ヴィンチェンツォ1話あらすじー韓国に帰ってきたソン・ジュンギ!

ヴィンチェンツォ1話あらすじ ヴィンチェンツォ
スポンサーリンク




イタリアの弁護士ヴィンチェンツォ!

しかし、ちょっとだけ特別な弁護士です。

コンシリエーレ(consigliere)イタリアマフィアボスの顧問弁護士。

イタリアで彼の威勢(いせい)は想像以上です。

それではヴィンチェンツォ に会いに行きましょう!

ヴィンチェンツォ1話登場人物

ソン・ジュンギ~~~~ヴィンチェンツォ役ーーーイタリア弁護士

ユ・ジェミョン~~~~ホン・ユチャン役ーーーー弁護士、法律事務所「藁」体表

チョン・ヨビン~~~~ホン・チャヨン役ーーーー弁護士(ウサン法律事務所)、ホン・ユチャン娘

チョ・ハンチョル~~~ハン・スンヒョク役ーーーウサン法律事務所体表、弁護士

キム・ヨジン~~~~~チェ・ミョンヒ役ーーーーウサン法律事務所シニア弁護士

オ・テギョン~~~~チャン・ジュヌ役ーーーーウサン法律事務所インターン弁護士

イム・チョルス~~~アン・キソク役ーーーーーー対外安保情報院要員

ヴィンチェンツォ 1話

ヴィンチェンツォ 1話はソンジュンギが務めた役ヴィンチェンツォがあるビルを見つめながら

「俺の目標はこのビルを崩すことだ!」と言いながらビルが崩壊される場面で始まります。

72時間前イタリア.

カサノファミリーのコンシリエーレ ヴィンチェンツォカサノ。

「コンシリエーレ(consigliere):イタリアマフィアボスの顧問弁護士」

ヴィンチェンツォは、運転手にエミリオの家に行こうと言います。

エミリオの家に向う途中、何かを撒いてる軽飛行機を見つめるヴィンチェンツォ.

ヴィンチェンツォにエミリオは、「お前はボスの葬儀の日も仕事なのか」と皮肉を言います。

ヴィンチェンツォは、ファビオ・ボスの最後の提案だと言いながら書類を見せますが、

エミリオは死んだ後になんの提案なのか!と言いながら拒否します。

ヴィンチェンツォ:提案に聞こえるのか?          

         友人を殺した者に最終的に施す慈悲だ。

エミリオ:交渉ではなく、脅迫をしに来たのか!

ヴィンチェンツォ:今サインしなければ、もっと大変なことが起こる。

エミリオは拒否し、東洋人を卑下すると共にヴィンチェンツォを無視した。

ヴィンチェンツォが後悔しない自身あるのか?と聞きます。.

エミリオは皮肉いながら、戦争も怖くないと言って

ヴィンチェンツォ:後悔は生きているうちに経験する最もひどい地獄だ。

         僕は地獄を避けることができる機会を与えるために来た。

と言う無視するエミリオ。

そして、ヴィンチェンツォは韓国語で「東洋人を無視した代価をすぐに受けるだろう。

この野蛮な野郎め」と悪口を言った後、立ち去ります。

その時、軽飛行機の音が聞こえて、エミリオはなぜ今日も農薬をまくのかといいながら

軽飛行機を見見るのエミリオにも農薬を撒きます。

しかし、それは農薬ではなく、石油だった。

ヴィンチェンツォはライターを後ろに投げたまま、悠々と消えて、 畑燃えてしまいます。

ボスの葬儀場

葬儀場に来たヴィンチェンツォは横になっているボスに 父と呼びます。

ボスの息子パオロは葬儀が終わった後に処理しても遅くなかったたんじゃないかと尋ねると、

ヴィンチェンツォはボスの最後の命令だったと答えながら

できるだけ早く処理しろって言ったと言います。

パオロ:父は常に君の決定を信じて、私の決定は、不信した。

ヴィンチェンツォ:君はいつも慎重に仕事の処理をしなかった。

         お前は女性と子供には触れるな!というボスの話を守らなかった。

パオロ:これからは自分がボスだから、より忠実な態度を見せて!

