ヴィンチェンツォ4話ー星よ沈めて!夜明け前に私は勝利するのだ

ヴィンチェンツォ4話ー星よ沈めて!夜明け前に私は勝利するのだ ヴィンチェンツォ
スポンサーリンク




ヴィンチェンツォ3話で、ヴィンチェンツォとホン・ユチャンに

トラックが突っ込んで二人は事故に遭い、倒れました。

二人は無事でしょうか?

ストーリーの流れ上、チェ・ミョンヒのジ死にに見えますが、

一体だれがこんな残酷な事をやったでしょうか!

ヴィンチェンツォ登場人物関係図

ヴィンチェンツォ登場人物関係図

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヴィンチェンツォ4話あらすじ

ヴィンチェンツォのアドバイスで父に会いにきたホン・チャヨンはその事故現場を目撃します。

トラック襲撃を受けたヴィンチェンツォは意識不明の状態になり、

ホン・ユチャンは死亡してホン・チャヨンは嗚咽しました。

そんなホン・チャヨンの悲しみよりもっと辛いことは、

彼女のお父さんであるホン・ユチャン弁護士の名誉を汚したバベルグループの横暴でした。

テレビでは、死亡したホン・ユチャンを人権弁護士としながら裏で偽証と金品を要求したと

ホン・ユチャンの名誉を毀損させました。

そのニュースを見ながらチェ・ミョンヒは喜びのダンス中でした。👈(ひどい人間)

「藁法律事務所」の事務長も出勤したが、ホン・ユチャンの死亡が信じられなくて、

涙を流しながら事務所の中に入れなかったです。

しかしながらホン・ユチャンに助けを受けた多くの人たちは、

そのニュースを信じずホン・ユチャンを追悼しました。

ホン・チャヨンはそのような父ホン・ユチャンの葬儀を無事行って、

彼女のそばにはいつものようにチャン・ジュヌがいました。

バベル新薬承認を受け

バベル新薬は食品医薬品安全庁に承認を受けて、副作用がない夢の鎮痛剤として好評を受けました。

バベルグループ会長チャン・ハンソは今回大功を立てたチェ・ミョンヒに大きな関心を示し、

ウサン法律事務所の代表ハン・スンヒョクは嫉妬する姿を見せました。

父の遺品を整理していたホン・チャヨンは父ホン・ユチャンが自分の写真の後ろにメッセージを

残したことを分かるようになり、一つ一つ読んで恋しがっていました。

ホン・チャヨンはお父さんの事務所である「藁」法律事務所を廃業しようとしました。

入居者達も心配しながら悲しんでいました。

一方、ホン・チャヨンは10日間目覚めていないヴィンチェンツォの病室を訪ね、

現状の不平を言うので突然ヴィンセントが覚ましました!!

「お父さんがなくなって10日目で、同時に名誉は汚れて・・・今日、藁法律事務所を片付けたけど・・・自分は何もせ入れされてないです。単純事故だと言うのも信じられない・・・だからなんでもやってみようと思いますが、証拠もなくどこから始めればいいのかもわからない・・・」

涙を流しながら彼女は話を続けました。

「泣かないと決意したのに・・・早く目を覚まして何か言ってください!イライラしておかしくなりそうです!!あなたの話を聞くために1人部屋と治療費も払っているのよ!!1人部屋ってドンだえk高いか分かりますか!!」

といきなり叫ぶと、ヴィンチェンツォが返事をします。

「銀行に先に行こう!」

「ネットバンキングで振り込んでいいわよ」

急に目を覚ましたヴィンチェンツォの姿の驚くホン・チャヨンに、

昨日の意識を取り戻したと言って、ホン・ユチャンを追悼しに生きました。

ホン・ユチャン弁護士の墓の前で過去を思い出します。

「家の娘は心を入れ替えればいい弁護士になれるのに・・・もう、時代が変わったから僕のように正義だけ考える弁護士はもう通じなくなりましたね!厳しくて、強くて、する賢く闘わないと悪い奴には勝てなくなりました。それにはホン・チャヨンがピッタリなのに」

と言うホン・ユチャンにヴィンチェンツォは直接言えばいいじゃないですか?」と聞くと、

ホン・ユチャンは「彼女は僕の話を全く聞きません!いつか、その時が来ると・・・いえるかな!

