「スタートアップ:夢の扉」5話ーあらすじ+感想

「スタートアップ:夢の扉」5話ーあらすじ+感想 スタートアップ:夢の扉
スポンサーリンク




「スタートアップ:夢の扉」5話では、放送では、スタートアップの成長を助けてくれる夢の中心に入居するための関門が始まりました。
48時間以内にチームを構成して、新しいビジネスモデルを構築し、
3分ピッチングで審査委員を引くするハッカートンが開かれました。
サムサンテックのCEOソ・ダルミは跪事まで拒まない方法で、プレゼンテーションに必要なデザイナージョン・サハ(ステファニー・リー)を迎え入れてきました。

お互いのパートナーとなったソ・ダルミ(べスジ)とナムドサン(ナムジュヒョク)が韓国のシリコンバレー進出に成功できるでしょうか!
今から「スタートアップ:夢の扉」5話のあらすじを紹介します~~

「スタートアップ:夢の扉」5話あらすじ

スタートアップ:夢の扉

出典:https://www.netflix.com/jp/title/81290293

ソ・ダルミーナム・ドサンー

ナム・ドサンはソ・ダルミへの心がますます大きくなっています。
ハン・ジピョンの代わりだった自激之心と手に関するソ・ダルミとナム・ドサンの異なる感じが異なる場所でそれぞれ表現されます。
しかし、お互いに願い事が生じたという共通点にまだきつかない二人です。
ナム・ドサンはソ・ダルミが覚えているナム・ドサンへの良い記憶の中で唯一、
自分への記憶は手というもの心が痛いけど、ナム・ドサンが知らない間にソ・ダルミは手に関する良い思い出を積みました。

ナム・ドサンーハン・ジピョン

ハン・ジピョンは、嘘がどこまでばれがむしゃら心配中です。
ナム・ドサンとの対話を通じて手紙は安全である事実を確認します。
(寝ても覚めてもソ・ダルミ心配ばかりするハン・ジピョンが本当に面白くて、
ナム・ドサンの不平を言うのがますますひどくなる気がします。)

サンドボックスでぴったり合った三人。
ソ・ダルミはハン・ジピョンにおそらく嘘の真意を把握したかったようですが..こそこそお互いの顔色を見る二人の男の姿が映し出されてハン・ジピョンは、ゴッソリ避けてしまいます。
一方、サムサンテック友達と縁があるように見える双子が現れます。
AIが優れた実力を持つ兄妹に見えますが、また、ウォン・インジェチームに・・・

イ・チョルサンーキム・ヨンサン

ソ・ダルミはスペックの不足を感じ、新しい人材を迎え入れのためにひと肌を脱ぎます
彼女のレーダーにぴったりかかった書店の彼女、ジョン・サハ。
手強い相手のジョン・サハのどの部分を動かしたのかわからないけど、幸いなことにサハがデザイナーとしてサムサンテックに参加してチョルサンとヨンサンにはグリーンライトがつきました。 ^

サンドボックス12期入居をかけたハッカートーンが開始されました。
サンドボックスで提供されるいくつかのデータを見てアイテムを選定に悩むサムサンテック。
ソ・ダルミの整えないけど彼女の選択は失敗には見えないです。
偽造字を鑑別するためのアルゴリズムの開発に道を決めたサムサンテック。
しかし、これを覗きはウォンジェの双子の開発者はまた、同じテーマで準備を開始します。
(ウォンジェのチームはウォンジェのような人たちだけが集まるようですね!)

アルゴリズムの精度が落ちて苦労をしているサムサンテック。
鋭い雰囲気の開発チーム。
ソ・ダルミの意見をすべて聞かなくてもナム・ドサンこれは違った。
AIに関することをよくわからなくても、コアをわかるソ・ダルミの意見が、彼らがプログラムを完了させる突破口になってくれました。 ^^

ソ・ダルミーウォン・インジェ

たまたまサンドボックスで出会ったウォン・インジェはまた、選択の問題と結果に関して言います。
ウォン・インジェはクールなふりをしてサムサンテックとウォン・インジェチームが同じデータを利用していることを流しソ・ダルミはプレッシャーを感じます。

チェウオンドク(ダルミのお祖母ちゃん)ーチャアヒョン(ダルミ母)ーハン・ジピョン
ダルミのおばあちゃんはソ・ダルミが心配でサンドボックスに寄ってチャ・アヒョンと出会います。
ソ・ダルミの子供の頃は気にしたのか?
大学に合格したが、授業料が足りなくてホットドッグ店を売ったとおばあちゃんが言います。
しかし、ソ・ダルミは、大学をやめて仕事をしておばあちゃんにホットドッグのトラックを買ってあげたと言います。
偶然この会話を聞いたハン・ジピョンは胸が痛くなります。