ヴィンチェンツォ:君がそんな資格を見せるなら常に忠実準備はできている。

と言って立ち去ります。

ヴィンチェンツォの家

ヴィンチェンツォは家に入ってきて休んでいて、 夜になると、

誰かが侵入してベッドに銃を乱射します。

しかし、ヴィンチェンツォはすでに後ろに隠れていて、

潜入した奴らを銃で撃って殺してしまいます。

そしてヴィンチェンツォはパオロに電話をかけて、

パーティーは楽しかったかと聞きながら犬が吠える音が 聞こえるのを見ると、

玄関に向かっているようだね。 先に謝るね。君が一番大切車なのに。

と言うとすぐ車爆発します。

ヴィンチェンツォ:君を殺さないのはボスへの最後の私の尊敬の表示だ。

         俺を捜さないで!

         もし俺を捜そうとするなら次は君が降りる前に 次が爆発するから。

と言って電話を切ります。

韓国のホン・チャヨン

ホン・チャヨンはケーキを買って誰かに訪ねて行きました。

ホン・チャヨン:学生ローンの返済が大変だから製薬会社被験者バイトをしましたね。

        本人は副作用被害者でもないのに一人で良心宣言しましたよね!

       このような状況が幸せなのか?

男:幸せです。

ホン・チャヨン:ところでバーベル制約が訴訟しても耐えられますか?

        ケーキのトッパーを引っ張ってみてください。

すると、ケーキの中では千万ウォン券小切手が出て、

男は結局お金に負けます

ホン・ユチャンVSホン・チャヨン

この時、誰かを待っているホン・チャヨン。

遠くからキックボードに乗って急いで来てチャン・ジュヌ(オク・テギョン)を見ます。

遅かったチャン・ジュヌを責めながら、法廷に入るホン・チャヨン。

ホン・チャヨンは投薬実験の副作用による死亡というのは、まだ ありえない事だと言いながら、

原告は不確実な証拠で世論戦を繰り広げていると言って、

ホン・ユチャン弁護士は死者者全員が 急性心筋梗塞という死因が同じであり、

基礎疾患がなかった言います。

ホン・チャヨンはホン・ユチャンが言うすべてに反論して、

ホン・ユチャンが被験者中での一人が証言した録音記録を証拠で出しますが、

ホン・チャヨンは、その録音記録の主人公 イ・ソノさんは1時間前、

偽証の疑いで警察に 自首した状況をひっくり返します。

ホン・ユチャンは偽証が確定していなかったので、証言の効果は維持されるべきだと言って、

次の裁判は、 一週間後法廷で行われるとし裁判が終わります。

父娘関係

ホン・チャヨンとホン・ユチャンは父娘関係でした。

ホン・チャヨン:すべての合意で終える蓮だったのに、 確実に責任を持つこともできないのに、

        このようにぐちゃぐちゃして気が済みますか?

ホン・ユチャン:それが父に言える話か! お金で証人や買収する弁護士は、私の娘ではないから。

        大変な人をもっと苦しめたくせに何がそんなに堂々とできるの?

すると、ホン・チャヨンはいきなり泣きます。

ホン・チャヨン:お父さん、もうやめてください。

        父さんの事を心配していますよ。

ホン・ユチャンは驚いた表情で、 弁護士やめて俳優をやってみるのがどうなの?

と言って帰ってしまいます。

韓国に来たヴィンチェンツォ

ヴィンチェンツォは韓国に到着し、 タクシーを乗ろうとしたら予約がキャンセルされたので、

自分のリムジンタクシーに乗ってと言ってヴィンチェンツォを乗せます。

ヴィンチェンツォはタクシーにあるミネラルウォーターを飲んで、 運転手はラジオを付けますが、

空港で外国人を 相手にタクシーのふりをして騙し乗せ睡眠薬を与えると言う ニュースが流れます。

ヴィンチェンツォはニュースを聞かないまま一人でかんがえこみますが、

とろりと目を閉じるヴィンチェンツォ。

対外安保情報院要員

対外安保情報院のエージェント達が忙しそうに見えますが、 イタリアの組織犯罪対策チームは、

のんびりと歌を聞いていますね。

その瞬間、のんびり音楽を聴いているアン・キソク要員のPCに身元照会通知が来ます。

マフィア組織コンシリエーレがが韓国に来た!と報告します。

「コンシリエーレ(consigliere):イタリアマフィアボスの顧問弁護士」

しかし、局長は彼らが 何しに大韓民国にくるの?と言って彼の話を無視します。

ホン・チャヨン

ホン・チャヨンは皆から羨ましがりながらオフィスに戻り、

ローファームウサンの代表であるハン・スンヒョク弁護士(チョ・ハンチョル)が来て、

父だちょっと優しくした方がよかったじゃないの?と聞いて

ホン・チャヨンは父ではなく、相手側の弁護士だと言って次の裁判の前に完璧に終わらせます!

言います。

するとハン・スンヒョク代表は早く退勤し気分転換するように!と言います。

完璧にやられたヴィンチェンツォ

この時、ヴィンチェンツォは眠っているまま車外に座って、

タクシーの運転手と同僚の男は、ヴィンチェンツォの時計、お金を奪って 4千ドル以上だね!

と喜びながら腕の時計が本物であれば、1億を超えると言っている時、

ヴィンチェンツォは目を覚ましますが 男に殴られて再び気を失ってしまいます。

何時間後にすべてを奪われたまま目を覚まします。

指に5万ウオンだけ握らせてタクシー詐欺団は消えた後でした。

ヴィンチェンツォは許せないと叫びながら 5万ウォンを持ってバスに乗りバス停に行きますが、

まだまだ怒りが収まらなくて 「クソ韓国!くそ!!殺してやる!」 イタリア語で叫びます。

クムガプラザ

クムガプラザに到着したヴィンチェンツォの目標は、 この建物を崩すことです。

その理由は、5年前ヴィンチェンツォを 訪れたワンシャオリン。

彼は、金を隠す方法をきいて、韓国の金の隠したい言いました。

ヴィンチェンツォは50年間続けてきた私たちのファミリーだけの方式があるとし

韓国で古い建物一つを購入して疑われないように自分の友達チョ・ヨンウンの名前を使用し

その後、一箇所をお店に偽装して技術者を交渉して地下に金を隠す密室を作ります。

金はばれないように少しずつ移し隠して、密室は、唯一の社長の生体のみOPENが可能にすべきだと

言いながら、そのほかは誰も認識できないと言います。

それだけではなく、その密室には、特別な機能ががあると話そうとするとき、誰かが来ます。

グムガプラザ社長 チョ・ヨンウン

彼は建物の名義社長であるチョ・ヨンウンです。

チョ・ヨンウンはプラザ内に開発反対委員会ができたとし 紹介してくれますが、

この時、誰かがこれらのぞき見しています。

そうヴィンチェンツォが過ごす家を紹介してくれるチョ・ヨンウン。

しかし、家はそんなに良くなかったが、すぐに行くと言いながら 大丈夫だと言って

部屋に入ります。

ホン・ユチャンと出会い

この時、誰か不審者が来た言うイ・チョルウク(ヤン・キョンウオン)。

イ・チョルウクは映画に出てくるハンサム悪党感じだと言って、

ホン・ユチャンは、テナントの方々に知らせてと言います。

ヴィンチェンツォは、建物の中を回ってみますが3階にいる人々は皆正常に見えなくて

皆がヴィンチェンツォを脅かすよう見えます。

ヴィンチェンツォは、地下に行ってみようと言って、金が隠されている地下に降りみると、

オフィスではなく暖楽寺 というお寺が入っていました。

ヴィンチェンツォはその僧侶の下に15トンの金のがあると思いながら見つめている時、

突然、別の僧侶が飛び出て驚きます。

僧侶は地面の下から仏の強いオーラを感じて 断食中だと言います。

そしてヴィンチェンツォは汚れた服をクリーニングしに洗濯屋に服を預けながら

韓国にはない貴重な洋服といいますが、 クリーニング屋の社長は安いと言って見下します。

この時、3階の人達が集まってヴィンチェンツォを見ていて、

ホン・ユチャンは建物の所有者オーナーさんと一緒に来られた方だと聞いたとし、

クムガプラザ開発反対委員会委員長であるホン・ユチャン弁護士だと自分を紹介して

ヴィンチェンツォも自分を紹介します。

ホン・ユチャンは、イタリアの弁護士ば国内で拷問以外 法律活動はできないじゃないか?聞くと、

ヴィンチェンツォ法律活動をしに来たではなく、単純なアドバイスをしに来たと言います。

