スパイ~愛を守るもの~ 7話あらすじ&和訳

 ソヌの母(へリム)はソヌ(ジェジュン)の彼女が北朝鮮工作員であることをわかるようになったようです。

さすが、元スパイだったのでみるめが違いましたね!

ソヌの母(へリム)に自分正体見つけられたユンジン(コソンヒは、

北朝鮮に残されてる自分の家族とソヌ(ジェジュンの間どのような選択をすべきか悩んでしまう

ソヌ(ジェジュン)はギチョル(北朝鮮工作員)の正体を調べるために、過去の北朝鮮要員の
データを分析していた中、チームメンバー(国家情報院の達)ソヌ(ジェジュン)の家に招待したという話を聞いて両親の行動にいぶかしさを感じる

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スパイ~愛を守るもの~ 7話あらすじ♪

スパイ~愛を守るもの~

出典:https://www.kbsworld.ne.jp/program/detail?prSn=1187

7話はユンジンが最初にソヌと出会えた事のシーンから始まります。

皆さんも予想したかも知りませんが、北朝鮮側がソヌを狙ってユンジンをスパイに利用してましたね!

そのうちユンジンはソヌを本気で好きになってしまったし。

いつかソヌの先輩の話が思い出しました。

スパイは心で動かないで頭で動くと言う話はスパイになった人は感情を持っちゃいけないという事ですよね。

なん~~~悲しくなる話ですが、ドラマの内容を訳してみました。

ユンジンの回想シーン1。

(ソヌ(ジェジュン)とユンジン(コソンヒ)の計画された出会い)

ギチョル部下:所持品(中国語)

ユンジンの財布から写真を取り出し燃やすギチョル(北朝鮮工作員)

ギチョル:ソウルで大学に通ていたせいか、すっかりソウルの娘らしくなったな。
     中身まで変わったのかな?
ユンジン:変わってません。
ギチョル:(納得する表情で)ずいぶん待たせたね!これから、、、本当の仕事をしなきゃー!就業ビザ申請しろ。

ギチョル(北朝鮮工作員)ユンジンある封筒を投げる

ユンジン:就業ビザですか?(封筒を開けて中身をみながら)正確にどのような任務なのか話してくだされば・・・
ギチョル:(あざけるように笑いながら)絵を描くのはドンム(北朝鮮言葉でお前に意味)の仕事じゃない…考えた瞬間危険になるということ学ばなかったのか?
ユンジン:申し訳ありません。
ギチョル:正確な日時は、後で通知する。
(行きかけて振り返りながら)
ギチョル:あ、それから、あまり慌てないで。絵は全部描き終わっているから。
(計画済みと言う意味の会話ですね。ここでギチョルはドンムと言う言葉を使います。以前も何回か出てきましたが、その意味を説明させていただきます。元々の意味は友達の意味ですが現在北朝鮮ではの意味で自分より身分が下の人か目下の人に良く使います。自分より上の人にはドンジと言います)

ユンジンの回想シーン2

(ソウル入国管理局事務所)

ユンジン:就業ビザ申請に来たのですが。
職員:少々お待ちください。(電話を受けながら)は、そうですが?(ユンジンを見ながら)はい、ありがとうございました。

職員:イユンジン氏、不法滞在に偽造旅券だという匿名の通報がありました。
ユンジン:そんな・・違います。放して・・・
職員:ホントかウソかは調査すればわかるでしょ。調査員側に連絡しろ。

ソヌ:確実でない通報で犯罪者扱いしていいのですか?
職員:分っているじゃないですか?最近産業スパイの件で・・
ソヌ:それでなくても今捕まえて渡してきたところなんですが、この印鑑、本人が直接押したので間違いないでしょう?私にも匿名の通報があって。
職員:え、どうしてこれが

ソヌ(ジェジュン)を見ながらギチョルの話が思い出したユンジン

ギチョルの声だけ『あ、それから、あまり驚くな絵は全部書いてあるから』

ユンジンの回想シーン3

ソヌ宅に初めて招待された日、ギチョルと通話中のユンジン

ギチョル:家の構造を忘れずよく調べるんだ。家族の歓心を買えればもっといいし。勘のいい女だから注意するように。
(ユンジンが電話を切るとしたら誰かの声が聞こえる)
ウンソク(ソヌ父):イユンジンさん?
ユンジン:あ!お父様。

ユンジンノ回想シーン4

ユンジンのアパートでカレーを食べた夜

ソヌ:はい。わかりましたすぐ出かけます。すぐでなきゃ。
ユンジン:どこに行くの?
ソヌ:会社。明日大事な仕事があってさー、ちょっと大きい仕事だから今から準備しないと。
ユンジン:なら、危険な仕事なんじゃないの?あなた内勤になって危険な仕事はしないと言ってたじゃない?
ソヌ:危険な仕事じゃないよ。それをする人は他にいて、僕はことがどう動くか後ろから見守るだけさ。

