「スタートアップ:夢の扉」4話ー君の手大きい~恋人繋ぎをするダルミ💖ドサン

スタートアップ:夢の扉
スポンサーリンク




「スタートアップ:夢の扉」3話でナムドサン(ナムジュヒョク)と、ソ・ダルミ(べスジ)はお互いに良い心をもって連絡をすることになります💖

二人の関係で計画通りに流れない現実でハンジピョン(キムソンホ)は戸惑います、

結局、ナムドサンを手紙の中の人物に作ってみると決心します。

そして、ナムドサンのつぶれていくサムサンテックもコダで優勝して光が見えてきます。

しかし、「スタートアップ:夢の扉」4話では、サンドボックスでダルミ、ドサン、インジェが会うことになります。

何よりドサンの正体がばれるとダルミはどんな反応をするでしょうか?

「スタートアップ:夢の扉」4話のあらすじレビューをスタートします~~

「スタートアップ:夢の扉」4話あらすじ

スタートアップ:夢の扉

出典:https://www.netflix.com/jp/title/81290293

ー誕生日と願い事

数多い事の中で花札が自分の願いであったのか…ハン・ジピョンはあんまり思い出さなかったですが、ナム・ドサンと一緒に来たソ・ダルミが弁当箱を開けて祝祭日の料理を見ると思い浮かぶ場面がありました。
お盆頃受けたソ・ダルミからの手紙。
ちょうど TVに出ていたお盆のニュース。
そして、ソ・ダルミに送った返信に書いた願い事。
「私の願いは、家族全員が集まって花札をすることだよ」

いきなり毛布がひかれて、いつの間にかハン・ジピョンはサムサンテックのメンバーたち、そしてソ・ダルミと一緒に彼らのそばに座っていました。
ソ・ダルミは今日がナム・ドサンの誕生日だと思っていましたが、
実はハン・ジピョンの誕生日でした。
以前、流すように言った願い事が、今回の誕生日でそれもこのよう形で行われるとはハン・ジピョンは夢にも思ってなかったです。

「まぁ~大したことではないかも知りません。」

私には当然はことが、他人には大事なことになることもある。
花札をする時の記憶が良かったかも知りません。
祝祭日に家族と遊ぶのがとても良かったから、
願い事になったかも知りません。
そうじゃなかったら、当然なことが大変だったからうらやましかったかも知りません。

花札をすることが大したことではないかも知りませんが、ハン・ジピョンには特別な意味がありました。
祝祭日に家族が集まることも、誕生日のお祝いの言葉を聞いた記憶も、ハン・ジピョンには無かったです。
他人には当たり前の事と最初から与えられたものが、ハン・ジピョンにはいずれも簡単なことはなかったからです。
そのため当然なことが大変だからうらやましかったかも知らないというソ・ダルミの話がハン・ジピョンの心に近いと届きます。

ダルミのお祖母ちゃんがソ・ダルミに祝祭日の料理を持たせたのは、おそらくそのようなハン・ジピョンの心を既に知っていたからだと思います。
ずっと前の手紙に書いたその願い事が、実は「花札」よりも「家族全員が集まる」に中心を置いていることを、ダルミのお祖母ちゃんは知っていました。

ダルミのお祖母ちゃんはそのようなハン・ジピョンがかわいそうでありながらありがたいと思いました。
過去の縁を忘れずに再び訪れたことや、今のソ・ダルミを失望させたくないハンジピョンの心。
ややもすると面倒なことになりそうなのに、自分に恩返しをしたと言いながら助けてくれるハン・ジピョンがかなり頼りにばりますね。
しかし、一方で嘘が長くなるほどソ・ダルミが心配ですね。
とにかく、現在の「ナム・ドサン」は、作られた人物だから、いつかは真実を知ることになるはずです。
その時はどうすればいいかな・・・。
空を飛ぶように浮いているソ・ダルミの心がいつか底に落ちてしまい心を痛めることになるかも知らないからダルミのお祖母ちゃんはどんどんハラハラします。

