「九尾狐伝」1話ーイ・ドンウクとチョ・ボア億劫の縁

九尾狐に対する偏見を破る「九尾狐伝」が10月7日に初放送されました。
九尾狐といえば女性だと思うしかありませんでした。
人間の肝をスキップ尾九つ付い九尾狐は女性という認識は強烈でした。
そんな九尾狐が男という設定は興味深い迫ってきます。

その後、男九尾狐のストーリー始めます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




「九尾狐伝」1話あらすじ

「九尾狐伝」

出典:http://program.tving.com/tvn/tvnninetailed

1000年を生きてきたキツネ九尾狐「イ・ヨン(イ・ドンウク)」は山神だったが、今では都市に降りて逃亡者達を見つけながら生きています。
朝、目を覚ますやいなや、アイスクリームを食べる「イ・ヨン」の人生は逃げたキツネを捕まること以外に何もありません。

都市伝説を扱うプログラムディレクターである(ナム・ジアーチョ・ボア)には消すことができない奇妙な事件が存在します。
子供の頃、自分の誕生日に行われたことはどうしても理解できません。
(ナム・ジア)が都市伝説を扱うプログラムを作る理由も、その日の実体を明らかにするためです。

誕生日プレゼントをくれた両親が突然消えました!
キツネ峠で事故が起きましたが、問題は、両親が完全に消えた事です。
事故現場に一人残された(ナム・ジア)は、奇妙な状況と向き合いました。
夢なのか、実際なのかわからない状況でした。

事故直後の目を覚ますと再び家でした。
平凡な日常を過ごすような状況だったが、微妙な違いを(ナム・ジア)は気づきました。悲惨な事故のニュースが出てくるTVを見て笑っている親が正常であることは無いです。
母親の姿をしたモンスターを攻撃して逃げた(ナム・ジア)は、再び事故現場で目を覚ましました。

親を失った彼女を訪ねた人は(ナム・ジア)にすべてのことを忘れなさいと言いました
しかし、(ナム・ジア)は、不思議なことに記憶が消されてないです。
「イ・ヨン」は、事件を解決し、記憶を消します。
そんな能力まで兼ね備えた「天佑」でもあります。
21年が過ぎた天気雨が降った日、彼らは再会しました。

結婚式場を訪れた「イ・ヨン」は赤い傘を持ってキツネを捕まえに行きました。
純白の花嫁に変身しましたが、人々の肝を食べて逃げたキツネでした。
普通の人間に住みたがりますが、欲望が簡単に消えることはありません。
結婚式が終わった後、「イ・ヨン」に対応していたキツネは、人間に変身した生活を終えなければならなかったです。

現場にいた彼らの記憶を歪曲させましたが、ウェディングドレスで韓国在来種キツネの
「赤い狐」毛を発見しました。
奇妙なことでした。
花嫁はまんまと消え、空のウェディングドレスのみの現場自体も信じられないだけです
式場を撮る映像も消え、やっと得られたものとは式場入口で発見された赤い傘を持っている男でした。

放送で製作するための予告編を見て一人の男が訪ねてきました。
彼は「イ・ヨン」の腹違いの弟である{イ・ラン}でした。
偽りで(ナム・ジア)を企みたかったですが、誰よりも気づくのが速い彼女は
この人が、何かの目的を持っていると確信しました。
自分を隠そうとしたが、方言も使わないで、数百万ウォンの靴を履いているこの人の話を信じるのはとても困難な事でした。

しかし、「キツネ峠」の話を取り出すと拒否することができませんでした。
キツネ峠から21年前の出来事を(ナム・ジア)は、忘れずにいたからです。
{イ・ラン}が教えてくれたように、バスに乗ろうとした(ナム・ジア)を防いだのは、
お酒に酔ったあるおじいさんでした。
不気味な状況でも、(ナム・ジア)は、そのおじいさんをアップて祖父の家まで連れて行ってくれました。

心性が限りなく善良という事実を見せてくれたこの場面で不思議なのは、その酒に酔ったおじいさんは、村を守る「天下大将軍」でした。
彼はバス停にいた女子高生の正体を知っていました。
六百年も生きている{イ・ラン}であることを天下大将軍は知っていて、
(ナム・ジア)を生かすためにそのようなことをしました。

キツネ峠トンネルを通ったバスの電気が消え、その女子高生は、乗客を殺害しました。
問題は、そのバスに「イ・ヨン」が乗っていた事です。
(ナム・ジア)は、タクシーに乗って、バスを追跡して事件現場で女子高生を発見しました。
唯一の生存者である女子高生を守るために努力する(ナム・ジア)とその女子高生を殺そうと訪ねてきた「イ・ヨン」。
自分を誰かが殺しに来ることを知っている女子高生は恐れており、
(ナム・ジア)の家に向いました。
問題は、そこで起きました。
(ナム・ジア)は、女子高生が問題があると思いました。
そんな事故に遭った人にしては異常だったからです。

それがキツネだとは思っていなかったですが、明らかな事実は唯一の生存者である女子高生が異常であることでした。
そして劇的な瞬間(ナム・ジア)を求めたのは、「イ・ヨン」でした。
このような状況を知っている(ナム・ジア)が病院に残したメッセージを見て、
彼女の家を訪れた「イ・ヨン」は女子高生に変身していた弟{イ・ラン}との大喧嘩をしました。

{イ・ラン}がなぜ「イ・ヨン」を攻撃するかはまだ不明ですが、ヒントは出ました。
山神の地位さえ放棄した「イ・ヨン」は、人間の女性を愛していました。
その女性の生まれ変わりを条件に「イ・ヨン」は山神の地位を置いて、「来世出入国管理事務所」で逃げたキツネを捕まえる事をしていました。
天罰を受けている「イ・ヨン」と(ナム・ジア)は、どんな運命なのか?
{イ・ラン}を追い出して記憶を消したと思ったが、彼の家に訪ねてきて、
その日に行われた戦いが録画された映像を流した(ナム・ジア)は、普通の人とは違いました。
「イ・ヨン」の記憶の消去が通じていない唯一の存在でした。

指紋を残さないようとする「イ・ヨン」にバッグを投げて指紋を確認した彼女は
それで「イ・ヨン」の家を見つけました。
偽装した彼をつかむために、自らの超高層で飛び降りた(ナム・ジア)。
そして、そのような(ナム・ジア)を安全に救えた「イ・ヨン」。
(ナム・ジア)は、「イ・ヨン」に人間ではないと薬を首に挿して再会を記念しました。

21年前に会った女性。
まだその姿のまま生きているこの男は誰だろうか。
彼知っておく狐峠で行われた疑問の事件を解くことができます。
両親が違わなく消えた理由を知っているこれは、「イ・ヨン」が唯一だからです。
その「九尾狐伝」は開始されました。

最後に

斬新な企画ですね!
オス九尾狐!!
「九尾狐伝」は昔話なので難しい用語が出るのかなとおもいましたが、全然普通でした。ストーリーも悪くなかった気がします。
1話の視聴率も5.8%なら悪くない方だと思います。
これから「九尾狐伝」の紹介も続けます~~~

スポンサーリンク
スポンサーリンク




Translate »