ソヌを見送りギチョルに連絡を入れるユジン。

ユンジン:明日、大事なな作戦があるそうです。
ギチョル:明日?
ユンジン:あの…もしかしてキムソヌが怪我をしたり・・・
ギチョル:そんなことは無い。キムソヌは安全なはずだ。

ユンジン回想シーン5

ユンジンのアパートでニュースに見入るソヌ(ジェジュン)

アナウンサーの声:警察によれば殺されたチョ某女性はボイスフィッシング組織で引出の仕事をしてきており、警察は今回の事件を中国同胞間の金銭的な葛藤で起こった物とみて事件を調査しています。

ニュースの内容を聞き、自分のせいで友人が死んだことを知るユンジン。

ユンジンが北朝鮮スパイって事を確実に確認したソヌの母はユンジンにソヌから離れる事を話しますが、

ユンジンは本気でソヌ(ジェジュン)を愛してるから信じてくださいとしながら訴えます。

ソヌの母(へリム)は自分と同じような事をしているユンジンがかわいそうに見えるけど、

自分の息子であるソヌの為にはそんな

二人の会話を訳してみました。

ユンジンの家でユンジンを待っていたソヌの母はずっとベールがなってる携帯電話を持っていた。

ソヌ母:でなくていいの?待っていた電話でしょ?

ユンジンは電話で出れなくて緊張した顔でソヌの母を観てる。

ソヌ母:私たちの時は孤児だけを選んだわ。
守りたいモノがあると必ずステップがこじれて尻尾を捕まえてしまうの。
ユンジン:今は家族のいない人は選ばれません。
守るものがなければ戻ってこないから。

ソヌの母がユンジンに携帯電話を渡そうとしながら

ソヌ母:これが、お前が守ろうとしている人たちなの?
ユンジンは何も答えずに携帯をもらろうとしてソヌの母に近づいていくが、ソヌの母は携帯を渡さない。

ソヌ母:目的は何?
ユンジン:、、、私は、ソヌさんのそばにいろという指令を受けただけです。
ソヌ母:ファンギチョル、、、ソヌに何を望んでいるの?
ユンジン:私もはっきり分かりません。お母様も知っているじゃないですか。
     私たちみたいな人達は、ただ、命令された通りに動く消耗品だけで・・・

(ユンジンの話が終わる前にソヌの母はユンジンの頬を叩く)

ソヌ母:消えて!二度と私の家族の前に現れないで。
ユンジン:、、、お母様。
ソヌ母:そんな風に呼ばないで!
ユンジン:(泣きながら)信じてくれないと思うし、信じたくないでしょうが・・
     私、、、本気でした。
ソヌ母:本気?
ユンジン:本気になったらダメなのに、本気になってしまいました。
     ソヌさんに対する心だけは・・
ソヌ母:やめて!聞きたくないし、聞く必要もない!

ユンジン:本当です。お母様。私、ソヌさんを愛しています。
      1日に何回もソヌさんに何か起きるんじゃないかと、、、

ソヌ母:黙れ!愛していると言いながら、どうしてこんな外連味をするのがの!
ユンジン:お母様は?
ソヌ母:なんですって?
ユンジン:お母様もソヌさんを騙しているじゃないですか。なら、お母様の心も偽物ですか?違うじゃないですか。
ソヌ母:お前とは違うわ。私はソヌを守るために・・・
ユンジン:私も同じです!ソヌさんを守りたくて、隠して騙して回者の役割をしています     。…もう、、、自分がどっちの人間なのかもわからなくなりました。
     ソヌさんにも祖国(北朝鮮)にも、だんだん許されない人間になっていくのに     ・・一体何をどうすればいいのか、自分でもわからなくなってしまて、、、

ソヌ母:ファンギチョルにはお前の正体が私にばれたことは言わないで、それがお互いのために良いと思うわ。それから、離れて!逃げようが、ほかの任務をしようが・・・もう、今の任務は辞めなさい。

ユンジンの携帯をテーブルに投げたソヌの母

ソヌ母:ソヌには言わないから、、、これが私にできる最後の事だ!

スパイ~愛を守るもの~視聴方法

  動画配信 お試し期間 利用料金 ポイント還元
U-NEXT   〇 31日 1990円 600円
TSUTAYA   〇 30日 933円~ 1080円
dTV   〇 31日 500円  
FOD PREMIUM   〇 2週間 888円  

最後に

翻訳がおかしい所があれば修正しますので、遠慮なコメントを残してください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




Translate »