チェウオンドク(ダルミのお祖母ちゃん)ーハン・ジピョン

ソ・ダルミとおばあちゃんの話を聞いたハン・ジピョンが心も痛いですが心を隠してジピョンはダルミのお祖母ちゃんにその時のことに関して聞きます。
すでにジピョンがあまりにも優しい人である事をよく知っているダルミのお祖母ちゃんには本気が見られます。
もっと早く会ったらあれもこれもしてあげることができたのにと言うおばあちゃんに話にに涙を流します。

サムサンテック内部では、ソ・ダルミのピッチングの葛藤がピークになります。
事業の理解度が落ちるソ・ダルミのピッチングより誰か別の人がしようという意見が入り乱れてのうち、またハン・ジピョンが入ってきます!
彼らにハン・ジピョンの投資というオプションをつけます。

ソ・ダルミは偽造字を鑑別するためのアルゴリズムを開発したサムサンテックのピッチングをよく仕上げてウォン・インジェは、同じデータにフォントを開発しましたが、商業はフォント開発もそう手強くはないようです。
サンドボックスの審査員だったのか。ウォン・インジェの継父の姿が映ります。

ウォンドゥジョン会長

ウォン・インジェの継父ウォン会長の突然の介入で対決構図になってしまったサムサンテックとウォン・インジェチーム。
ウォン・インジェチームが開発したフォントを果たしてサムサンテックのアルゴリズムは偽造と判別することができるだろうか?

その時刻、ソ・ダルミはハン・ジピョンの嘘が理解できず、彼に理由を聞いて、
ハン・ジピョンが何かぐずぐず話をする瞬間ナム・ドサンが嬉しい知らせを持って来ます。
サンドボックスに合格したというニュース。
サムサンテックの合格には、彼がいた。アレックス

アレックス

ナム・ドサンの家を訪ねたアレックスは、いざナム・ドサンには会えないです。
ナム・ドサン両親のおもてなしとあれこれ話を聞くアレックス。
酔ったナム・ドサンの父さんは自分も知らないうちにナム・ドサンの悪口を言い始めます(笑)
ナムドサンのお父さんの話の中で彼の魅力を感じたアレックスはそれを掴みます。

ソ・ダルミの整えてない眼目を見せてくれましたね。
スタートアップという背景の専門知識が足りないソ・ダルミに少しは蓋然性のある背景をつけてくあげて、自激之心にまで見えたウォン・インジェに負けたくない気持ちは闘志と呼ばれる別の色の翼をつけました。
父との生活で受けた遺産のような先を読める能力と大胆な気質を見せてくれた気がします。

「スタートアップ:夢の扉」5話の感想

1.欲

他人を泣かせて勝より、むしろれることがナム・ドサンは楽でした。

ナム・ドサンは幼い頃オリンピックで最年少で金賞を受賞したが、首相のメダルは持っていません。
受賞できなかった他の学生にそのメダルを譲ったからです。
オリンピアード受賞後には、優れた実力で中・高等学校のコースをスキップし、すぐ大学に入学したが、卒業まではできませんでした。
自分より年上の学生に配慮して、いつも間違った答えだけ書いたからです。
同年代の友達とかけっこをするときにも同じでした。
ナム・ドサンはしばらく前で走るがスピードを遅らせ友達に順位を譲ってあげたりしました。
しかし、彼はそのような選択に後悔はなかったです。
むしろ、自分より前に走っていく友達を見ながらナム・ドサンは微笑みました
いつものように、人を泣かせるより、むしろ負けた方が、より心が楽でした。
しかし、今、サンドボックスでは、少し立場が違います。

ジョンハン銀行の手書きデータを持っているマシンラーニング技術を利用した偽造手書き感情プログラムのアイデアを出したのは、ソ・ダルミでした。
ナム・ドサンはソ・ダルミが出したアイデア、勢い、動きを見ながら、今まで自分がサムサンテックの代表として会社を引っ張ってきた過去を暴いて見ることなります。
代表としての資質がないと言ったハン・ジピョンの話はしつこくナム・ドサンを苦しめる記憶の一つです。
もちろんナム・ドサンもソ・ダルミがサンドボックスハッカートンで見せてくれるCEOとしての活躍が素晴らしくて誇らしいです。
しかし、その一方で、ソ・ダルミを眺める視線の先に不安がしがみつきます。
私は私の席にいたならあんなにできるかな。
もし、あんなにすることができない人であれば、私にできることとは一体何だろう。
負ける事が、いつも気が楽だったナム・ドサンは今まで感じたことのない成果へのの焦りを感じています。