もし、僕が言えなくなったらヴィンチェンツォ弁護士が伝えてください」

ヴィンチェンツォはホン・ユチャンと話したことを考えながらホン・チャヨンを見つめます。

ヴィンチェンツォは、事件を再調査するというホン・チャヨンに

変わるのは何もないから何もしないように警告しました。

そうしてホン・チャヨンはバベル新薬開発チームから逃げた研究員ユ・ミンチョルが死体で

発見されたというニュースを聞いて、何かあることを推測しました。

ホン・ユチャンの死にグムガプラザ入居者達は不安で

ヴィンチェンツォの移住約束をしがみつきました。

ヴィンチェンツォは後で話そうとしましたが入居者達は執拗に確答を望んで、

それに怒ったヴィンチェンツォはできる事は疑いと不平しかできないのか!と言いながら

そんなに信じられないなら、他の弁護士に頼んでと厳しく言いました。

このとき、バベル建設側のチンピラパク・ソクドが現れていい雰囲気だと皮肉言って、

自分と補償問題を協議しようと入居者達に言いました。

ヴィンチェンツォはもう入居者達を保護せずにパク・ソクドを無視して、立ち去りました。

ホン・チャヨンの決意

ホン・チャヨンはウサン法律事務所の体表ハン・スンヒョクを訪ねバベルグループと

ウサン法律事務所が一緒に父を死亡させたことを疑って辞表を提出しました。

ハン・スンヒョクは引き止めしましたが、チェ・ミョンヒはやめさせればいいと言いながら、

むしろ父娘がうちらを裏切ろうとしたけど、上手く出来なかったんじゃないの!

今までは、同じ法律事務所で働いたから許してあげたけど、

これからそんなことは一切ないと言って余計な事をないで!と警告しました。

チェ・ミョンヒは「ふざけるな!」

ホン・チャヨンが大好きなチャン・ジュヌも辞めるホン・チャヨンを引き止めました。

「このままやめるともう絶交だよ!」と叫びますが、ホン・チャヨンは軽く無視しやめました。

ウサン法律事務所を止めると車もマンションも返さなきゃいけないホン・チャヨンは

父の家に引っ越しをして、結局チャン・ジュヌが手伝います。

ヴィンチェンツォの憤怒

一方、ヴィンチェンツォはホン・ユチャンの名誉を汚すニュースに怒り事故が起きたお店に行って、

そこで事故を起こした人を思い出して、複数の決意しました。

注射器がいっぱい刺されてある枕

出典:https://sara8282.tistory.com

ヴィンチェンツォはチョ社長に電話をかけて何かをお願いしており、

チャン・ハンソの部屋には注射器がいっぱい刺されてある枕が置かれて驚かせました。

多分、ヴィンチェンツォがチョ社長に頼んだことではないでしょうか!

ハン・スンヒョクはチェ・ミョンヒはハン・スンヒョクの事務室で

チャン・ハンソがやられたことで犯人が誰なのかを悩んでいます。

そこにはチャン・ジュヌも一緒です。

チェ・ミョンヒは、ハン・スンヒョクの机に座っているチャン・ジュヌに

「そこで何やってるの?」と聞いて、ハン・スンヒョクのPCを治していると言います。

二人は悩んで末、確実に犯人を特定できなかったハン・スンヒョクはチェ・ミョンヒの

アドバイス通り、最も有力な容疑者であるホン・チャヨンを名指しました。

ハン・スンヒョクはそれはひどすぎですよ!と言いながら、

密かにチャン・ハンソに電話をかけて情報を流します。

チャン・ハンソは彼女がやったことは許せないからぶち込んでくれ!と言います。

一方、何も知らないホン・チャヨンはお酒を飲みながらチャン・ハンソへの復讐と

亡くなった父親に強くてしぶとい弁護士になると約束します。

次の日、ホン・チャヨンは父ホン・ユチャンの事務所である「藁」法律事務所を復活させ、

入居者達を安心させようとしました。

しかし、すぐに警察に連行されました。

「藁」法律事務所の事務長はヴィンチェンツォに助けを求めましたが、

ヴィンチェンツォはそのくらいの事なら、彼女一人で解決できると言いながら断りました。

警察側も適当な証拠が無いけど 「ウサン法律事務所」の圧迫にどうしようもなく時間を引きずって、

しばらく経つと、チャン・ジュヌがホン・チャヨンが捕まった警察署に訪ねてきて

「ウサン法律事務所」に言及しながら、警察を脅したが全く通じません。

この時、現れたヴィンチェンツォはホン・チャヨンの代理人を自任して

犯行時間に家にいたCCTV資料を提示してホン・チャヨン助けました。

警察から解放されたホン・チャヨンはヴィンチェンツォについて行って

バベルグループ会長の家に注射器枕を置いた人がヴィンチェンツォだと疑いました。

結局、ヴィンチェンツォは怒りが収まらずにやってしまったと言いながら

もらった分だけ返すのが私の方法だと素直に認めました。

続いて、今後の被害を受けないようにするから「藁法律事務所」と「ウサン法律事務所」、

「バベルグループ企業」関連のすべての事から手を引くように言いました。

ヴィンチェンツォはホン・チャヨンが自分の話を聞かないから、

ホン・ユチャンが死ぬ前に、死んだユミンチョル(バベル新薬開発チームから逃げた研究員)と

通話した事を明らかにし、絶対に彼らに勝つことが出来ないと言って、

戦場ではあきらめてもチャンスになると説得しました。

ホン・チャヨンは周に助けを求めようとしましたが、チェ・ミョンヒに嫌われてると言う噂で

誰も助けてくれません!