「ソ・ダルミの事心配しないで、おばあちゃん」
「私… … 。守ってあげるから。」

ハン・ジピョンは、ソ・ダルミが持ってきた金錢草に水やりします。
ここがサムサンテックのオフィスであることを知って持ってきた木である。
ソ・ダルミはわからないけど、実はハン・ジピョンは、ずっと前からソ・ダルミに水やりをしたことがあります。
これから芽生える若芽が傷つかないように、寂しくて悲しくならないよう。
15年前に、その年のハン・ジピョンがナム・ドサンの名前で送った手紙は、
乾燥してる天候にソ・ダルミが傷つかないようにダルミのお祖母ちゃんとハン・ジピョンが一緒に分散させた雨水のようなものでした。

最初は本当に、ダルミのお祖母ちゃんに恩返しをする心で始めたことかも知りません。
しかし、今ハン・ジピョンは、本気でソ・ダルミに心が傷つかないように願っています。手紙の中のナム・ドサンに関しても、今置かれた現実にも、あんまり傷つかないで笑えるように。
失敗するような道はそもそも選ばないハン・ジピョンであるが、それのためならちょっと大変な道でもあえて自任して行ってみる気がします。

ー本物はどこに

「私の手が大きい方なのに、あなたの手に比べると赤ちゃんの手みたいだね。」

ソ・ダルミが無関心なふりに手を重ねたとき、そして指の間と間に、その小さな手で
恋人繋ぎをしたとき。
ナム・ドサンは照れ臭かったり胸がドキドキして心臓が止まりそうに感じました。
「あ~~、俺の手が大きかったね。手が大きいのはこんなに良いんだね。」
ソ・ダルミのおかげで初めて感じる感情がナム・ドサンは、改めて不思議で幸せに感じました。
しかし、幸福が大きくなるほど不安な気持ちが徐々に陰を広げていくことも仕方ない。

最初はただ一日だけの嘘だと思いました。
手紙の中のソ・ダルミを失望させたくない心で始めたことだったし、それ以上はありませんでした。
しかし、時間が経つにつれ、ソ・ダルミに対する切ない感情が咲きながらナム・ドサンはときめく一方ちょっと心配になります。

ソ・ダルミがナム・ドサンの誕生日だと知っている日は、実は本物のナム・ドサンの誕生日ではないです。
ソ・ダルミは自分とナム・ドサンがダルミのお祖母ちゃんを介して手紙を送受信したと信じていますが、実際にナム・ドサンはダルミのお祖母ちゃんを見たこともないです。
幼い日ソ・ダルミに力になってくれたという手紙もナム・ドサンが送った手紙ではありません。
過去ソ・ダルミの心を揺さぶってソ・ダルミの心の安息になってくれたすべてのものは本物ナム・ドサンのものではない。
最初は何の感情も感じなかった、この嘘がなぜかますますナム・ドサンは心苦しくなります。
君が知っている私は、君が見ているナム・ドサンは、実際に本物の私じゃない。
そしたら私達の関係を何と定義することができるだろうか。
すべての真実を知った後にも君は今のように私を見つめてくれるかな。

ソ・ダルミを家に送ってあげて、帰ってきたナム・ドサンはハン・ジピョンに車、時計も、着ていた服も返却します。
自分のではないものを返すのが初めてではありませんが、今日はなぜか苦々しいですね
ソ・ダルミに見せてくれたそのすべてのものの中で、真実は一つもないという考えにナム・ドサンは、訳もなく頭が複雑になります。

ハン・ジピョンがくれるという服を受けずに、積善ではなく、投資を受けると言ったのもその理由です。
ナム・ドサンはソ・ダルミを欺いた代価や補償をハン・ジピョンから受けるつもりが全くないです。
それを受けると本当に対価を受けて詐欺を張った結果になってしまうから。
彼はちょうどハン・ジピョンに学びたいと思います。
洗練されたスタイル、事業を導いていくのヒント。
自分がより良い人間になるためのすべてのもの。
それは本当に良い人になってソ・ダルミの前に、そして世界に自分を見せたいナム・ドサンの意志であります。