彼はソ・ダルミに負ける気がして不安なのではないです。
ただしナム・ドサンはソ・ダルミも、サムサンテックのメンバーたちにも堂々なりたいです。
そうなるためには、ある程度の成果は、少なくとも自分の分け前を立派にやり遂げたことを見せる成果が必要でした。
その意味で、ウォン・インジェカンパニーで作った新しいフォントをサムサンテックのシステムで偽造鑑定になったのは大きな冒険でしたが、一方では、チャンスでもありました。
うまくいけばサムサンテックの技術がかなり精密なレベルの偽造筆跡まで鑑定できる事を証明することができました。
それほどナム・ドサンは焦りました。
どんな瞬間より切ない心でした。
しかし、神は今度は彼の味方ではありませんでした。
サムサンテックのアルゴリズムは、ウォン・インジェカンパニーのフォントをろ過できなかった。
これにより、ウォン・インジェカンパニーが手書きを真似したフォントは、より価値を認められることになり、サムサンテックはソ・ダルミが光るピッチを見せたにもかかわらず、技術的な面では比較的に認められない位置にさらされました。

(ドラマは、この部分では、ナム・ドサンが折ったボールペンに注目します。)

何かを証明する機会を飛ばしてしまったナム・ドサンは自分も知らないうちに片手で握っていたペンを真っ二つに追ってしまいました。
それはただ怒りの表現ではなく、ナム・ドサンの内面で起きた変化の象徴でした。
いつも負けるのが楽だったナム・ドサンは、初めて誰かに勝ちたいという気持ちになりました。
代表としてではないなら、自分がうまくできる事を通して自分に毒舌を飛ばしたハン・ジピョンにも、自分を信じてくれるソ・ダルミや友人にも、自分が何ができるかを彼は認められて、見せたかったです。
しかし、最初の誰かに勝ちたかった、その心は、この場で一度折れました。
同時に住んでいる間、思いやりあふれる性格で、いつも下側にあった勝負欲と認め欲求のようなものがナム・ドサンの内面から動き始めました。

他人に配慮するナム・ドサンの性格は、彼が持っている人間の利点でありながら、一方では、決定的な瞬間にナム・ドサンを達成から後ずさりするようにさせる障害でもありました。
しかし、ハン・ジピョンとソ・ダルミとの出会い、
サンドボックスの進出などの過程を経て、彼は大きな過渡期を迎えています。
新たに芽生え始めた彼の欲が潜在していた彼の真価をどのよう示してか期待できる部分でもあります。

2.メント

ハン・ジピョンは、ソ・ダルミが貧しい環境で大学に受かったのに入学できなかったことを分かるようになりました。
それはハン・ジピョンの中にいたソ・ダルミに対する責任感となぜか分からない負債感のようなものをもう一度触れます。
ハン・ジピョンが大学に行って、今の位置に上がることができるベースになってくれたのはダルミのお祖母ちゃんの資金を投資して得たお金でした。
お金を投資した人は、ハン・ジピョンですが、厳密に言えばダルミのお祖母ちゃんの財産をハン・ジピョンがむやみに使用したものだった。
もし、その時、そのお金を途中でダルミのお祖母ちゃんが使ってしまったらどんな結果になったのかな。
そしたら、自分ではなくソ・ダルミが大学に入学できたかも知らない。
心が複雑になったハン・ジピョンは、ダルミのお祖母ちゃんに尋ねます。
その際あのお金を自分にすべてくれた事を後悔したことないのかと。
ダルミのお祖母ちゃんは、その質問には、彼の目にはまだ幼く見えるハン・ジピョンの顔をじっと見つめます。

「後悔したことなくても、惜しいのはあった。
優しい君にもう少し早く会えたらよかったじゃないかなと思った。
そしたら、祝日に花札も一緒にやって、
遠足行くときのり巻きも作ってあげて、
君を下目線で見る人がいれば… … 。そいつの親に会って
子共にもっとしっかり教育をさせなさい!と言いながら戦ってあげたのに。
親の役割まではできなくても、
仲良しのお隣のおばあちゃん役はしてあげたのに… … 。それが少し惜しい」

ダルミのお祖母ちゃんの心が込めた話に、ハン・ジピョンは、寂しくて悲しかった子供の頃をそのまま慰めた気持ちを感じます。
以前も同じだった。
ダルミのお祖母ちゃんと過ごした1年の間にハン・ジピョンが得られたのは、ただのホットドッグ屋の部屋一間ではなかったです。
それは親がいなくて一人で育つ間簡単に感じることができなかった、他の暖かさ、大人の世話のようなものだった。