翌日、ヴィンチェンツォにグムガプラザが必要であることを知っているから助けてあげると言って、

弁護士ではなく、ホン・ユチャンの悪い娘として提案すると言いながら、

今の計画の事を一緒にしましょうと言います。

ホン・チャヨンの心に、最終的にヴィンチェンツォは受諾しました。

ヴィンチェンツォとホン・チャヨンはトラックの運転手を訪ね、誰の指示したのかを尋ね、

運転手はヴィンチェンツォの脅威に負けて、自分に指示たのがピョ部長である事を述べました。

必要な情報を得たヴィンチェンツォは帰ろうとしましたが、

ホン・チャヨンは実際に父を殺した運転手を許せなかったです。

彼女の姿にヴィンチェンツォは急に運転手が協力したことを監視していた警備員に聞こえるように

大きい声で言いました。

そして、最終的には口封じのために運転手はその日、刑務所の中で殺害されました。

次に、ピョ部長を拉致しました。

続いてピョ部長を用いてチェ・ミョンヒの「魔法の玉」と推定される男も拉致しました。

彼は上部が誰であるか、最後まで言いません。

すると、ヴィンチェンツォはピョ部長に銃を撃って、殺すことができると確認してあげました。

以後、いつものようにコインランドリーで踊っていたチェ・ミョンヒに

ヴィンチェンツォは魔法の玉を拉致した写真を送信して、

さらにコインランドリーに閉じ込めて電話をかけました。

チェ・ミョンヒにヴィンチェンツォは、あなたが怖がらないといけない人だと言って、

ホン・ユチャン弁護士とユ・ミンチョル研究員の殺害を指示したことを知っていると言いました。

チェ・ミョンヒは否定しましたが、ヴィンチェンツォは関係ないと言って、

自分だけ信じればいいと言いました。

この時、トラックがホン・ユチャンを殺したときに同じように猛スピードで

チェ・ミョンヒに向って飛ばしました。

おびえたチェ・ミョンヒにヴィンチェンツォは明日まで、あなたが殺害したホン・ユチャン弁護士と

被実験者の死者の名誉を回復させてと言って、そのためにあなた達の罪を世の中に明らかすのが

先だなと言うと、チェ・ミョンヒは殺せばいいじゃ!と反抗しました。

しかし、ヴィンチェンツォはチェ・ミョンヒにあなた達の安い死より名誉回復が優先だと言います。

トラックは再び衝突するようにしながら立ち去って、ようやく危機から抜けたチェ・ミョンヒは

復讐を決意します。

その後、ヴィンチェンツォはホン・ユチャン弁護士の話が思い出しました!

「バベル製薬原料倉庫に火をつけて、過去をすべて燃やしたい!」

倉庫を見に行ったチャン・ハンソに続いて、これまで彼が兄と呼んだ存在が現れ、

彼はチャン・ジュヌでした! 彼バベル製薬の本当の会長でした!

ヴィンチェンツォ4話ー星よ沈めて!夜明け前に私は勝利するのだ

出典:https://sara8282.tistory.com

一方、ヴィンチェンツォは魔法の玉とピョ部長を殺してなかったです。

事務長は、特殊メイクアップアーティストでありその技術を利用ししました。

ヴィンチェンツォはピョ部長に原料倉庫の位置を調べてと指示した事でした。

悠々に抜け出して倉庫が燃えることを見つけた彼らはみんなホン・ユチャンの助けを受けた人でした。

ヴィンチェンツォは「星よ沈めて!夜明け前に私は勝利するのだ!私は勝つ」

と満足な笑顔を浮かべてヴィンチェンツォ4話が終わりました。

ヴィンチェンツォ4話視聴レビュー

やはり背後にはチャン・ジュヌでしたね‼

すぐに登場するためで隠されていないようです。

最後のシーンでヴィンチェンツォのゆったりとしたような淡々とした表情が

自分なりの方法で、するというヴィンチェンツォの話をもう一度見せてくれるようでした。

ヴィンチェンツォ4話まとめ

最終的な復讐をしながらも、人を殺さないと言うホン・チャヨンとの約束も守ったことが

素晴らしいでした。

ルチアーノ・パヴァロッティのネルスンドルマの音楽ががとても印象的でした。

ヴィンチェンツォのヴィンチェロ〜。

私が勝利するだろう、と燃える工場を見て微笑む。

何よりもホン・チャヨンとヴィンチェンツォの共助がとても目立ちました。

父との価値観とは異なる姿で、どのようにヴィンチェンツォと協調するか疑問でしたが、

父の死の前に彼女はバベルグループの巨大カルテルをただの陰謀論だと思った

自分のマインドを変えるきっかけになったようです。

新しいビルランの登場。どうなるでしょうか。

本当に面白いドラマで、いろいろ考えっさせるドラマだと思いました

人間の権力と欲はどこまでなのか。 善と悪の軸の切り替えは起きるだろう?

5話も楽しみですね~~

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました