「九尾狐伝」3話あらすじ-イ・ドンウクを威嚇するうわばみ登場

彼らが島に入ったのは偶然でではありません。
わけわからない「力」が彼らをそこに導きました。
そして、そのすべてを計画したのは、イ・ランでした。
イ・ランはなぜその島にイ・ヨンとナム・ジアを導いたのでしょう?

そして、その島では、どのようなことが起こっていたのでしょうか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク




「九尾狐伝」3話あらすじ

「九尾狐伝」

出典:http://program.tving.com/tvn/tvnninetailed

両親が登場した夢のためにナム・ジアは、彼らが旅行した島を訪ねました。
イ・ヨンは、自分が愛する唯一の存在であるアウムを探しに島に向かいました。
しかし、その島で向き合ったのは、奇妙な事件でした。
島の村の人々の行動がすべて怪しかったです。

島で発見されたスケルトンを取材する目的まで加えられたナム・ジアの旅の中で、
その島の秘密は少しずつ明らかになり始めました。
沈没した船、銀河号とそこで生き残った3人と死亡したソキチャン氏事件。
一歩遅れてソキチャンさんの骸骨が発見されて疑惑は始まりました。

より大きな問題は、生き残った3人の皆が疑問の死をやられ始めたことです。
その死がすべてが奇怪でした。
しかし、その死にはすべて意味がありました。
銀河号沈没後4人はすべての救命ボートに乗って救助を待っていました。
しかし、とめどなく待っている間、水と食料がない、そこからやってはいけないことが起きってしまいました。

負傷したソキチャンは犠牲となり、3人は救助されました。
これを隠したかった者たちは次々と死亡しました。
救命ボートで行った行動をして死亡した彼らは呪われました。
死ぬ運命ではなかった彼らが死んだのは、すべてイ・ランがやった事でした。

イ・ランが死亡したソキチャンの娘の願いを聞いてくれたのは、正義の存在であるからではないです。
このすべてが、彼にはただ一般的ないたずらであり、兄のイ・ヨンとナム・ジアを困らせるための計画でした。
二人を除去してしまおうというイ・ランのこの残酷な行為の理由が少し明らかになりました。

その島でうわばみに仕える巫女と話をする過程で、兄のイ・ヨンが自分のお腹を切ったといいながら傷を見せてくれました。
なぜそのような行動をしたのかまだ不明です。
しかし、明らかな事実は、ある事件が原因で兄への復讐心を育てたということだけは明確であります。

理由にかかわらず、イ・ランが持っている殺気は、その残忍な苦痛から起因すると見ざるを得ないからです。
その島には、うわばみが存在する。
そして、そのうわばみを仕える巫女が住んでいます。
その巫女はその島を支配する存在でもあります。

うわばみの指示を受けた巫女が島を支配する構造と見ることができます。
そして定期的に巫女は若い女性を生け贄であげました。
旧暦7月15日百中の日に豊漁祭を言い訳に行うその殺戮の対象が、今回はナム・ジアになってしまいました。

巫女の罠に陥って倒れたナム・ジアが死ぬ危機に置かれましたが、彼女を助けたのはイ・ヨンでした。
ナム・ジアを助けるためにイ・ヨンは巫女を殺しました。
いくら悪の存在であっても巫女は人間である。イ・ヨンは、人間を殺したりしてはならないです。
これは深刻な行為という点を考えてみるとイ・ヨンのこの行動は、重要な迫ります。

アウムが転生したのがナム・ジアだと確信していませんが心が惹かれるのは明らかであります。
肩の傷を治療する過程で急に変わったナム・ジアの行動も不審に感じました。
イ・ランがコントロールして行ったことだと考える事もあるだろうが、皮膚にあらわれた皮のような標識とイ・ヨンの首をつかんで、なぜ自分を殺しかと叫ぶ姿は奇異に近づいて来たからです。

ナム・ジアは都市伝説を作るディレクターです。
そのような点で、九尾狐という存在も簡単に信じていました。
そして、島の村で起きた奇妙な状況に対する理解度も高いです。
島の村の人々の家に置かれている竜王図で奇妙なことを発見したのもナム・ジアでした。

足がない竜王の図は、昇天を狙う竜の姿だと思ったし、イ・ヨンは竜ではないうわばみだと確信しました。
ナム・ジアの鋭い目がその島を支配することがうわばみである事実を知ることでした。
問題は、うわばみを過去イ・ヨンが削除したという事実です。

消えなければならないうわばみがまだ存在するということは、戦いはまだ現在進行形になるしかないという意味です。
さらに問題の古い井戸に存在するナム・ジアの血でした。
ナム・ジアを生け贄に選択したこともイ・ランである可能性が高いです。
自分の提案を拒否したナム・ジアをこれ以上は許すことが出来ないからだと思います。

人間ですが、自分たちの世界を理解しているナム・ジアは危険な存在でした。
それで、巫女にうわばみの生け贄としてナム・ジアを渡して、九尾狐を妨げる月見草に結界も立てました。
しかし、そのような結界を崩したのはイ・ヨンの力です。
雨を呼んで結界を崩して中に入ってナム・ジアを助けたイ・ヨンは果たしてどんな信仰を持っているのだろうか?

すべてが終了したその日の夜、村の人々が井戸に向かいました。
そして次の日、彼らはすべて消えました。
イ・ランはうわばみに見える男に塗布に包まれた赤ちゃんと推測されているものを渡しました。
それが赤ちゃんなのか、何を意味するのかはまだ明らかではありません。

最後に

毎話のストーリーが目を離すことが出来ないくらいに集中させます!
九尾狐伝3話で、明らかな事実は死んだと信じていたうわばみが生きていて、そして生け贄を介して延命していた状況で、イ・ランが彼に新たな命を伝えた可能性は濃厚であることです。
ナム・ジアで失敗すると、村の人々を生け贄にして回復させたうわばみの登場はそういう意味で興味深く迫ります。

本当の戦争の始まりのような気がしてきました。

九尾狐伝4話では、またどんなストーリーが待っているでしょうか!

スポンサーリンク
スポンサーリンク




Translate »