ダルミのお祖母ちゃんは鋭く冷たかったハン・ジピョンの幼い日に暖かさをプレゼントしてくれた人です。
時には間違ったことまで包んでくれて、大変な瞬間にいつでも訪ねても両手を広げて抱きしめてくれる子供の頃のハン・ジピョンがただ一度も期待したことはなかった穏やかで優しい愛情を…
したがって、ハン・ジピョンは、ダルミのお祖母ちゃんのためにもソ・ダルミが失敗したり、失望することは何があっても防ぎたいです。

さらに珍しくも、どんな理由かは分からないが、ハン・ジピョンはしきりにソ・ダルミの事を考えるようになりました。
ひょっとして、過去の真実を知って失望するか、心配していた心はもうハン・ジピョンに習慣のようなものがなりました。
ソ・ダルミが行く所ならどこでもハン・ジピョンの視線が付いていて、ソ・ダルミが動くところに向かってハン・ジピョンも後からででした。
ソ・ダルミはハン・ジピョンが物心両面の後ろで自分を助けているという事実を知ら分かっていないです。
ずっと前に自分を慰めてくれたメールの主人公がハン・ジピョンであるとは夢にも知らないように。
ハン・ジピョンの助けと慰めは、今もナム・ドサンの後ろに隠れています。

そもそもハン・ジピョンは、これを露出考えがなかった。
しかし、時間が経つにつれ、ソ・ダルミがどんどん考えるようになると、
また、ソ・ダルミとナム・ドサンがますます親しくなるほどハン・ジピョンは、何か妙な気分になります。
もし15年前にあなた慰めたその手紙の主人公が自分であることを明らかになるとどうなるかな。
もちろんハン・ジピョンが、あえて真実を明らかにしようするその心はまだそれほど強くはないです。
まだハン・ジピョンは、後ろからソ・ダルミを守り助ける、文字通り「メント」という名の下に自分の役割をつけています。
サンドボックス入居が決定した瞬間、明るく笑ってナム・ドサンを抱え込むソ・ダルミをじっと見守って背を向けることが、今のハン・ジピョンにできる事です。
しかし、ドラマはソ・ダルミを追うハン・ジピョンの視線を通じ、眠っているソ・ダルミのそばで静かに座ってみるハン・ジピョンの姿を通じて、彼の心に少しずつ変化が起きていることを示しています。

ソ・ダルミがナム・ドサンにあげたゼリーをハン・ジピョンが取ったとき、ナム・ドサンはガッチリそれを奪いました。
私のです。
5話でのハン・ジピョンは、驚いた表情でそれを奪われました。
しかし、もしストーリーがハン・ジピョンがナム・ドサンにそれは最初から自分のだったと厳しく言うときが来るならどうなるのかな。
最初からソ・ダルミが会いたかったナム・ドサンは、君ではなく、私だった、一歩遅れてもすべてをもとに戻したい日がくるなら。

3. ソ・ダルミの成長

ヨンサンとチョルサンは、ソ・ダルミが高卒であることを知って、彼女を代表として信頼できるのかに疑問を持ちます。

AI会社の代表が高卒だという事はありえないと言うのが彼らの要旨です。
彼らが学歴やスペックに敏感なのは、彼らがそれに数えきれないほどの差別を受けてきたわけです。
それが不適切な態度というものを知りながらも、自分たちが経験したのをそのままソ・ダルミに踏襲しているのです。

しかし、ソ・ダルミは、このような彼らの懸念を、自分の能力を見せることで、信頼に変えます。
これはソ・ダルミがドラマの序盤、会社生活をするとき見せてくれた姿と重なります。
同社は、ソ・ダルミが高卒であることを問題にして毎回ソ・ダルミを非正規職にのみ採用しました。
しかし、ソ・ダルミは毎回そのような会社で成果を出して、自分の能力を証明しました。
会社もソ・ダルミが有能な従業員であることを分かっています。ソ・ダルミが会社で正社員になれなかったのは、ソ・ダルミの能力が不足だからではなく、同社のシステム自体が能力だけで従業員を評価しないという事にありました。

その意味で、サンドボックスは、ソ・ダルミにチャンスの場に違いない。
もちろん、この中でもスペックは、個人が自分の能力を証明する道具として使われたりもする。しかし、それよりも先に評価されるのは、自分が持っている潜在能力を発揮し生み出す成果です。
ソ・ダルミは失敗しても、簡単に挫折する性格でもなく、
自分の恐怖を自ら超える覇気、そして必要に応じて体面を削ってでも欲しいものを得る執念まで備えいます。
彼女のそんな面は、サムサンテックチームにデザイナーを迎え入れる際にも、サムサンテックが作った技術をピッチする際にも便利な使われます。