しかし、アドバイスを求めるナム・ドサンに、ハン・ジピョンは、冷静に言います。
あなたは代表の資質がないと。
ナム・ドサンは、そこから一本持っていたプライドががらがら崩れる感じを受けます。
さらに腹が立つのは、そう言うハン・ジピョンに当然反論すべき根拠を自ら見つからなかったという事実であります。

コダで1位をしたとき、多くの投資家がサムサンテックのオフィスに集まってきた。
最初はこれは何が起こったのだろうと思い舞い上がっていました。
いますぐにでも何かが変わって成り立つと思いました。
しかし、その期待は叶えない事であることをわかるようになりました。
投資家が興味のあることは、サムサンテックの技術力そのものではないということ。
彼らはサムサンテックが自らの技術でどのようなビジネスを企画しているか、その方向性を知りたがっていました。
一言で彼らの素晴らしい技術力よりも、その技術力を介してどのようにお金を稼ぐことかが彼らの主な関心事でありました。
しかし、サムサンテックには、技術力があるだけ、今後これをどのように商品化して事業を続けていくのかの計画が全くなかったです。

ナム・ドサンは苦いですが、ハン・ジピョンの話の意味もしっかり納得していました。
そして、現在サムサンテックに不足していることがいくつかの部分なのかも。
だから悔しいですが、サンドボックスに行くとプロのCEOからの勧誘しろうと言うハン・ジピョンの話にかすかに頭を縦に振るしかない。

自分の足りない所を認めることは痛恨なことである。
しかし、足りない所を認めて、それを打開する方法を模索した瞬間、人は少し良い方向に進むことができる機会を得る。
ナム・ドサンは、自分とサムサンテックの将来のために、何のこだわりも張らずにハン・ジピョンのアドバイスを受け入れます。

ー同伴者

– お母さん、これはどうですか?
「おばあちゃん、おばあちゃん。このような事業はどう?」

たまにソ・ダルミから息子であるソチョンミョンの顔が重なるときに、ダルミのお祖母ちゃんはわけわからない不安を感じたりします。
礼儀正しく直立した息子は、夢が多かっです。
ダルミのお祖母ちゃんはそのような息子を攻めなくて、息子がすることがうまく行けるように祈りながら、常に彼を応援していました。

しかし、息子を失った後、たまにダルミのお祖母ちゃんは考えました。
もしかしたらその時止めさせた方がよかったかな… ?
そうすればその寂しく君を送らなかったのかな?
そのせいなのか孫娘のソ・ダルミが自分の父親のように事業をするために走り回っている姿を見るたびに、ダルミのお祖母ちゃんはもしかしたら、同じことが繰り返されるではないか不安で胸がいたくなります。

ソ・ダルミもそのようなお祖母ちゃんの不安を知っています。
しかし、だからといって不安のために何もしないことは気が済まなかった。
ソ・ダルミには夢があります。
より高いところに上がりたいです。
だから自分を証明したいです。
ナム・ドサンと再会したことも大きな刺激になりました。
同じ年齢ですが、成功した起業家になっているナム・ドサンを見て​​、ソ・ダルミは知らず知らず驚異的な勢いを得ました。
ソ・ダルミは成功したいです。
必ず願い事を叶えて姉の生意気を押してあげて、ナム・ドサンのそばにも堂々と立つことができるような素晴らしい桁人になりたいです。
その切実と努力を神様に届いたでしょうか、サンドボックス1次審査に合格しました。
2次審査のために荷物を包んでサンドボックスに向かうソ・ダルミの心はより一層期待しています。

ところが…アメリカに行ったはずのお姉さんも、私の事業をしているナム・ドサンも、どのような理由なのか皆がその場に集まっています。

「ダルミ。騙してごめん」

新しい夢を開始しようとする場で、ソ・ダルミは見てきたナム・ドサンではなく、本当のナム・ドサンの姿をみます。
慌てる目、勇気のない小さな声、そんなに派手でも高くも見えない服や靴。会社が、投資誘致は受けたこともなく、キャリアとは、最近にコーダで1のものすべてである、サムサンテックと小さな会社のナム・ドサン。

予期せぬ状況の展開にソ・ダルミは驚きます。
しかし、それはナム・ドサンの失望につながら無かったです。
皮肉る姉のウォン・インジェの声はそもそも関心の外です。

誰かにみすぼらしく見せたくない心についてソ・ダルミもよく知っています。
自分も姉と再会したときに開始することもない事業の話をし、15年の間会ったこともなかったナム・ドサンの名前を取り出し出したことがあるからです。
だからこそソ・ダルミはナム・ドサンに怒るより、むしろこのようにナム・ドサンとサンドボックスで出会ったのが、新たな機会かもしれないとの判断します。
信頼できる事業パートナーを会わせてくださいと言う祈りに、神はこのように答えたかも分からないと思いました。
ソ・ダルミは目の前に到着したが予想外の機会を向って先に手を伸ばします。

「ナム・ドサン。サムサンテックCEOで、私を迎え入れてくれる?」

ー選択

過去1回、チャ・アヒョンとソ・チョンミョンが離婚をしていた当時のウォン・インジェとソ・ダルミは異なる選択をしました。
その選択は、以降二人の姉妹の生活を完全に違う軌道に乗せていました。
彼らはずっと自分の選択が正しかった事をこの世と自分に証明するためにある場所で精一杯頑張って生きてきました。

そして2020年、サンドボックス。
ナム・ドサンは、この二人の姉妹の間で選択の岐路にいます。
技術的なサムサンテックのメンバーにウォン・インジェとソ・ダルミ両方が先に手を伸ばしたことです。
キャリアだけで見るとウォン・インジェを選択することが正解だったかも知りません。
ウォン・インジェは、すでに「ネイチャーモーニング」という会社を立派に成功させた経験があるからです。
しかし、ナム・ドサンは悩んだ末ソ・ダルミに向かって手を握ります。
あなたを技術者に迎え入れというウォン・インジェの話よりも、自分をCEOに迎え入れてくれというソ・ダルミの話が事業パートナーを求めるナム・ドサンの心に、より届いたからです。

「スタートアップ:夢の扉」詳細はこちら♪

「スタートアップ:夢の扉」紹介ページ⇒⇒スタートアップ:夢の扉

スタートアップ:夢の扉

「スタートアップ:夢の扉」動画配信+DVDレンタル情報

現在(2020年9月)青春記録を配信しているNetflixは、

80円(新規会員限定)で1か月お試し視聴が可能です。⇒⇒Netflix

  動画配信状況 見放題 お試し期間 月会費(円)
TSUTAYA   ×   - 30日 933~
U-NEXT   ×   - 31日 1990
Hulu   ×   - 14日 933
FOD   ×   - 1か月 888
Netflix   〇   〇 30日 800~1800
DMM
  ×   - 1か月 498~

最後に

ソ・ダルミに会うまで、ナム・ドサンは私の手が大きいことに気が付かなかったです。
手が大きいのが良いことであるのも知りませんでした。
非常に些細なことだが、ソ・ダルミはこのようにナム・ドサンすら知らなかったナム・ドサンの価値を常に発見してくれました。
これからは、その大きな手でナム・ドサンはソ・ダルミの手を握りました。
多分最も良いパートナーは能力のある相手ではなく、、自分すら知らなかった可能性をもたらすことができる相手かも知りません。
一緒にいるときに、お互いをより輝かせする相乗効果を持つような関係。以後つながる事の中では、お互いの手を握った二人の選択がさらにキラキラ輝く結果をもたらすように期待してみます。

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました