と同じでした。
このすべて、ナム・ジアがアウムだと証明していることだと思います。

イ・ヨンは、人間を殺した罰を受けるために行かないといけません。
自分が行った後、一人で残されるナム・ジアのためにイ・ヨンは小豆袋をプレゼントしました。

少なくとも数日間はナム・ジアを悪霊から守ってくれることができるという話は、

ナム・ジアを安心させました。
しかし、問題は、イ・ランだった。
作家の母親の葬儀場に行ったナム・ジアを訪れたイ・ラン。
彼は常にイ・ヨンを苦しめる考えしか持っていません。

イ・ランが消えた後ナム・ジアは危機を迎えました。
イ・ヨンが与えた小豆袋が破れて中身が散らばって、これに気づいた鬼たちが彼女の体にくっつき始めました。
葬儀場には、数多くの子供の幽霊がいっぱいいました。
そして、その日の葬儀を営む二人の若い姉妹がナム・ジアに身をほしいと要求して追い始めました。

子供のいたずらに死ぬ危機まで直面したナム・ジアはその脱出しますが、あきらめずに追ってくる子供らのために建物の屋上に至りました。
その時間、イ・ヨンは、人間の体で地獄の苦しみを耐えなければならないでした。
最初は雪山刑務所で厳しい寒さに耐えるし、次にはドサン地獄で飛んでくる刃物を全身で受けていました。

彼がこんな痛みに耐えた理由はただ一つです。
ナム・ジアのための選択でした。
そのような苦痛の中でもナム・ジアが危機に瀕しているという事実を知ったイ・ヨンは、

劇的な瞬間地獄から出て、彼女を救えました。
子供の幽霊に追われたナム・ジアはその屋上から落ちました。
死ぬしかない状況で彼女を救ったのはイ・ヨンでした。

自分を抱いて泣いてるナム・ジアの姿を見たイ・ヨンは、彼女がアウムの生まれ変わりだと確信しました。
オーラが照らすように光を放つその姿でアウムの生まれ変わりを確認したイ・ヨンは幸せでした。
二人の成し遂げられなかった愛は始まりました。
彼らの愛が始まったのは、リスクがより強烈に迫っていることも意味します。

最後に

視聴者たちも何となく感じたようにナム・ジアはアウムの生まれ変わりかもと言う雰囲気だったですが、それが明らかになるまであんまりにも時間がかかってないのが少し残念と言うか、もう少し時間をかけて切ない時に明らかになった方がもっと面白かったんじゃないかなと言う気がしました。

どうせドラマだから~~もう少し視聴者たちを緊張させて次がもっと気になるような雰囲気がもっと出てほしいですね~~

スポンサーリンク
スポンサーリンク




Translate »