ホン・ユチャン弁護士は社長がグムガプラザは売らないと言いますが、

私たちは信じられないすると言います。

ヴィンチェンツォは自分たちは違う言いますが、人々は信じられないとし、

大きい企業が大金をくれると言うとミンア売ってしまいますよねと言います。

明日の午後協議会の時詳しく話しますと言って去っていくヴィンチェンツォ。

過去のある裁判

ヴィンチェンツォは家に入ってきてシャワーをするのに、

急に水が出なかったり、突然お湯が出たりします。

やっとシャワーを浴びて横になりますが窓に座っている鳩がうるさく泣いてあんまり眠れないです。

そうするうちに書類を一つ見ますが、この書類は法務部の書類であり、

再び過去を思い出すヴィンチェンツォ。

ある女性が家事の手伝いの仕事をしている途中、

その家のファン会長を殺したと言うことで裁判中でした。

検事は、自分の子供も保育園に捨て達言いながら他人の命を軽視する可能性が高いと

養子縁組同意書を提出すると、女性は弁護士さん何とか変論をしてください。

と言いながら、むしろ自分がセクハラ行為をされたと言ってファン会長の家族が 嘘をついていると

言いますが、弁護士はじっといろと言って、女性はファン会長が自分の前に働いていた

家事手伝いさんにもセクハラをした!仕事をしに来るすべての女性にわいせつな事をした

と言います。

しかし、裁判官はもう一度、許諾なしに発言するとすぐに退廷措置すると言ってしまいます。

その女性は無念に監獄生活をするようになります。

「勝手にしろどうせ判決は決められたことじゃない!」と自分の人生を諦めてしまいます。

その書類を見ていたヴィンチェンツォは国選弁護人ホン・ユチャンと書かれているのを見て

名刺を受けたことが思い出してに比べてみると、あのホン・ユチャン弁護士でした。

イタリアのレストラン

次の日、イタリアのレストランに訪れ一番得意なメニューを注文します。

ヴィンチェンツォは一口を食べて、味見するようでしたが、

ナプキンに吐き出して、ゴミ箱から食べ物を取ってきたような感じだと言いながら

本当にミラノウフィツィで料理を学んだのかと尋ねます。

そうだと答えるトト(キム・ヒョンウク)に、ウフィツィはフィレンツェにあるとし

詐欺師だと言ってお店を出ていきます。

オ・キョンザ

ヴィンチェンツォはハンジュ女子刑務所に訪ねて、入ること無く見つけたと帰ります。

この時、ホン・ユチャン弁護士も先の裁判の女性であるオ・キョンザの面会をしにきました。

ホン・ユチャンは最後に一度だけだと言うけど、 再審の話は持ち出さないでと

本当にもう必要ないと言って、このまま生きるように放っておいてと言います。

バベル建設

チョ・ヨンウンはヴィンチェンツォにバベル建設投資開発チーム長が 来るから

カフェに行こうと言いますが、ホン・ユチャン弁護士が、自分の事務所で話しましょうといいます。

ヴィンチェンツォ:何回言えばわかりますか?          

         私のクライアントは、ここを壊して、新しい建物を建てる計画です。

         既存のテナントは、再入居させてあげるつもりです。

バベル建設投資開発チーム長は、紙の最後の提案だと言いながら金額をみせますが、

ヴィンチェンツォは見ようともせず、チーム長は慌てて 直接目の前に見せてあげますが、

見るふりもしないヴィンチェンツォとチョ・ヨンウン。

チーム長:雰囲気良く合意をしてみようとしたのに、 あんまりにも話が通じないと困難だね!  

     後で後悔するぞと言います。

ヴィンチェンツォ:今、脅迫しているんですか?

         二度と脅迫しないでください。  

         最初で最後のアドバイスです。

そのままグムガプラザのテナント立をすべて呼んで、ホン・ユチャン弁護士は ヴィンチェンツォに

私たちのテナントが望むのは確実な約束だと言います。

ヴィンチェンツォ:明日中に合意案を作る計画だと

         皆さんが今週中に署名すれば結構です。

と言います。

人々は本当にのイタリア弁護士に間違いないのかと聞きながらまだ信じられない入居者たち。

そしてチョ・ヨンウンも皆さんの味方になって確実に再入居を保証すると言います。

そのまま一人一人信じてみると手を挙げると、ホン・ユチャン弁護士は、

私たちにいたずらをするように見えると言って私はあなたのような人間を信じないと言います。

ヴィンチェンツォ:僕も弁護士です。

ホン・ユチャン:同じ弁護士でも仕事が違います。

        あなたはお金を弁護しますが、私は人を守ります。

        私の前で交渉家のふりをせずに計画通りにすれば!

と言った後立ち去ります。

その後、チョ・ヨンウンは家に帰ってきたら誰も見えず、おかしいと思っている時、

自分より早くバベル建設が行かせたチンピラたちが自分の家に入ってきて

すでに娘と妻を縛っておいて、契約書にハンコをつけるように脅迫をします。

親権放棄

翌日、ホン・チャヨンは出勤をすると机の上に親権放棄に関する内容証明が届いており、

これは父のホン・ユチャンが送ったのもでした。

ホン・チャヨンは呆れてホン・ユチャンに電話をかけますが、ホン・ユチャンは電話を受けない。

電話を続けて受けなかったため、興奮して父に向うホン・チャヨン。

どうしようもなかった

そして、チョ・ヨンウンは、最終的に契約書に印鑑を押してしまって、

契約金まで入金確認までした後、バベルのチンピラたちは家から出ていきます。

ホン家の対立

ホン・チャヨンは戸籍制度はなくなったのを知らないのか!親権放棄ってなんなの?

と父親を責めますが、ホン・ユチャンは娘に負けずできる方法はなんでもすると言って、

娘のホン・チャヨンは誘致だいいながら笑います。

覚悟した方がいいぞ!

この時、ヴィンチェンツォはクリーニング屋に預けた服を受けに行ったが、

服はすべて縮んで、腕が短くなったのに…クリーニング屋の社長は安い生地だからだと言います。

ヴィンチェンツォは、今日の事に必ず対価を受けなければならないと言います。

そして、チョ・ヨンウンから電話がかかって来て、妻と娘が人質につかまって 仕方なかったけど、

必ず元に戻すとな蓮途中、突然現れたトラックがチョ・ヨンウンの車にぶつけます。

一方、ホン・チャヨンはホン・ユチャンにこれで円を切りましょうと言っている時、

イ・チョルウク(ヤン・キョンウオン)がホン・ユチャン弁護士に早く出てきて見なさいと言って、

壁に告知を貼っているバベル側用役チンピラたちをみます。

バベルタワー開発推進委員会長パク・ソクド

自分をバベルタワー開発推進委員会パク・ソクドもと紹介して、

今日でここはバベル建設所有となったとし 今日から補償交渉団があなた立を訪ねて行くから

平和的にうまく解決してみようと言います。

テナント立はみんなヴィンチェンツォの悪口を言って ホン・ユチャンがこんな方法で脅迫するのは、

明らかな違法だとし 早く帰ってと言いますが、チンピラノ一人のチョン・スナムがホン・ユチャンを

押すと ホン・チャヨンが、前に出てこの方の娘であり、ローファームウサン弁護士だと言います。

ホン・チャヨンの話にチョン・スナムが彼女に手を上げようとすると、

ヴィンチェンツォが「待って!」と叫んで現れます。

ヴィンチェンツォが建物の所有者チョ・ヨンウンの弁護士だと紹介しても

チョン・スナムは殴ろうとするとすぐ制圧してしまいます。

そしてバベルタワー開発推進委員会長だと紹介したチンピラパク・ソクドを一瞬で両手を結んで

建物の外側にぶら下げます。

そして、チンピラの部下たちに一歩でも動いたら君たちの社長は落ちるからと、

チンピラを脅威した後に、このくらいの高さなら落ちても死なないから。

ところで運が悪く頭からぶつかると君の生涯で最後に見る人が私になるだろう。

と脅迫をします。

ヴィンチェンツォ:バベル建設は、この建物を不法に占有した。

         私はこのゴミのようなことを絶対に許さない!。

         私は必ずこの建物を取り戻すだろうし

         お前らに思い知らせてやるから!

とイタリア語で話してヴィンチェンツォ1話は終わります。

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました