「九尾狐伝」イ・ドンウク♥ジョ・ボア、キム・ボムの犠牲でハッピーエンドの結末

「九尾狐伝」イ・ドンウクとジョ・ボアがキム・ボムの犠牲に再会して幸せに生きる
「パッと開かれたハッピーエンド」で大団円の幕を閉じました。

12月3日夜10時30分に放送されたtvN水木ドラマ「九尾狐伝」16話は、首都圏世帯基準平均6.4%、最高7.4%、全国世帯基準平均5.8%、最高6.4%で水木ドラマ1位を記録しました。
tvNターゲットである男女2049視聴率は、首都圏平均4.3%、最高5%、全国平均4.3%、最高5%で、首都圏と全国の両方地上波を含む全チャンネル同時間帯1位を占めて有終の美をおさめました。

水木ドラマの視聴率1位を記録した「九尾狐伝」は、どんなストーリーなのか今から
紹介します~~

スポンサーリンク
スポンサーリンク




「九尾狐伝」16話あらすじ

「九尾狐伝」16話

出典:https://sports.donga.com/article/all/20201204/104284968/2

劇中イ・ヨン(イ・ドンウク)が大蛇(イ・テり)と一緒にサムド河に飛び込んで疫病が消えて世界は平和を取り戻しました。
しかし、ナム・ジア(ジョ・ボア)は、毎日のように涙で奪衣婆(キム・ジョンナン)に懇願したのかと、イ・ラン(キム・ボム)はお酒だけに頼っていました。
しかし、イ・ヨンが残したメッセージで覚醒したナム・ジアはイ・ヨンを記憶して記録する「九尾狐展」の映像を制作し、完成した日イ・ヨンが送ってくれたウェディングドレスと手紙を受けて涙を流しました。
以後、偶然ナム・ジアとイ・ランは、民俗村にあった占いで死神の中で生まれ変わりを
管理する「誤解前輪大王」を出会い、イ・ランの犠牲にキツネ玉を取り戻しました。
にわか雨が浴びせる中、帰ってきたイ・ヨンとナム・ジアは再会し、二人だけの結婚式を挙げて平凡な日常を味わいました。

都心から伝来童話の中の人物「三才」を探ってたイ・ヨンを見たナム・ジアは「私は「世界の秘密」を盗み見たことがある」と繰り返して言って、イ・ヨンはナム・ジアを優しく抱いたまま、「人間として生きることは、人生が「最初で最後のもの」でいっぱいの診断を意味する。
初雪、最初の歩き、最初のピクニック、最初の神経治療..そして「永遠」僕の初恋」とナム・ジアを温かく見つめてジーンとする感動を与えました。
一方、その後にイ・ヨンが夜中赤い傘を持って出て三才と対立、神秘的な目つきを輝かせる姿で開かれた結末を結びました。
これと関連し「K-ファンタジー」の誕生という新鮮なドラマで注目された「九尾狐伝」が残したものをまとめました。

「九尾狐伝」が残したもの

カン・シンヒョ監督の「カタルシス抱か幻想的に演出」

「男九尾狐」という差別化されたキャラクターを表現するために「ファンタジーアクションロマンス」という総合ジャンルで誕生した「九尾狐伝」は視聴する間、終始審美眼を刺激する美しい映像と爽快なアクション、リアルCGなどが調和されカタルシスを抱かれました。
これはディテール一つ逃さないカン・シンヒョ監督の演出で可能であったことです。
イ・ヨンとイ・ランを再び仲良くさせた「餓鬼の森」のシーンと画竜点睛を描いた
「イ・ヨンと大蛇の大激突」のシーンは、アクションとCGの幻想的な調和に戦慄を起こし、前世シーンとイ・ヨン♥ナム・ジアカップルの姿は笑顔にする美しいシーンに仕上がって、様々な楽しさをプレゼントしました。

「想像力と温かい視線が共存」したハン・ウリ作家の脚本

「伝来童話の中の人物たちが、私たちと一緒に生きている」という独特の世界観を樹立したハンウリ作家はミントチョコアイスクリームが好きな九尾狐、コンピュータと格闘する奪衣婆、食堂をするタニシ新妻などアイディアと想像を超える話で興味を高めました。
また、無念に死んだ子供の幽霊の事情を聞いてあげる場面、いじめに遭った犬を救ってあげる場面ではハンウリ作家の世界を見て温かい視線を証明しました。
「小さな神の子供」に次ぐ作品である「九尾狐伝」でハンウリ作家は特有の細かい構成に基づいて、純粋な愛の話題を投げジーンとする余韻と詰った感動を一緒に伝えました。

人生キャラクター更新されたイ・ドンウク・ジョ・ボア・キム・ボム

シンクロ率200%キャラクターで水を得た演技を見せたイ・ドンウクは元白頭大幹山神であり、都会に定着した九尾狐イ・ヨン役でカリスマからアクション、ロマンス、コミックまで多目的演技を消化して信じて見る俳優であることを証明しました。
清純なイメージで愛されたジョ・ボアは怪談プログラムPDナム・ジア役を通じて気さくさとおぼろはもちろん、体を張ってやるアクションと思特た悪役演技まで自由自在に変身を図り「ジョ・ボアの再発見」を成し遂げました。
キム・ボムも九尾狐と人間の間に生まれたイ・ラン役で人間の欲望を食い込む鋭い姿から内面にあった人間美を発散して柔らかくなった姿まで完全に変貌し、人生のキャラクターに会ったという好評を獲得しました。

ドラマの限界広げたK-ファンタジー

「九尾狐伝」は、既存九尾狐を扱ったドラマとは異なり九尾狐のほか、私たち伝来童話の中の人物を再解釈、最も韓国的でありながらも、新鮮な「K-ファンタジー」を構築し、ドラマの限界を広げました。
ドラマ中の主演と最も極強の対立を成した大蛇をはじめとする様々な地元妖怪が登場し、伝統的な物語への関心を高めて、更に豊かな内容と見どころを提供しました。

製作陣側は「さまざまなメッセージを伝えようとしていた「九尾狐伝」が16話の旅を終えた」と「視聴者の方々が大変な時期に「九尾狐伝」を介して一瞬憂いを忘れることができた言葉に感動しました。
ドラマの中の主人公たちのように、私たちも一日も早く平和と安定の日が持ち帰ることを祈る」という最後の所感を伝えました。

最後に

彼が出演するドラマは信じて視聴できるという言葉の意味通りにいつの間にか、イ・ドンウクさんが出演するドラマは間違いなく感動を与えてくれたドラマになりました。

作家の表現もうまかっただろうけど、それをよりリアルに表現してくれた俳優たちの演技が混ざって目を鼻うことが出来ないドラマに誕生した気がしました。

「九尾狐伝」が私たちにくれたメッセージの中で、何より感動的だったのが「九尾狐伝」16話のイ・ヨン(イ・ドンウク)が大蛇(イ・テり)と一緒に川に飛び込んで疫病が消えて世界は平和を取り戻した場面でした。

今、世界的にコロナで日常生活が混乱になっていく今の世界に伝えてくれる最高のメッセージでした!

昨日のニュースではイギリスでは今日からコロナワクチンの接種が始まるようですが、まだ安心できない状況なので、幸いなことだと言えるには早い気がしますが、1日でも早くコロナが収まってきてほしいですね。

来週からはチャ・ウヌ、ムン・ガヨン主演の「女神降臨」を紹介します~~

スポンサーリンク
スポンサーリンク




Translate »