ソ・ダルミは知っていました。
本物のプライドは、ひざまずく時折れることではないという事を。
本当に自分のプライドを守る方法は、自分の位置で堂々と立って世界を見下ろす姿勢ではなく、時には走りながら転んだり度々失敗を経験しても、本人がした選択を決して後悔しない信念。
過ぎ去ったことに未練を持ったり近づいた試練のせいにするより、そのすべての過程を介して、より遠くを見つめて歩いていくことができる大胆な心。

ソ・ダルミがウォン・インジェに勝ちたいのはウォン・インジェが憎いからではない。
自分の選択を正しいものにするためにソ・ダルミが選択した人生を不正解に扱うウォン・インジェの態度に我慢できないからです。
ウォン・インジェが過去の事をきつく言うことは、亡くなった父の申し訳ない心を自ら合理化するためにかも知りません。
それたとえ感情的には間違った選択だったとしても、自分の人生全体の幸せな部分だけを見ると、正しい選択だったことをウォン・インジェも証明したいのかもしりません。

だからこそソ・ダルミはこの戦いで負けたくないです。
ソ・ダルミが生きてきた過程でお父さんが残したすべてのものは何よりも鮮明な正解だった。だから見せなきゃ!
私の答えは、人生は、決して間違ったことがないということを。

4.手

前話でソ・ダルミはナム・ドサンが好きないくつかの理由を語った。
ナム・ドサンは、その理由を聞いてかなり落ち込みました。
その理由は、全部が自分ではなく、過去のハン・ジピョンに向けたものだったからです。
初恋であること、過去に交わした手紙が大きな慰めになったこと。
もしそれすべてが、実際には、自分ではなかったことを知ると、この関係は続くことができないだろうか。
すでにソ・ダルミを好きになった彼は、このすべてのことが心配です。しかし、その多くの理由の一つ、本物のナム・ドサンに向けたものありました。
手!!
ソ・ダルミはナム・ドサンの大きな手が素晴らしいと言いました。
ナム・ドサンは、最初にその手が大したことではないと思いました。
手だけが自分に向かって理由のすべてというのは、彼をさらに苦いにさせました。
しかし、ヨンサンは言いました。
人間の脳が発達し始めたのは、手を使ってからだった。
一見で手は大した意味がないように見えるかも知りません。
しかし、その大した意味がない手一つが後に続く巨大なすべての始まりになることもあります。
ソ・ダルミがウォン・インジェの前ナム・ドサンが自分を選択し、その瞬間をナム・ドサンの「大きくて素敵な手」の姿で記憶にされたように。

5話の最後、ナム・ドサンは、サンドボックス入居に成功したことを喜んで自分に抱かれたソ・ダルミを両手で抱きしめました。
先、ボールペンを折ったその手で。
今までとは違って欲を持つようにされたナム・ドサンが砂の上でソ・ダルミのブランコを遠く、高く、押してあげるようになるんじゃないか。
加えて、それを介して自分ももっと遠くを眺めることができないかと、期待にする場面だった。

サンドボックス入居が確定され、主人公は異なる局面を迎えました。
それぞれの位置で、お互いの手を絡めていき始めた彼らの動きは、今後どのような変化を見せてくれるでしょうか。

「スタートアップ:夢の扉」詳細はこちら♪

「スタートアップ:夢の扉」紹介ページ⇒⇒スタートアップ:夢の扉

スタートアップ:夢の扉

「スタートアップ:夢の扉」動画配信+DVDレンタル情報

現在(2020年9月)青春記録を配信しているNetflixは、

80円(新規会員限定)で1か月お試し視聴が可能です。⇒⇒Netflix

  動画配信状況 見放題 お試し期間 月会費(円)
TSUTAYA   ×   - 30日 933~
U-NEXT   ×   - 31日 1990
Hulu   ×   - 14日 933
FOD   ×   - 1か月 888
Netflix   〇   〇 30日 800~1800
DMM
  ×   - 1か月 498~

最後に

ソ・ダルミの整えてない眼目を見せてくれましたね。
スタートアップという背景の専門知識が足りないソ・ダルミに少しは蓋然性のある背景をつけてくあげて、自激之心にまで見えたウォン・インジェに負けたくない気持ちは闘志と呼ばれる別の色の翼をつけました。
父との生活で受けた遺産のような先を読める能力と大胆な気質を見せてくれた気がします。

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました